Technique

オンライン面接(Web面接)の準備や方法、マナーを解説

2020年に発生した新型コロナウイルスの感染拡大は、転職活動にも影響を及ぼしており、オンラインでの面接を行う企業が増えています。
従来の対面面接への対策に加え、オンライン上で行うリモート面接への対策も行う必要があると言えるでしょう。

今回は、オンライン面接のマナーや良い印象を与える方法・テクニックなどを、初級・中級・上級に分けて解説します!

【初級編】オンライン面接(Web面接)の事前知識

オンライン面接とは、志望企業へ足を運ぶ対面での面接ではなく、パソコンやスマホを用いてビデオ通話を行うオンラインでの面接のことです。
Web面接やリモート面接とも呼ばれます。

まずは、オンライン面接を受ける上で事前に知っておくべきことを紹介します。

オンライン面接の手順

オンライン面接の手順

通信環境やデバイスの用意

ネット環境は、有線LANが安定していておすすめ。
ポケットWi-FiやフリーWi-Fi、スマホのテザリング機能などは通信が不安定になる可能性が高いため要注意です。
ネット環境が不安定な場合、音や映像が途切れたり、タイムラグが発生したりする可能性があります。

オンライン面接では、パソコンやタブレット、スマホなど、ビデオ通話ができるデバイスの用意が必須です。
パソコンが望ましいですが、タブレットやスマホを利用する場合は、手ブレしないよう固定できるようなグッズを用意しておきましょう。
ウェブカメラが付いていないパソコンを使用する場合は、USBなどで接続できるカメラを用意する必要があります。

使用ツールの確認

使用するビデオ通話ツールは、ZOOMやSkypeなど、いくつかの種類が存在します。
使用するツールによっては、ダウンロードや会員登録が必要となる場合もあるため、事前に使用予定のツールを企業へ確認しておきましょう。
ビデオ通話ツールでプロフィール写真や内容が設定できる場合、証明写真やフォーマルな写真を設定しておくなど、面接用のアカウント設定を忘れずに。
趣味の写真や好きなキャラクターのものご自身の個性は出ますが、ビジネスマナーを意識することが大切です。

事前テストや当日の準備

接続状態や相手に与える印象を確認しておくために、家族や友人にお願いして実際にビデオ通話をし、フィードバックをもらいましょう。
自分の画面と相手の画面は反転してみえる設定(ミラーリング)になっていることもあるため、面接官からの見え方を確認するために、これを解除しておくことをおすすめします。

オンライン面接当日は、デバイスの通知を切り、アプリや他のブラウザは落としておきます。
着信音・バイブ音や、ポップアップのスワイプなどは面接の邪魔になってしまうからです。
また、面接中にデバイスの充電が切れてしまわないよう注意が必要です。
万が一の場合は、すぐに採用担当者や転職エージェントへ電話するなど、別の方法で連絡を取りましょう。

オンライン面接での服装・身だしなみ

オンライン面接であっても『面接は面接』。
たとえ企業に赴かないとしても、良い印象を与えられるよう、身だしなみを整えておく必要があります。
部屋着ではなく、オフィスカジュアルな私服やスーツを着用し、ヘアスタイルも整えておきましょう。

とはいえ、服装は企業の雰囲気に合わせることも大切です。
フランクな印象の企業の場合は、硬すぎるように見えてしまうこともあるスーツよりも、ノーネクタイやポロシャツなど少し崩した着こなしの方が心の距離を近づけられるかもしれません。

また、画面に映るのは上半身だけだからといって、下はパジャマのままでオンライン面接を受け、うっかり映ってしまった…なんてことはないように、気を引き締めて挑みたいですね。

オンライン面接を受ける場所

オンライン面接は、自室など静かな個室で行います。
リモートで受けられるからといって、カフェなどのオープンスペースや移動中にオンライン面接を行わないようにしましょう。

騒音レベルで表すと、自室が約35〜45デシベルほどであるのに対し、ファミレスやカフェは約60〜70デシベル。
日常生活で静かであると感じるのは45デシベル以下であると言われており、デバイスのマイクは周囲の音もよく拾ってしまうため、注意が必要です。

自室で行う場合は、ドアや窓を閉めて余計な音をシャットダウンし、同居している家族や友人がいる場合は、中断されないよう事前に予定を共有しておきます。

また、オンライン面接を受ける場所の背景や位置にも気を配る必要があります。
背景にぐちゃぐちゃのベッドや趣味のポスターなどが映りこまないか、逆光になる位置ではないかまで意識しましょう。

オンライン面接の心得

オンライン面接では、画面への映り方を通常以上に意識する必要があることを心得ておきましょう。
メラビアンの法則によると、コミュニケーションをとる際、視覚情報:聴覚情報:言語情報=55%:38%:7%に基づいて印象が決定されると考えられています。

メラビアンの法則:与える印象の要因

つまり、会話の内容以上に表情や仕草、話し方は印象へ与える影響が大きいということ。
対面面接以上に、『笑顔』『オーバーリアクション』『ジェスチャー』『大きな声で明るくゆっくり話すこと』を意識しましょう。
バラエティ番組のワイプをイメージするとわかりやすいかもしれません。

デバイスを置く位置

画面の角度や顔映りも視覚情報に影響します。
画面の角度を下げすぎると、面接官を見下ろしているように見えたり、姿勢が悪く見えてしまいます。
デバイスは低い位置に置くのではなく、自分の視線とカメラの位置が水平になる位置に設置してください。

また、デバイスの種類や場所、服の色によって顔映りが暗くなることも。
昼間でも部屋の照明をつけ、明るい色の服を着るとよいでしょう。
顔の下(パソコンの上)に白い紙を置く方法や、リングライトを活用する方法もあります。

画面録画の可能性

その他、企業側の現場共有のために画面録画される可能性があることも、オンライン面接ならではの注意点です。
通常、企業側から録画する旨の説明を受けるはずですが、念のためスタート時から気を引き締めて挑みましょう。

【中級編】オンライン面接(Web面接)の印象アップ術

初級編を理解できたら、続いてはより面接官の印象を良くする方法をお伝えします!
印象アップに繋がるアイテム・グッズの活用や、挨拶やカンペの準備について紹介します。

印象アップのポイント

オンライン面接で活躍するアイテム・グッズ

オンライン面接では、デバイスの位置や音声を安定させるアイテムが活躍します。

オンライン面接で活躍するアイテム

スマホスタンドやパソコンスタンド

スマホスタンドやパソコンスタンドを設置し、顔と上半身がきちんと映る、カメラと目線が水平になる位置にデバイスを固定して面接を受けましょう。
スマホを手に持ちながら面接を受けると、画面が揺れる・回転するなど、映像が不安定になってしまいます。
あるいは、音声が聞こえにくくなった際、うっかりスマホを耳に当ててしまった…なんてことも。
スマホやパソコンは適切な位置で固定しておくのがベストです。

マイクやイヤホン、ヘッドセット

自分の声が届かない、面接の声が聞き取れないなんてことがないよう、マイクやイヤホンまたはヘッドセットの用意をおすすめします。
デバイスに内蔵されているマイクを使用すると、扇風機やエアコンなど周辺の音や生活音を拾ってしまうことがあります。
スピーカーを使用すると、マイクが相手側の音を拾ってエコーが発生することもあります。
マイクやイヤホンなどを用意しておくと、オンライン面接でのコミュニケーションがスムーズになるのでおすすめです。

タオル

イヤホンを有線で繋ぐ場合は、差込口とイヤホンプラグの形が一致しているか事前に確認しておきましょう。
また、万が一スマホが机から落ちたときに大きな音がしないよう、スマホの下にタオルを敷いておくとよいでしょう。

最初と最後の挨拶

オンライン面接当日は、2〜3分前にビデオ通話ツールの画面にログインし、画面の前で待機しておきます。
慣れておらず不安な場合は、10分ほど前にスタンバイし、落ち着いて臨みましょう。

また、面接前にメッセージを送信しておくと好印象です。

面接のはじまり

面接予定時刻になれば企業の担当者から連絡がある場合がほとんどですが、時間になっても連絡がない場合は、自分からいきなり発信するのではなく、まずはメッセージを送り確認をとりましょう。

面接開始時は、お互いの声が聞こえるか確認した後、笑顔で元気に挨拶します。

「こんにちは、○○と申します。本日はお時間をいただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

面接の終わり

面接終了時には、「以上で面接は終了ですが、何か質問はありますか?」と面接官から投げかけられることも多いです。
質問は自分の転職意欲を伝えられる手段のひとつ。
「ありません」で終わってしまうのではなく、事前に質問を用意しておき、答えられるようにしておきましょう。

「御社で働くために現在○○を勉強しているのですが、さらにしておけば良いことはありますか?」

面接が終わったらお礼を言い、面接官が通話を切断するのを待ってから切るようにしましょう。
その際、対面面接のようなおじぎで終わるよりも、顔を上げ笑顔を見せて終了すると好印象です。

カンペや書類の準備

提出済みの履歴書・職務経歴書や会社説明資料など、面接時に役立つ可能性のある資料を印刷して手元に置いておくと、安心材料になります。
また、志望動機や自己PRなど、必ず聞かれるであろう質問と回答のメモをカンペにしてパソコン画面などに貼り付けておくのもよいでしょう。

台本を作ってそのまま読んでしまうと不自然になるため、忘れそうなことだけを付箋やパソコンのメモ帳などに箇条書きにし、目線の高さやカメラの近くに用意します。

カンペの注意点

カンペはバレると印象が悪くなり、逆効果です。
手元のカンペを見て顔や目線が下を向いてしまったり、メモや画面を見ながら話すことはNG。
あくまでも、緊張で内容が飛んでしまったもしもの時にチェックする用であることを覚えておきましょう。
面接時は画面ではなく、カメラを見ながら話すようにすると、相手の目を見て話しているように見えます。

メモを取る場合

一方、面接中にメモを取りたい場合は、面接官に一言伺ってから、メモ帳など用意した紙に書きましょう。
タイピングの方が早いからといって、デバイスに打ち込んでしまうと、タイプ音やタップ音が面接官に聞こえてしまい、不快感を与える可能性があるため、要注意です。

【上級編】オンライン面接(Web面接)のプラスαテクニック

上級編では、初級編と中級編を押さえた上で、余裕があればトライしてみてほしいテクニックを紹介します。
ビデオ通話ツール・アプリごとの特徴を押さえ、機能を使いこなすことで、『できるビジネスマン』であることを印象づけましょう。

ツール・アプリごとの特徴の理解・活用

オンライン面接で用いるビデオ通話ツールにはいくつか種類があり、それぞれで機能や必要な準備が異なります。
下記の表を参考に、それぞれのツールを理解し、事前準備および面接時に最大限活用できるようにしておきましょう。

ツール名 アカウント登録・ログイン スマホ対応 ダウンロード・インストール 対応ブラウザ 背景設定機能 画面共有機能 ホワイトボード機能
zoom 不要 スマホは必要 Google Chrome/Internet Explorer/Safari/Firefox/Microsoft Edge
Skype 必要 スマホは必要 Google Chrome/Microsoft Edge ×
Whereby(旧apper in) 不要 スマホは必要 Google Chrome/Firefox/Opera ×
Googleハングアウト 必要 スマホは必要 Google Chrome/Internet Explorer/Safari/Firefox × ×
BIZMEE 不要 不要 Google Chrome/FireFox/Safari ×
meet in 不要 × 不要 Google Chrome/Internet Explorer
Calling 不要 スマホは必要 Google Chrome ×

※上記は2020年8月現在の求職者側の対応を表にしたものです。機能が変更・追加される場合や、企業側でのアカウント登録や費用が発生する場合があります。

背景画像の設定

zoomやSkype、meet inでは、バーチャル背景を設定することができます。

背景に余計なものが映る場合や、なにか背景画像でアピールしたい場合に活用できる機能です。
無地の背景画像や部屋風の画像を設定する他、名刺風の画像を作成し、設定する方法もあります。

ただし、背景画像を設定する場合は、必ず部屋の壁の色と違う色の服を着るようにしましょう。
顔や体が透けたり、服と背景が同化したり、部屋が丸見えになってしまうことがあります。

画面共有やホワイトボード機能の活用

多くのビデオ通話ツールには画面共有機能が付いていますが、さらにホワイトボード機能が付いているツールや、画面共有した資料に書き込める機能が付いたツールもあります。
例えば、履歴書を映しながらハイライトに下線を引くなどして説明することで、想いや重要な部分を強調して伝えたり、ウェブリテラシーを高く見せたりできます。

この記事に興味がある人へのおすすめ

面接対策パーフェクトガイド
この記事が気に入ったらいいねしよう!