Technique

不動産業界の志望動機例文

志望動機は、選考の合否に関わる重要なポイントです。例文を参考にして、自分を適切にPRできる志望動機を作成しましょう。ここでは、不動産業界の仕事内容や適性も解説しています。志望動機を自分らしく表現するためには、それらの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと目を通した上で志望動機を作成しましょう。

不動産業界とは

不動産業界とは、一戸建て・マンション・アパート・ビル・リゾート施設などの建築、販売、賃貸に関わる仕事をおこなう企業の総称です。事業内容もさまざまで、住宅や分譲マンションなどの販売、賃貸アパート・マンション・一戸建ての管理、ビル・リゾート施設などの建設・管理、土地活用の営業など、多岐に渡ります。企業によって扱う範囲は異なり、大手企業ではそれらのすべてを取り扱っている場合もありますが、得意分野を専門的に取り扱っている中小企業が大変多いです。
取り扱う商材や従業員の働き方が異なるため、事前に企業についてしっかりと調べ、希望通りの仕事ができるかどうかを確認してから応募するようにしましょう。

不動産業界に求められる適性

営業活動を行った経験がある

不動産業界の仕事は幅広いですが、多くの職務に営業力が関係します。対象となる顧客によって違いはありますが、個人営業・法人営業・内勤営業などの経験がある場合には、志望動機を通じて職務上の経験をアピールすることが有効です。不動産業界の仕事で活かせるスキルとして自分自身をPRしましょう。

忍耐力と継続力がある

不動産営業職では成果が求められる上に、扱う商材によっては商談成立まで長期間を要する場合もあります。不動産業界で働くには忍耐力や継続力があるという点は大きな強みです。業務上でそれらを示せる実績やエピソードがあればアピールし、成果を出すために努力したことや普段の心掛けなどを志望動機に盛り込みましょう。

気配りやフォローが得意

不動産を取り扱う仕事は顧客と長期的な付き合いを持つ場合があるため、継続的にアフターフォローをおこなう可能性があります。顧客の満足度を高めるためのキメ細かな気配り(サービス)や、繊細なアフターフォローを行える人は不動産業界に向いていると言えるでしょう。そのような顧客対応力は営業力と同様に重要なスキルなので、過去の実績やエピソードを添えてアピールしましょう。

不動産業界の志望動機の書き方

ポイント1、企業を選んだ理由を明確に表現する

企業側は選考書類や面接で応募者の人となりや能力を見定めます。作成する書類の内容や面接での受け答えをもとにそれらを判断されるため、偽りのない範囲で、ポジティブな言葉を盛り込むことが重要です。中でも、企業を選んだ理由は企業側が素直に知りたいポイントの1つなので、あなた自身が思っている理由を前向きな言葉で明確に表現しましょう。不動産業界のその他の会社と比較し、企業の良いところを挙げることが有効です。

ポイント2、なぜその職種を志望したのかを具体的に記載する

数ある職種の中で、なぜその職種を選んだのか。それについても、企業を選んだ理由と同様に企業側が知りたいポイントの1つです。職種を選ぶ際には、「やりたいことがある」、「好きな仕事をしたい」、「楽しんで働ける」などといったポジティブな理由が関係するものです。企業側は応募者のやる気や意識の高さ、主体的に動ける人間性などを見ているので、あなたらしく、前向きな言葉で具体的に表現しましょう。

ポイント3、将来的にどうなっていきたいかを記載する

不動産業界にはさまざまな職種があり、企業数も多いので、キャリアアップを望む人も多いです。転職をしてその後どうなっていきたいと思っているのかについてアピールすることで、あなた自身のモチベーションの高さや自己計画力などをアピールできるので、3年後、5年後などの将来的なヴィジョンを伝えることも有効です。

不動産業界の志望動機の例文

企業側に向けて適切に自己アピールできる志望動機を書くには、以下のような例文(サンプル)をテンプレートとして利用し、内容を変えて自分らしさのあるものに仕上げることが有効です。ただ、例文をそのまま利用してしまうと、あなた自身の魅力が正確に伝わらなくなってしまう恐れがあるので注意してください。

不動産業界経験者の志望動機サンプル

前職では、個人のお客さまを対象に居住用賃貸物件の仲介業務を5年担当しておりました。具体的には、接客業務から契約書類作成まで担当しており、担当する案件数が多い時も丁寧に仕事することを心掛けており、お客さまの満足度の高さは特に社内でも評価をされていました。今後は大きくビジネスを動かしたいと思い、投資用不動産を扱う貴社への応募を決意しました。前職で身に付けた接客や不動産に対する知識を活かして、将来的には不動産投資コンサルタントとしてお客さまと貴社の利益に貢献していきたいと考えております。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

経験してきた業務が具体的に記載されています。それをどう活かせるのかまで言及できると尚良いでしょう。
前職からステップアップしたいという、仕事に対する前向きな気持ちが伝わる文章になっています。

不動産業界未経験者の志望動機サンプル

私は、仕事を通して人の生活を豊かにしたいと考え、前職では保険営業職の立場からお客さまの理想を叶える将来設計を提案して参りました。不動産の仲介業務は、住まいの面からお客さまの生活の満足度を高められる職業だと考えており、以前から興味がある職業でした。不動産業界の中でも、特色あふれるリノベーション物件を対象地域で提供する貴社のスタンスに感銘を受け志望しました。前職の接客経験を活かして働きながら、賃貸物件の管理を行うべく、宅建の資格を習得して貴社に貢献したいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

なぜ不動産業界を転職先に選んだのか、前職や過去を含めて志望理由に一貫性がある点がGOODです。
営業や販売の経験がある方は、接客経験について活かせる点をアピールしてください。

第二新卒の不動産業界志望動機サンプル

2020年を転機として、不動産業界は新たな道を模索すべきだというニュースを読み、今後の市場動向に関心を持ちました。貴社では高齢者向けのリノベーション物件の開発・仲介を行っており、今後のニーズにマッチした不動産会社と考えております。新規顧客開拓が中心の貴社ですが、若さとフットワークの軽さを活かして営業活動を行い、たくさんの案件を獲得できるスタッフとして働きたいと思います。高齢化が進む世の中で人々の生活インフラを改善する、社会問題を解決できる仕事内容にやりがいを感じ、志望いたしました。

「第二新卒」のアピールポイント・注意点解説

「なぜ不動産業界を転職先に選んだのか」、「不動産業界で何を成し遂げたいか」について、転職先企業のビジネス(賃貸、売買、リフォーム、コンサル等)のトレンドをおさえてしっかり理解していることをアピールできています。
第二新卒のメリットである若さや仕事への熱意を伝えている点は良いですが、その根拠となる前職でのエピソードを盛り込めると説得力が増します。

まとめ

不動産業界の志望動機を作成するには、職種や企業を選んだ理由を明確にして、入社したいと思う気持ちを自分らしく表現することが大切です。例文(サンプル)を参考にして、採用担当者の心に響くような内容の志望動機を作成しましょう。志望動機は、あなたの想いを表現する場所です。面接にも繋がるので、じっくりと考えて作成しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

不動産業界の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!