Technique

製造業界の志望動機例文

製造業界の志望動機

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要な書類の1つです。例文(サンプル)を参考にして、適切に自己アピールできる志望動機を作成しましょう。ここでは、製造業界の仕事内容や適性についても解説しています。志望動機を自分らしく書くためにはそれらの理解を深めておくことが必要なので、しっかりと全体に目を通してから志望動機を作成しましょう。

製造業界の仕事

一般的に「メーカー」と呼ばれるのが製造業の会社です。製造するものは企業によってさまざまで、電機・電子、機械、自動車、食品加工、医薬品、化粧品、生活用品などのジャンルが挙げられます。
製造の仕事は企画・生産(製造)などの業務があり、生産工程においては設計・生産・品質管理などさまざまな職種があります。こうしたエンジニア系職種の強い製造業ですが、生み出した製品を世の中に広める営業職や、スタッフ職などさまざまな職種が存在します。どのような職種に就くかを選ぶことも大切ですが、「何の製造に携わりたいか」が明確に決まっていることは特に重要です。

製造業界に求められる適性

製造業界の中で、どのようなモノづくりをしている企業で働きたいのか、自分がどんな職種の仕事をしたいのか、これまでの経験を活かすにはどの職種に就くのが適切なのかなどを考えて、あなた自身にとってのベストな選択をしましょう。

新しい製品にアンテナを張れる

製造業界は新製品が生まれるサイクルが短期的になってきており、新しい製品の開発・製造を行う必要性が高まっています。国内外の他社の製品に対してアンテナを張りながら、主体的に感性を磨ける人材へのニーズが高まっているので、そのあたりを効果的にアピールしましょう。また、日頃からトレンドを敏感に察知できる人にも向いています。

社会に役立つモノづくりをしたいと思える

製造業のミッションの1つは、社会をより豊かにすることです。そのため、製造に携わる場合には、そういったミッションに貢献したいと思える意識、営業に携わる場合には素晴らしい製品を世の中に広める意識を持って仕事に取り組める人に向いています。製造業に携わるということは、モノづくりを通して社会に影響を与える一端を担うこと。そういった意識を持ちながら、意欲的に仕事に取り組める人には適正があるといえるでしょう。

作業の正確性が高い

製品を生み出すには綿密な計画を立て、設計し、パソコン上でテストを繰り返しながら完全な形を目指していくことが必要になるので、すべての工程で正確性が求められます。スピード感があることも大切ではありますが、仕事の正確性が高く、ミスをしない人に向いている仕事といえます。また、正確な仕事をするための責任感や使命感を持てることも重要です。

製造業界の志望動機の書き方

ポイント1、その企業に応募した理由を記載する
製造業に属する企業が多数ある中で、その企業を選んだ理由を志望動機に記載しましょう。企業をリサーチしている中で明確な理由を見つけている場合にはそれを記載し、はっきりとした理由が見つかっていない場合にはその他の企業と比較して良いと思う部分をピックアップし、理由付けして記載することが有効です。応募先の企業ならではのポイントを選びましょう。

ポイント2、職種を選んだ理由を記載する

製造業界には製品の製造に携わる職種や営業職などさまざまな職種があります。その中から、なぜその職種を選んだのかについても明確に記載しましょう。職種を選んだ理由については、他の企業に応募する際にも利用できます。企業側が応募者のモチベーションの高さや性格を知るための情報となるので、自分らしい理由を表現することが大切です。

ポイント3、経験やスキルをどう活かすかについて記載する

製造業の仕事には業界知識や専門知識が必要になるケースが多く、関連する経験を活かしやすい仕事だといえます。製造業界に関する知識や、職務に活かせる経験がある場合には、志望動機に盛り込みましょう。その上で、将来的にどうなっていきたいのか、どのように成長したいかなどのヴィジョンを明確に表現することで、将来性の高さをアピールすることもできます。

製造業界の志望動機の例文

企業側に向けて、適切に自己PRできる志望動機を作成するには、以下のような例文(サンプル)をテンプレートとして参考にすることが有効な手段の1つとなります。ただ、例文をそのままコピーしてしまうとあなた自身の魅力が反映されない恐れがあるので、自分らしさを盛り込んで、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

製造業界経験者の志望動機サンプル

前職では4年間、生産技術エンジニアとして自動車ボディの溶接分野を担当し、スポット溶接の技術を体得しました。図面に書かれた内容を理解し作業を進めることができるので、自分の作業はもちろん、後輩への指示や教育も担当していました。貴社は企業規模が大きく、グローカル戦略として目覚ましい発展を遂げる東南アジア地域に進出しており、自分が作った自動車が海外の人にも利用されるという点に魅力を感じ志望しました。前職で取得した技術、経験を活かし即戦力として活躍し、将来は現場リーダーとして働きたいと考え、志望いたしました。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

担当していた分野・経験を伝え、即戦力であることをアピールしましょう。
転職先の企業が展開するサービスや事業を理解し、共感するポイントを「なぜその企業を選んだのか」が伝わるようにアピールしましょう。

製造業界未経験者の志望動機サンプル

前職では貴社でも導入している製造機器の営業販売職として1日○件の訪問件数を目標に、案件獲得に向けて行動しておりました。営業時に学んだ、機材の種類やメンテナンス方法、同業他社などの知識には自信があり、お客さまにも頼りにされていました。今後はその知識を、営業としてモノを売る立場ではなく、モノ作りに直接携わる仕事で活かしたいと思い転職を決意しました。実務での作業は未経験ですが、前職での知識を活かし活躍できると考え志望いたしました。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

転職先の業務に対して、知識があることを伝えましょう。
未経験からでも就業可能なモノづくりエンジニアの求人は少ないため、仕事への知識や勉強する姿勢を示すことが重要です。

第二新卒の製造業界志望動機サンプル

学生の頃から現在に至るまで、電子工作が趣味で、はんだごてや電子回路を使用したモノづくり楽しんでいました。そのため、電子回路や製品に対する基本的な知識は身に付けています。特に手を動かすのが好きで、細かい作業に集中して打ち込むことが得意です。前職では営業として、クライアントとのコミュニケーションを大切に業務をしていましたが、自身の得意な能力を活かした仕事に就きたいと考え、転職を決意しました。貴社の○○○○の仕事は、電子回路を読みとる能力やミスが許されない、集中力が必要になる仕事で、私の得意分野を活かせると感じています。営業職で身に付けた、目標を達成するための工夫や思考を活かして、生産効率を上げる方法なども考えていきたいです。

「第二新卒」のアピールポイント・注意点解説

なぜ製造業界に興味を持ったか、異業種からの転職の場合は理由を伝えましょう。
第二新卒の転職は、前回ミスマッチだった点をしっかり伝え、今回の職場はマッチしていて長く働けると考えていることを伝えましょう。
未経験からでも就業可能なモノづくりエンジニア求人は少ないため、仕事への知識や勉強する姿勢を示すことが重要です。

まとめ

製造業の志望動機を書くには、職種や企業を選んだ理由に触れつつ、これまでの経験をどう活かすか、これから先にどのように成長していきたいかを盛り込むことが有効です。製品サイクルが年々早まっている業界なので、成長意識を持ち、高みを目指していける人柄を評価される可能性があります。サンプルを参考にして、魅力的な内容の志望動機を作成しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

製造業界の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!