Technique

自己PRを職務経歴書に記載する場合の例文

転職活動で企業へ面接に訪れる際、「職務経歴書」と「履歴書」の持参、提出を求められケースは多いです。どちらの書類にも自己PR欄があるため、それぞれの書き方や書き分け方法に悩んだ経験がある方も少なくはないでしょう。

このページでは「履歴書に自己PRを書く場合のポイント」ではなく、「職務経歴書に自己PRを書く場合のポイント」を紹介します。分かりやすい例文(サンプル)を元に解説しているので、職務経歴書と履歴書での自己PRの書き方の違いをしっかり理解することができるはず。職務経歴書を活用して、面接でも戦略的に自己PRできるようにしましょう。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

職務経歴書と履歴書では、自己PRの情報量に差を付ける

職務経歴書と履歴書に記入する自己PRは、基本的には同じ内容で問題ありません。さまざまな面を知ってもらおうと、全く違った内容で書き分ける方もいるようですが、採用担当者からすると、本当にアピールしたい強みはどちらなのか判断がつかず、印象に残りにくくなります。

ただし、同一内容を記載しようとしても、履歴書の自己PR欄は記入スペースが小さいため実際には難しいはず。
そこで、1つか2つ程度の自己PRポイントに焦点を絞り、履歴書で深く説明し切れなかった内容を職務経歴書で詳しく記入する、という書き方を意識してみてください。履歴書は箇条書きにするくらいシンプルでも良いかもしれません。そうすると、一貫性のあるアピールでありながら、内容の濃さ、具体性などの面で異なる表現ができ、採用担当者が混乱することも少なくなります。

また、書類に書いた内容について面接で深堀り質問されることが多いので、記載内容が多ければ多いほど、質問対策をしておかなければなりません。自己PRの内容を揃えておくことは、あなたの強みや特徴を覚えてもらいやすくなる効果だけでなく、面接対策で準備する内容を極力少なくできるというメリットもあるのです。

応募先企業ごとに合わせて記載する

職務経歴書の自己PR欄は、職歴だけでは表現できない自分の強みやパーソナリティをより詳しくアピールするスペースです。その内容は応募先の企業が求める人材と合致している必要があるため、求人広告の募集資格や職務内容を入念に分析してから記入しましょう。

「自分の強みは1つなのだから、どの応募先でも同じ内容で提出してよいのでは?」と思いがちですが、それは違います。例えば、若手社員ばかりの部署に中堅の正社員として入社してほしいと思っている企業に、「事務作業の正確さ」をアピールするのは的外れですよね? 「リーダーシップ」や「組織作りの経験」などをアピールすべきでしょう。他にも、営業職募集の企業でシニア向けの商材を扱っているのに、自己PRで「女性顧客の心を掴むのが得意」と書いていたら面接官はどう思うでしょう? 恐らく「うちの営業スタイルに合うかなぁ」と不安に思うのではないでしょうか。
例に挙げたように、業界(IT・製造・金融など)、雇用形態(正社員・契約社員・派遣社員・パートなど)、職種(事務・営業・エンジニア・アパレルなど)、募集背景などによって求められる素養はまったく異なります。必ず応募する企業、応募する部署、求められるスキル・資格を把握した上で、それにマッチする自己PRを選んで記載することが重要なのです。

そのためにも自己PRは1つだけではなく、いくつか用意しておくのがおすすめです。

書き方のポイント・例文

職務経歴書の自己PRは、

「結論(自分がもっとも自信のある能力・特技および性格)」
「経験(結論の裏付けになる実績など)」
「熱意(応募先で貢献したいこと)」

の3点を順番に書きます。
文字数は300字前後、文字の大きさ(サイズ)やフォントスタイルは、担当者が読みやすいように意識してください。また難しい表現を使うとスマートに見えると思うかもしれませんが、かえって分かりづらい文章になりがちなので、できるだけ平易な言葉を使うのがベターです。
例として、職種未経験の場合の自己PR例文を紹介します。

前職では飲食店の店長として店舗運営に携わっていました。全国に100以上の店舗がありましたが、私の店舗は5年連続で売上げトップを誇っていました(結論)。
その背景にはもちろん、従業員の力があったことは間違いありません。ただ、業務をより円滑にする取り組みも、売上げ増に大きな影響を与えていたのも事実です。
たとえば、月1回程度で従業員を集めた会議を行い、学生から主婦まで幅広い年齢層から自由な意見を求めました。そこで従業員の過半数以上が納得した施策を、店舗運営に積極的に取り入れることで、働きやすくい環境をつくることができたのです(経験)。
未経験の職種ではありますが、私が培ってきたマネジメントのスキルを活かし、貴社の発展にお力添えができればと考えています(熱意)。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

(1)読みやすさを意識する(文字量、文字サイズ、文章表現など)
(2)応募先の企業ごとに異なる自己PRを書く
(3)結論、経験、熱意が含まれているかを確認する

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

職務経歴書における自己PRのポイント(まとめ)

職務経歴書の自己PR欄を記入するにあたって、気をつけたいポイントは以下のとおりです。

(1)読みやすさを意識する(文字量、文字サイズ、文章表現など)
(2)応募先の企業ごとに異なる自己PRを書く
(3)結論、経験、熱意が含まれているかを確認する

これらのポイント踏まえた自己PRを書くことができれば、書類選考や面接で不採用とされる可能性はグッと下がります。
また自己PRの作成後は客観的な目線で内容を見直し、ブラッシュアップするよう心掛けましょう。より確実な方法を選びたい人は、文章の校正・校閲を手がける人に依頼するのも手です。
いかがでしたでしょうか? 以上の内容をしっかり確認し、転職成功を目指してください。

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

この記事に興味がある人へのおすすめ

「魅力が伝わる」志望動機の書き方
「魅力が伝わる」志望動機の書き方

履歴書や職務経歴書の作成、さらには面接でも必要になるのが「志望動機」。「書き方が分からない」、「書いてみたけどこれで魅力が伝わるの?」なんてお悩みを抱える人は少なくないのでは? 転職活動における良い志望動機をつくるには、就活時のそれとは異なる「採用・人事側の目的の理解」と、「書くべき情報の整理」が不可欠です。そこで、志望動機作成時にぶつかりがちな5つのギモンをtypeがスッキリ解説! 書き方のポイントが分かったら、職種別のサンプル・例文を参考にあなただけの志望動機が書けるはず! 目次 ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? ギモン3 具体的に、志望動機ってどう書けばいいの? ギモン4 書くための情報は、どう集めればいいの? ギモン5 職種別では、どんな文章が刺さるの? ギモン1 「志望動機」とは、何のためにあるの? 志望動機とは、応募者から企業への“ラブレター”のようなものです。相手のどんなところが好きなのか、自分をパートナーにしたらどんなメリットがあるか、伝えるもの。その内容を読んで、採用担当者は「この人はうちを本当に好きでいてくれている」「この人と働いたら、明るい未来が待っていそうだ」などと判断します。 どれだけ華々しい経歴の持ち主でも、大事にしている価値観が合わなければ、双方が幸せになるのは難しいでしょう。使い回しの内容では本気度が伝わらないことも、ラブレターだと思えばイメージしやすいのではないでしょうか。 採用担当者の目的は、転職後に長く活躍してくれる人材を探すこと。そのために、志望動機を読んで下記の2点を確認しようと思っています。 ・求める人物像と応募者がマッチしていること ・応募者に、心からの熱意があること 採用側の意図を理解しておくだけでも、書き方がぐっと変わってくるでしょう。 ギモン2 志望動機では、何を伝えればいいの? それでは、志望動機には具体的にどんなことを書けばいいのでしょうか。採用担当者が知りたい“ツボ”を押さえるための3ステップを解説します。 【1】なぜその企業なのか? 応募先企業ならではの強みを挙げて、自分の興味関心やキャリアビジョンと合致していることを伝えましょう。まずここを押さえていなければ、なかなか面接には進めません。 「安定している老舗企業だから」「保険の営業がやりたくて」な […]


職務経歴書の書き方完全マニュアル
職務経歴書の書き方完全マニュアル

職務経歴書は、あなたの経歴や実績、スキルを応募企業(採用担当者)にアピールするための書類です。ここでは、正確に伝えるために必要な書き方や、履歴書との違いといったポイントを例文を交えて解説します。 やってしまいがちなNGポイントや、メールや郵便で送付する際の注意点についてもまとめているので、初めての転職活動の方は特に必見です。 実際にダウンロードして使える職種別サンプル(フォーマット・テンプレート見本)もご用意しています。 目次 そもそも書類選考とは 履歴書と職務経歴書の違い 職務経歴書を書く前にすべきこと 通る職務経歴書と通らない職務経歴書の違い 職務経歴書の書き方 職務経歴書を送る際の注意点 職種別サンプル【フォーマット・テンプレート見本】 そもそも書類選考とは 企業の採用試験における書類選考は、応募者の履歴書と職務経歴書をもとに行われます。それぞれ評価されるポイントが異なるので、選考で有利になるようにポイントを押さえた書き方が必要です。また、書類選考は入社試験における第一関門。採用担当者が「面接で会ってみたい」と感じるような書類を作成することを意識しましょう。 履歴書と職務経歴書の違い 採用試験では、一般的に履歴書と職務経歴書の提出を求められます。履歴書と職務経歴書では、採用側が知りたいと思っていることや評価基準は異なるので、それぞれに適切な書き方があります。一般的には以下のような評価ポイントの違いがあるのでまずはチェックしてみましょう。 採用側が履歴書で評価するポイント どんな経歴があるか 必要な資格を所持しているか 募集条件にマッチするか 志望動機に納得できるか 組織に適応しそうか 強い入社意欲を感じられるか 負担なく通勤できるか 見やすく丁寧に書かれているか 履歴書から読み取れるポイントには上記のものが挙げられます。履歴書は、あなた自身を伝えるための書類です。採用担当者は、写真や履歴書の内容からあなたの「人となり」を読み取ります。手書きの場合は特に丁寧さが表れます。以上を参考にして適切な書き方ができているかチェックしましょう。 採用側が職務経歴書で評価するポイント どのような実績をあげたか 必要なスキル・知識があるか どのような強みがあるか 仕事に前向きに取り組んでいるか アピールポイントが適切か 自己表現能力があるか 職務経歴に一貫性があるか 転職理由に […]


この記事が気に入ったらいいねしよう!