Technique

主婦・ワーキングマザーの自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではワーキングマザー・主婦の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

ワーキングマザー・主婦の自己PRのコツ

求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報などに目を通し、採用企業側の目線で評価される情報を記載することを意識しましょう。
会社からの理解を得られるよう育児や家庭の状況に触れるとともに、仕事に対して責任を持って取り組めることをアピールするのが有効です。

小さい子供がいる場合

子育てをしていることが仕事に支障をきたさないことをきちんと説明した上で仕事でも成果が出せる人材であることをアピールしましょう。

専業主婦から正社員を目指す場合

専業主婦から正社員を目指す理由とともに、主婦になる以前に就業経験があれば前職の経験を生かせることをアピール!

産休から復帰する場合

産休前の職種で培ったことや産休中に取り組んでいたことなどをアピールしましょう。復職後の子育てについての計画や家族の協力体制などを伝えるのも有効です。

ワーキングマザー・主婦の自己PR例文

自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

貴社では小さなお子さんを持つ女性がたくさん活躍しているため、安心して働ける職場であると感じました。子供は自宅近くの保育所に預けており、急病の場合などは近くに住む両親がサポートしてくれることになっています。家族も私の仕事への意欲を理解してくれて、職場に迷惑が掛からないよう協力していこうと相談できております。前職での私の強みは業務の優先順位を判断し、効率良く仕事を進められることでした。新しい職場でもタスク管理と報連相を怠らず、子育てと仕事の両立に取り組んでいきたいと考えています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

・子どもがいるものの、仕事への影響が最小限になるように対応できることを説明しましょう。
・子どもがいる状況でも、自分の強みがしっかりと発揮できることをアピールしましょう。

子供が中学に進学し、手が掛からなくなったため、正社員として貴社で働きたいと考えております。結婚前に勤めていた会社では経理部で働き、最後の1年間は経理主任として働きました。離職期間が長いものの、子育てをしながら簿記3級の資格を取得し、経理担当者としてのスキルを一層高める努力をしておりました。貴社では経理会計担当の仕事を希望します。前職での経験とともに、より高いレベルでの仕事も任せてもらえるよう努力してまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説


・子育てがひと段落し、仕事には影響がないことを伝えましょう。
・前職の経験とともに、離職期間中も仕事に復帰したときを考え、努力を続けていたことをアピールしましょう

出産前は雑誌の編集の仕事をしておりました。前職は締め切り直前になると会社に泊り込むことも多いハードな仕事でしたが、仕事が好きだったので妥協せずにやり遂げることができました。産休を機に退職しましたが、産休中の空いた時間を使ってファッションビジネス検定に挑戦し、資格を取得することができました。貴社ではファッション雑誌の担当を希望します。まだ子供は小さいですが、両親やパートナーの協力があるので、仕事への影響は最小限にとどめられると考えています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説


・出産前の仕事経験をアピールしましょう。
・産休中にも仕事復帰を見据えた努力をしていたことをアピールしましょう。
・産後の子育てが仕事に支障をきたさないように、家族間での協力体制を得られていることを伝えましょう

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

この記事に興味がある人へのおすすめ

状況・スキル別の自己PR例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!