日本は税金が高い? 海外の税負担率から見える、社会保障の充実度!

日本の税金は高いという話、耳にしたことありませんか? 最近は消費税の税率も8%に上がり、今までより「税金が高い!」と思う場面も増えたと思います。では日本の税率は本当に高いのでしょうか? 海外の税金の負担率、本当に日本より低いのでしょうか?

海外の税金負担率

日本の税金は高いという話、耳にしたことありませんか? 最近は消費税の税率も8%に上がり、今までより「税金が高い!」と思う場面も増えたと思います。
では日本の税率は本当に高いのでしょうか? 海外の税金の負担率、本当に日本より低いのでしょうか?

国税庁は日本国内の税金の徴収を行っていますが、同時に税金に対する啓蒙活動も行っています。啓蒙活動のひとつ、中学生に向けて、租税について解説している『ハロータックス』の中で、海外との税金負担率の比較が登場しています。日本の税金は本当に高いのか、海外と比較してみると、どうも言うほど高くはなさそうです。

税金が高いか安いかを比較するために、『国民負担率』を算出してみましょう。『国民負担率』は『租税(国税+地方税)+社会保険料÷国民所得』で割り出します。要は国民所得額のうち、どのくらいが税金となるのかをパーセンテージで算出したものです。
日本の場合を見てみると、国民負担率は41.6%(8 日本の税金と外国の税金)。租税負担率は24.1%、社会保険料負担率は17.5%でした。あくまで平均値ですが、国民負担率約42%と聞くと、やはり「高い!」と思いますね。
しかし他国を見てみると、日本より高い国も存在しています。

国民負担率が高い理由とは?

調査の中で最も国民負担率が高いのがフランスです。負担率はなんと62.1%! フランスに続くのがスウェーデンで、58.2%。その他ドイツの51.2%、イギリスの47.4%。日本より国民負担率が高い国はたくさんあるんですね。
ただし、負担率が高いのには理由があります。それは社会保障が充実しているということ。最も負担率の高いフランスですが、当然、日本のような年金制度や健康保険制度などもしっかりしています。その他にも驚くべき保証として、学費は原則として大学まで無料。大学へは約2万円の登録料だけで通うことができるんです(参考:参考:しんぶん赤旗)。
一方で負担率の最も低いアメリカは、例えば国民皆保険制度がないなど、社会保障の面ではあまり充実していません。
国民税負担率は、社会保障の充実度も表しているんですね。

日本の課題は高齢者の保証

日本でもフランスやスウェーデン並みの国民負担率になれば、学費が無料になるかというと、そうではないかもしれません。日本は他国に比べ、65歳以上の高齢者が23.3%と突出しています。今後、国民負担率は上がっても、まずは高齢者の保証のために使われる可能性が高いでしょう。
税金は単純に「高い、安い」では語れません。各国の状況に応じて、国民負担率は変わっているんですね。



その他の条件で探す

typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。