30代の転職。“思考”で決める会社選び - 転職完全マニュアル

経験がなくても、十分に転職が可能な20代を過ぎ、30代はこの会社に“行きたい”というだけの転職は通用しない。それならば30代は今までに身につけてきた強みで勝負。本特集では、これまでに培ってきた“思考力”をキーワードに、さらに上を目指せる転職法を紹介する。

ボーダーラインになる28歳。ビジネススキル+αが必要

  1. 同業界転職ではケジメをつけよ!
  2. 面接日時はできるだけ合わせろ!
  3. 円満退職が転職成功のキーワード!

好調な業績を背景に中途採用のニーズは依然高い。2007年、一定のキャリアを身につけた30代はどんな転職を目指すべきか? キャリアデザインセンター人材紹介事業部の入江祥之氏に聞いた。

「まず認識しておきたいのは、ほとんどの企業で“若手”といわれるボーダーラインが28歳という点です。30代の場合は同業界や同職種からの転職でなくても、仕事を任せられる基本的な能力やコミュニケーション力、リーダーシップ力が問われてきますね」

不況時に採用を抑えていた事情もあり、攻めの経営にシフトしている企業はどこも組織の核として活躍できる30代を求めている。ただ入社後の期待値がそのまま採用時のハードルの高さとなっているのだ。

「30代の場合、採用側は即戦力だけを重視します。そして入社後に何らかの成果を期待しますから、転職に当たっては厳選採用であることを十分考慮して、キャリアや実績に加えて自身の強みとなる資質、能力など『プラスα』をしっかりアピールできるよう準備を進めるべきです」

このプラスαの仕事力について入江氏は、個々の業務を論理的に考えていくこと、柔軟に発想できること、そして顧客ニーズを捉える力と分析する。この全てを備えていればベストだが、どれか一つが自身の得意領域であれば、大切なアピールポイントになるだろう。

即戦力を求めている企業に対して、意欲や熱意、将来性ばかりをアピールするのはNG。採用ニーズが高まれば、それだけ競争も激しくなる。採用側が重視する“プラスαの仕事力”を「論理力」「発想力」「顧客思考力」とに分け、次ページ以降で07年に30代が転職を果たして活躍できそうな有望業界、有望職種を具体的に展望していこう。

活かす3思考 論理力 顧客志向 発想力

あなたの思考をチェック!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

次のページへ



その他の条件で探す

typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。