Get Ready

財務・会計コンサルタントの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

財務・会計コンサルタント

財務・会計コンサルタントは、主に顧客企業の財務・会計業務プロセス改善、資金調達やM&Aなどの財務戦略、各種規制対応支援に関するコンサルティングを行う職種です。財務・会計コンサルタントの仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にもわかりやすくまとめました。

財務・会計コンサルタントの主な仕事内容

財務・会計コンサルタントは、財務・会計分野に特化したコンサルタントです。財務面のコンサルティングは業務プロセス改善、資金調達や投資戦略立案、M&Aに関するアドバイスなどが主な仕事です。会計面のコンサルティングは会計業務フローの見直しなどによる最適化支援、会計関連の法規制の動向をモニタリングして対応をサポートするなどで、クライアント企業へコストの削減や最適な投資のリターンをもたらします。

具体的には顧客の企業・事業価値や資産状況を調査・分析して、改善策や戦略プランを提案します。クライアント企業によって抱えている課題は異なるうえに、利害関係者が社外へ多く広がっているため、幅広い知識や経験を活かして適切に対応することが求められます。

コンサルタントとして働くには、基本的にコンサルティングファームに所属することが一般的です。コンサルティングファームとは、アナリストやコンサルタントが在籍し、さまざまな企業や個人事業主などにコンサルティングを行なう組織のことを指します。人事課題に特化した人材系コンサルティングファームや、経営戦略に強い戦略系コンサルティングファームなど、ファームごとにそれぞれ得意とする領域が異なります。財務・会計コンサルタントは一般的に財務系コンサルティングファームに所属します。

財務・会計コンサルタントの仕事のやりがい

・経営課題を解決する達成感を得られる
・財務・会計の業務経験や知識を活かせる
・チームで協力して業務に取り組める

財務・会計コンサルタントは、クライアント企業の経営層に対してヒアリング、提案を行い、高度なコミュニケーション能力を活用して業務を進めていきます。企業の経営に影響を与えるため責任は大きく、人によっては大きなプレッシャーを感じることもありますが、それだけ大きな達成感を得られる職種でもあります。

財務・会計コンサルタントの業務には、財務や会計に関する高度な専門知識に加え、企業の経営面に関する知識も求められます。財務・会計コンサルタントとして働くことで、そうした専門的な知識や経験を活かすことができるため、能力を発揮できる場を得られることにやりがいを感じる人もいます。

財務・会計コンサルタントに限らず、コンサルタントはアナリストやプロジェクトマネージャーとチームを組み、プロジェクト単位で業務に取り組むスタイルをとります。アイディアを共有し、課題解決の議論を行うなど優秀な人材と共に仕事をし、刺激を受けることも少なくありません。そうした知的な刺激や自分自身が成長できる部分にやりがいを感じる財務・会計コンサルタントもいます。

財務・会計コンサルタントの仕事の厳しさ

・働き方がハードになりやすい
・経営層とのやり取りにプレッシャーを感じる
・財務・会計分野の変化に対応し続けなければならない

財務・会計コンサルタントは、プロジェクトの期限内で専門性が高くてハイレベルなパフォーマンスを求められます。そのため案件の契約期間内は、睡眠時間が2~3時間の日が続くこともあります。そうした心身ともに負荷のかかるハードな働き方に対し、厳しさを感じる可能性があります。

コンサルタントは企業の経営層とインタビューや打ち合わせなど頻繁にコミュニケーションを取ります。また企業の課題解決といった重要な決定に関わる提案をするため、企業内の社内政治に巻き込まれそうになるなどきつい状況に置かれることもあります。そうしたプレッシャーや精神的ハードさを感じる人は少なくありません。

財務や会計の分野は、景気や業界、社会情勢、海外の動向、法律などの変化に伴って効果的な手段も移り変わるため、その変化に対応できるように常に学び続けなければなりません。多忙ななかで常に学び続ける必要があることに圧迫感を持ち、厳しいと思う人もいます。

財務・会計コンサルタントの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・財務や会計に関する知識
・論理的思考力(ロジカルシンキング)
・ヒアリング力と提案力

【資格】
・中小企業診断士
・公認会計士
・TOEIC

財務・会計コンサルタントには、財務や会計分野での高い知識やノウハウが求められるため、他のコンサルタント職よりも専門領域での学歴、銀行といった金融業界での業務経験や事業会社での財務経験があれば、採用で有利になるでしょう。また公認会計士といった関連資格などが必須条件とされることも多いです。

企業の課題解決に取り組むため、コンサルタントには論理的思考力が強く求められます。業務経験での具体的な調査方法や、分析に用いたフレームワークなどを明確にすることで、ロジカルシンキングのスキルやレベルが採用担当者へ伝わりやすくなります。顧客へのヒアリングやプレゼンの場面も多く、そうした経験とスキルもアピールしても良いでしょう。

財務・会計コンサルタントに必須の資格はありませんが、「中小企業診断士」、「公認会計士」や「税理士」などの専門知識を裏付ける資格があると役立つ可能性があります。また、財務・会計系コンサルティングファームの場合、マネージャー以上では英語力が必須といわれますので、TOEICでの高い得点を示せると採用担当者の目を引く可能性があります。

財務・会計コンサルタントに向いている人

財務・会計コンサルタントは、その専門領域から数字面での精緻さや法令順守の高い倫理観・強い責任感のある人が向いています。また多忙でも学び続ける向学心や成果物へのクオリティーにこだわる姿勢など、財務・会計コンサルタントとしてのプロフェッショナルマインドを持てることも必要です。

コンサルタントに分類される職種は、論理的思考力の高さが必須ですが、採用の際には「コミュニケーション能力」「人間的魅力」など対人関係面でのポテンシャルも重要視されると言われます。クライアントやチームメンバーと円滑なコミュニケーションを図れ、自然と気配りできるような人が期待されています。

財務・会計コンサルタントには、プロジェクト単位での仕事への対応力を求められます。顧客ごとに課題や条件が異なり、また限られた時間内で最適な提案を生み出すため、ルーティンワークのない働き方が必要です。時間や労力の配分を自律的に管理し、そうした状況に適応できることがコンサルタントとしての成功を支えます。

財務・会計コンサルタントのキャリアパス

財務・会計コンサルタントは、事業会社での財務・会計などの職種、金融機関でのシステムエンジニアなど、技術職を含む専門知識を得られる業務経験者が希望しやすい職種です。または公認会計士や米国公認会計士(USCPA)などの資格保有者となって目指す人も多くいます。

財務・会計コンサルタントになってからは、同じコンサルティングファームでマネージャー、パートナーへのキャリアップや、他のコンサルティングファーム、投資銀行などの金融機関への転職、事業会社での財務や経営企画など経営中核メンバーとして活躍する、コンサルタントとして独立するといったキャリアパスの選択肢があります。

財務・会計コンサルタントの最近の動向

最近ではフィンテックへの対応・活用を行う必要に迫られている企業も多く、また消費税率アップへの対応などもあり、財務系コンサルティングファームは全体的にコンサルタントの高い採用意欲を継続しています。また上場企業では国際会計基準(IFRS)への移行が加速しており、IFRSの知識を持つ人材へのニーズが今後高まっていくと見込まれています。財務・会計コンサルタントにはそうした時代の変化を担える知識を得ていく必要があるでしょう。また引き続き、ITシステムに関する技術職経験者の需要も見込まれます。

未経験から財務・会計コンサルタントを目指すには?

財務・会計コンサルタント未経験者でも、金融業界での業務や一般事業会社の財務・会計などの職種経験、会計システム経験のあるシステムエンジニアなどは評価される傾向があります。また公認会計士などの資格保有者や高い英語力を求めるコンサルティングファームもあります。そのため未経験から財務・会計コンサルタントを目指すなら、コンサルティングファームの求人内容について調べ、転職に必要な経験・知識・スキルを知り、足りない部分を補う努力が必要です。

この記事に興味がある人へのおすすめ

財務・会計コンサルタント
この記事が気に入ったらいいねしよう!