Technique

財務・会計コンサルタント経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは財務・会計コンサルタント経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

財務・会計コンサルタントのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

転職後に活かせる「経験」を記載する

財務・会計コンサルタントは財務・会計分野に特化したコンサルティングを行う職種ですが、コストの面に限らず、資金調達や企業買収などの経営戦略に関わるサポートをする場合もあります。実績を自己PRに記載し、「どんな業務に対応できるか」、「どんな強みがあるか」などが採用担当者に伝わる内容に仕上げましょう。また、アナリストやコンサルタントの経験がなくても、経理や人事、金融などに関連する業種・職種を経験していれば転職できる可能性があるので、まずは応募するコンサルティングファームの募集要件を確認してみましょう。

「財務・会計」に関する知識や「コンサルティング」に特化したスキルを記載する

財務・会計コンサルタントは、コンサルタントの中でも「財務・会計」という分野に特化しているため、財務・会計分野に関しては専門的な「知識」、「スキル」が求められます。知識があることが伝わるエピソードや、知識を身に付けるために努力していることをアピールしましょう。知識や職務レベルを示す資格を持っている場合は、記載することにより採用担当者に能力の高さを伝えられるはずです。また、コンサルタントとしてのスキルの高さを示すには、データ収集スキル、分析スキル、語学力などをアピールするのも有効です。転職後に必要性の高いものを中心に、自己PRを通じてアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

財務・会計コンサルタントは専門性が高い職種であるため、知識やスキルだけでなく「経験期間」もアピールポイントの一つになるでしょう。「財務経験○○年」、「会計経験○○年」、「金融機関のアナリスト経験○○年」などのように、関連する業務に従事した「期間」について記載し、自己PRで経験の豊富さをアピールしましょう。コンサルタントとしての経験が浅い場合には、知識やスキル、人間性などをアピールし、将来性を感じられる内容に仕上げることが重要です。

財務・会計コンサルタントの自己PR例文集

財務・会計コンサルタントの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私の強みは会計分野に特化したスキルを保有していることです。現職ではクライアントの会計分野を専門に取り扱うコンサルティングチームに所属し、財務諸表の分析、コスト削減に関わる手段の提案、資金調達や企業買収などの経営戦略に関わる提案などの業務を主に担当させていただいております。公認会計士資格とSAP認定コンサルタント資格を保有しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

財務・会計コンサルタントには財務・会計分野に関する専門知識やスキルが求められます。そのため、業務経験や保有資格を自己PRに記載し、専門分野に関する能力の高さを採用担当者に伝えることが重要なポイントです。「公認会計士」、「中小企業診断士」、「SAP認定コンサルタント資格」などの資格を保有している場合には自己PRに記載しましょう。企業により求めている知識やスキルは異なるため、募集要件を確認した上で該当する知識やスキルの裏付けになる業務経験についてアピールすると良いでしょう。

私は現職を通して大規模プロジェクトを経験してきました。現職ではファイナンストランスフォーメーションに関わる業務を担当し、日本有数の機械メーカーの将来的な財務・経理機能を想定した上でコンサルティングを行っております。長期的な戦略を立て、そのプロセスを検討することで、財務状況の改善を実現し、担当企業の増益に成功しました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企業に対してコンサルティングを行っていたと言っても、企業規模などにより得られる経験は大きく異なります。企業戦略に関わる重要な決定を含めて企業の仕組みを変えていく責任の大きな仕事であり、大企業に対してコンサルティングを行った経験は貴重であるため、大規模プロジェクトで積んだコンサルティング経験はアピールポイントの一つになります。例文には「増益」とありますが、数値化できる実績がある場合には、それを含めて具体的に能力が伝わるように記載しましょう。

私は課題抽出力に自信があります。3年間ビジネスアナリストとして従事する中で、良好な経営状態を実現している企業の成功例を知ることができたため、そのノウハウをもとに企業内部では気付かれていない問題点を抽出するスキルが身に付きました。現職では会計コンサルタントとしてIT企業の業務改善に関わる領域を担当し、業務の分配方法に関して課題を抽出した上で改善する方法をご提案させていただいております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

コンサルティングを行うには、成功例を知り、正しい解決策を構築できるようになることが必要です。そのため、状況を把握した上で問題点・課題を抽出できるスキルはアピールポイントになる可能性があります。知識や経験を過去の業務経験などを含めてアピールしましょう。

私の強みは情報収集に関わるスキルの高さです。現職ではファイナンスのベンチマーク分析や、コストマネジメントの再構築に関わる業務を主に担当しております。企業の業務全般、財務諸表などは隅々までチェックし、顧客企業の業界や業種、市場の最新動向などについては、日経新聞だけでなく2社の日刊紙、専門紙を読んでいます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

財務・会計コンサルタントは企業の経営状態に関わるさまざまな情報を確認する必要がある職種です。そのため、「どのようにして情報収集を行っているか」、「どれくらいの情報を取り扱えるか」などの情報を自己PRに記載することで、採用担当者に情報収集スキルをアピールできる可能性があります。実際に担当した業務内容や実績を通じて採用担当者にアピールしましょう。

私の強みはチームビルディング能力です。現職では、チームメンバーによって最適なチームのあり方を考え、チームビルディングを行ってきました。コンサルティング経験を積んだリーダーと経験の浅い若手2人のチームでは、リーダーの強い発言に圧倒されてしまった若手メンバーと個人的に話す時間を設け、不明点や不安を感じている点を聞き出す若手のサポート役を担っておりました。また、専門職のエキスパートが集まるチームでは、他領域が専門であるメンバーにも内容が正確に伝わるよう仲介役を果たしておりました。この経験から、チームの特徴を見極めて必要な役割を果たすことで、チームとしての機能を最大化することができます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

財務・会計コンサルタントは、チームで仕事を進めていくことが多く、アナリストやプロジェクトマネージャーとチームを組み、プロジェクト単位で業務に取り組むスタイルをとります。そのため、価値観の異なる関係者と協力して成果を上げられる能力が必要です。具体的なエピソードとともに、チームの中でどのような役割を担っていたか、チームのために工夫したことなどをアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

財務・会計コンサルタントの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!