Technique

<転職(退職)理由などの質問>良い回答例とNG例【面接対策パーフェクトガイド】

何らかの不満があって転職したいと考えることが一般的ですから、「転職理由(転職のきっかけ)」と不満は切り離せないものです。しかし、不満をそのまま述べることは面接官に「すぐまた辞める人じゃないか」「問題を起こす人じゃないか」という印象を与えてしまう可能性があります。
ここでは、面接で必ず聞かれる「転職理由」の目的と回答のポイントを詳しく解説しています。

「なぜ転職(退職)しようと思いましたか」「なぜ現職を辞めるのか」

質問の目的はリスクチェック

転職面接では、「なぜ転職しようと思いましたか」「なぜ現職を辞めるのか(前職を辞めたのか)」という転職(退職)理由、つまり転職のきっかけは必ず質問されます。転職理由と不満は切り離せない、ということは企業側も理解していますので、この質問で面接官が確認したいのは、「応募者が入社後にすぐに辞めてしまわないか」「問題を起こす人ではないか」という点です。つまり、リスクチェックをしたいのです。
企業側は、自社でこれから活躍してくれる人材を募集しているわけですから、どんなことで転職したい・辞めたいと不満を持つのか、自社でそれが解消できるのか(自社とマッチングできているか)、という面接官の疑問を解消するように転職理由を示せれば、自社で長く働いてくれそうと判断するでしょう。

回答のポイント

不満をそのまま話さない

転職(退職)理由で回答の一番のポイントは、不満をそのまま述べないことです。特に、「つらい」「きつい」「やらされている」「やりがいを感じない」などネガティブワードは悪目立ちしますのでNGです。
面接官は、何かしら不満があるから転職活動しているのだと理解していますが、不満だけでいっぱいな人は敬遠します。「これが嫌だから辞める(辞めた)」と言わず、「こうなりたいから転職する」という伝え方に変えてみましょう。

「御社なら実現できる」と考える理由を用意する

企業研究を行って「その不満が解消できる(目的を達成できる)企業だと見込んで応募しているはず」と面接官は考えます。そのため、面接官としても「どうして自社でその不満が解消できると思うのか」について深堀してくるでしょう。しっかりと企業研究をして「貴社なら実現できると考える理由」を用意しておくことが必要です。例えば「残業や休日出勤が多く、働き方がハード」なことが転職理由なら、「残業時間削減を企業方針の一つとし、社長自らが率先して声をかけて社員を帰している、という記事を拝見しました」などと示すといったことです。

志望動機と一貫性を持たせること

転職理由と志望動機は切っても切り離せない関係です。もちろん、志望動機が前職の不満解消だけでは消極的なので、あわせてやりたいことやキャリアプランを語ることが必要です。例えば「現職の報酬(昇給制度)に不満」が転職理由なら「御社なら年齢に関わらず、営業成績に応じたインセンティブとポジションが与えられると伺っていて、やりがいをもって働けると考えている」という方向の志望動機を話せれば、面接官も納得できるでしょう。転職理由は、志望動機とあわせて考えを整理する必要があります。

ウソをつく必要はない

不平不満が言いづらいから、と無理に他の聞こえの良い転職理由を作り出す必要はありません。本心とは全く違う転職(退職)理由にすると、深堀質問で矛盾がでてきたり、結局不平不満を話してしまったりなどの事態になりかねません。ウソをつく必要はなく、あくまでも伝え方を工夫すればよいのです。
例えば、「残業が多くてイヤだ」は「平日は終電まで業務をこなすことが常態化している部署で、月に2回以上の休日出勤も当たり前でした」など、面接官が客観的に見て、「それは転職を考えたくなる」と思えるような具体的な情報を伝えるのは効果的です。

セクハラ、パワハラは伝えるべきか?

セクハラやパワハラが理由の場合、転職理由として伝えるかどうかについては、あえて面接で詳しく話す必要はないとする意見が多いようです。転職面接という限られた時間の中では、面接官がその状況を理解することが難しいこと、そのため面接官によって受け取り方が異なる可能性があるからです。
採用の可否はあくまでも業務経験や能力で判断してもらえるようアピールし、環境面については、「(セクハラやパワハラがなかったら)こんな風に働きたかった」「こんなキャリアを積みたいと考えていた」という点にフォーカスを当てて、「周囲と良いコミュニケーションを心掛け、気持ちよく働きたい」「今の会社では難しいが、こんなキャリアパスを実現したいから」という風に伝えてみましょう。

これならGood!良い回答例

例1

自身の人生設計を考え、より高い報酬を得て家庭を持って充実して働いていきたいと、転職を決意しました。現職での営業が5年目で、これまで毎年売上目標を達成していますが、年収が入社時とほとんど変わりません。また、同じ営業部に先輩社員が**名在籍しており、昇進も見込めない状況です。そのため、インセンティブ制を導入し、年齢を問わず営業成績次第で報酬アップや昇進が可能と伺っている御社で、モチベーション高く仕事をしていきたいと考えています。

給与や年収への不満が転職理由の場合、「お金のことしか考えていない」や「会社批判している」と聞こえないように注意します。この例では「営業成績と報酬が連動していない」「先輩社員が多く昇進も見込めない」といった「今の会社では期待できない状況」を説明できています。また、「将来、家庭を持って充実して働きたい」「モチベーション高く仕事がしたい」といった前向きな目的に変換して伝えることができています。

例2

今より主体性を発揮して精一杯働きたいと考え、転職を決意致しました。現在は〇〇会社の広報部へ派遣社員として勤務しています。正社員の方とほぼ同じ仕事をさせて頂けるようになったのですが、派遣社員であることから参加できないミミーティングがあり、経営会議資料の閲覧も制限されています。派遣会社のコーディネーターの方へ相談してみたところ「派遣社員はそこまで踏み込まなくていい」とのことでした。がっかりしたというのが正直な気持ちでしたので、それなら正社員として責任を持って働ける職場へ転職しようと決意しました。

正社員を目指している場合、「安定したい」という切り口よりも、正社員としての立場で「もっと仕事を頑張りたい」「スキルアップしたい」といった前向きさを前面に出す転職理由とします。待遇面の不満や不安定さへの不安は、ほんの少しで十分伝わります。この回答例のように、正社員で頑張りたいというやる気に加え、正社員としての責任を自覚している、主体的に仕事をしてきたことなどを盛り込んでも良いでしょう。

例3

顧客の幅を広げて、コンサルティングスキルを高めたいと希望し、転職を決めました。現職ではWeb制作会社で営業を担当していますが、ホテル業界に特化した営業方針により、顧客の9割以上がホテルです。親和性が高いとして、観光施設や不動産関連企業への営業を提案しましたが、人員の問題から方針変更は無理と受け入れられませんでした。それならば、さまざまな業界のクライアントの課題に向き合えて、営業職に高いコンサルティングスキルが求められる職場で働きたいと考えました。

会社の経営方針に不満がある場合、「会社・社長の考えについていけない」ではなく、「こういう目標(スキルアップやキャリアパス)に向かって仕事をしたい」または「社長や社員一丸となって同じ目標に向かい、これからも〇〇〇の仕事を続けていきたい」などの伝え方が良いでしょう。不満に対して自分がどのように行動を起こしたのかまで盛り込めると解決を図ろうと主体的に考え、行動できる人という印象も与えられるでしょう。

やってはいけない!NG例

例1

上司の指示がコロコロ変わる上に、就業時間近くになって「今日中に作って」という書類作成をやらされることもしょっちゅうです。マネジメントの問題は自分ではどうしようもないので、新しい職場を探しています。

たとえ本当のことだとしても、上司や同僚のストレートな悪口・批判に聞こえる内容はNGです。「もっと企画力を発揮し、フィールドワークにも積極的に取り組める働き方がしたい。現職では会議が多く、急な会議資料作成に追われて遅くまで作業することもよくある」のように、「こんな仕事がしたい」にフォーカスをあてて、現在の状況が端的に分かる事実を述べましょう。「やらされる」等のネガティブワードはNGです。また、「どうしようもない」ではなく、「毎週1本、企画を上司に提案することを続けてきましたが、毎年同じイベントを続けることに意義があるという考えを示され、受け入れられませんでした」など、自分が改善に向け努力したことを伝えるように工夫しましょう。

例2

直属の課長が、〇〇課と兼務でほとんどこちらの部署にいないため、仕事ぶりを見てくれず仕事の相談もしづらい状況です。そのため、人材の入れ替わりが激しくなってさらに負担が増えて、このままでは続けられないと思いました。

マネジメント不在など、このままこの会社にいてもいいのだろうかという不安が転職理由の場合、逃げに聞こえないように工夫する必要があります。ポイントは、現職のことに多く触れず「自分が良い刺激を受ける優秀な人たちが多くいる環境で、エンジニアの仕事を続けたい。転職によって、より上流工程に取り組みたいという希望も持っている」などのように、良い環境やよりやりがいのある仕事、など前向きなことを話すようにしましょう。

「あなたが転職先を選ぶ基準は?」「転職先を選ぶ際にこだわることは?」

「転職先に選ぶ基準」は、質問されるされないにかかわらず、転職理由や志望動機と密接に関わるので、必ず自身で整理しておくべき事項です。「やりたいことができる」「能力や経験が活かせる」「自分の価値観と合う」「将来性(業界、企業、職種)」「働き方」「勤務条件」などの軸で、それぞれ細かく書き出して優先順位をつけておきましょう。

これならGood!良い回答例

Webアプリケーション開発でプロジェクトマネージャーとして案件を担当できることを目標にしているため、規模を問わず多くの案件に参加できることと、早く上流工程に取り組める職場かどうかが基準です。

企業を選ぶ基準は「やりたいことができる・キャリアプランの実現」であることが、具体的な内容で示せています。面接官の立場でも、マッチングしているか確認するための深堀質問がしやすいでしょう。

やってはいけない!NG例

自転車が趣味で、週末は各地で開催されるロードレースに参加しています。そのため、土日や祝祭日は休みを確保したいです。転職するなら、業界の大手企業であることにもこだわりたいです。

条件面が譲れない基準である場合、「自分のことだけ考えている」と思われないように、伝え方は特に注意が必要です。このNG例は特に「趣味が優先できる職場」であることを述べていて、面接官の心証は悪いでしょう。「社内SE希望だが、できるだけ大規模な社内インフラの運用保守業務を担当したい」「社員同士のコミュニケーションが良く、協力しあう雰囲気がある職場で働けること」などのようにしても希望のニュアンスは伝えられるでしょう。

「転職先を選ぶ基準」と「譲れない条件」は別物

育児や介護などの事情で勤務可否にかかわるような条件は、応募書類や面接のどちらか(あるいは両方で)きちんと伝えることがマナーとされます。この場合は、質問されている「転職先選びの基準」とは回答がずれますので、別のタイミングで「〇〇のため、水曜と金曜は定時での退社を希望致します。」「転勤が無い職場を希望しています」など明確に示しましょう。

ここもあわせてチェック!

面接対策パーフェクトガイド
この記事が気に入ったらいいねしよう!