Technique

広告コピーライター・広告クリエイターの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、広告コピーライター・広告クリエイターの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

広告コピーライター・広告クリエイターの仕事内容とは

広告コピーライター・広告クリエイターは、テレビ・ラジオ、新聞、インターネットなど様々な媒体の広告「制作(クリエイティブ)」に携わる職種です。広告代理店や制作会社のクリエイティブ(部門)には、制作全体を統括するクリエイティブディレクター、広告のキャッチフレーズや価値を表現した言葉・文章を考えるコピーライター、デザイン・ビジュアルなどの指揮を取るアートディレクター、デザインを担当するデザイナーなどの職種があります。営業担当者やマーケティング(部門)と連携しながら広告制作を行います。ここでは広告クリエイターはアートディレクター、デザイナーを指し、広告代理店や制作会社に所属している職種についてまとめています。

広告コピーライターは、主に広告のキャッチコピー・ボディコピー(本文)の作成を担当します。ただし、小規模な企業の場合は、総合的な広告・コミュニケーション戦略の立案から担当することもあります。豊富なボキャブラリーやセンスだけではなく、クライアントや制作チームの一員として働くコミュニケーション力も必要です。
広告クリエイターには、ビジュアル表現部分を統括するアートディレクター、実際に造形を担当するデザイナーがいて、デザイナーはグラフィックの他、Webデザイン、パッケージデザインなど細分化されていることが一般的です。アートディレクターの具体的な仕事はクライアントとの打ち合わせ、広告表現の企画立案、制作チームのスケジュールや予算管理などを担当します。デザイナーはアートディレクターの指示を仰ぎながら、実際のデザインへと落とし込んで制作します。広告代理店か制作会社かに所属するのか、または企業規模などで業務範囲が異なりますが、企業規模が大きくなると業務内容が細かく分かれていることが多いです。

広告コピーライター・広告クリエイターに求められる適性

表現することが好き、表現で人に影響を与えることが好き

広告コピーライター・広告クリエイターは、多くのアイデアを生み出す苦しさや制作したクリエイティブの度重なる修正といった厳しさを乗り越えて、広告を完成させなくてはいけません。そのため、「コピーを書くことが好き」「表現することが好き」「表現で人に影響を与えることに強い価値を感じる」など、仕事に対して前向きで良い執着のあることが必要です。

高いコミュニケーションスキルがある

広告コピーライター・広告クリエイターには、クライアントや制作チームのメンバーや外注先とのやり取りなどで頻繁にコミュニケーション機会があります。そのため、顧客の要望を引き出せる質問力や対話力、広告案の意図について正確に伝えられる説明力が必要です。良好な人間関係を構築できる明るさや誠実さといった人柄なども評価されるでしょう。

好奇心が強く、情報収集に長けている

媒体の多様化などに伴って広告手法も広がり、広告コピーライター・広告クリエイターには、最新の広告関連知識(マーケティングや表現手法・制作技術などの知識)を得てすぐに仕事に活かすことが求められます。また、常に最新トレンドなどキャッチし続けることも欠かせません。好奇心が強く、アンテナを張って情報収集することに長けている人が有利でしょう。

広告コピーライター・広告クリエイターの志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

広告コピーライター・広告クリエイターの業務では、制作技術・知識が必要で、高いコミュニケーションスキルも求められます。また、クライアントの業界や広告手法、トレンドなどの幅広い知識も必要ですから、まずは過去の職歴を振り返り、制作実績や役割を示し、あれば受賞歴も記載して、知識やスキルのレベルを正確に採用担当者へ示してアピールしましょう。未経験から目指す場合には、プライベートで制作のポートフォリオを用意するなど、具体的な制作実績とその業界・職種で働きたいといった意欲を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。
その際、事実や本心に反したことを書くと、選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があります。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容の志望動機を作成しましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールしたうえで「どのようにして企業に貢献できるか」、「どのように成長していきたいか」といった今後のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるためキャリアパスを示して「やる気」をアピールすることが大切です。

広告コピーライター・広告クリエイターの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

広告コピーライター・広告クリエイター経験者の志望動機サンプル

私は広告代理店にコピーライターとして5年勤めており、昨年から■■社のプロモーションプロジェクトに参加しています。特にポスター広告の「〇〇〇〇〇〇」というコピーが、ブランドイメージと時事ワードをうまく組み合わせて、時代の流れに合わせたメッセージを届けたと評価頂き、△△△賞を受賞しました。これをきっかけにコピーライター、また広告業界に携わる者としてより高みを目指したいと考え、広告宣伝にとどまらず商品開発などアイデアでクライアントの課題を解決するソリューションを展開している貴社への転職を希望しています。既存の枠にとらわれないプロジェクトに参加して、今は世にないコピーとアイデアで新しい未来を作りたいという気持ちでいます。多くの案件を担当し、将来的にはディレクションなどへステップアップすることで、貴社のビジネス領域拡大にも貢献してまいりたいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や受賞歴で、スキルレベルや強みが伝わる内容が記載されています。
・企業側が納得でき、応募者らしさが伝わる前向きな転職理由が記載されています。
・転職後、どのようなキャリアを目標としているかが描かれており、将来性を感じられる内容になっています。

広告コピーライター・広告クリエイター未経験者の志望動機サンプル

私はアパレル企業でECサイト運営のWebデザイナーとして3年間勤務しております。レディースとキッズ向けあわせて3ブランドのECサイトで、ビジュアルデザインとコーディング、商品ページ差し替えなどの運用を担当し、llustrator、Photoshop、HTML、CSSは問題なく使用できます。また、20代以下の女性や子供向けに訴求できるビジュアルデザインを強みとしております。スキルアップのため、クリエイター向けマーケティング講座を受講した際、講師が御社の広告クリエイターの方で、広告制作の魅力を熱く語っており、私自身も広告クリエイティブの仕事に携わりたいと考えるようになりました。その御社で広告デザイナーの求人が出ていることを知り、ぜひ入社したいと希望しております。入社後はWebメディアに加え、グラフィックデザインでも実績を積み、いつかはこれまでの慣習さえも変えてしまうような社会的影響力を与えるクリエイティブを生み出したいと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・実績(制作物の内容や担当した役割)ついて記載されており、未経験からの転職でも活かせる知識・スキルが伝わります。
・転職を決意したきっかけや企業を選んだ理由が、納得できる内容に仕上がっています。
・業務外でスキルアップのために講座を受けているなど向上心が感じられ、さらにプロの広告クリエイターを目指したいという意欲が強く示されていて期待が持てます。

まとめ

広告コピーライター・広告クリエイターの志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

広告コピーライター・広告クリエイターの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!