Technique

広告コピーライター・広告クリエイター経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは広告コピーライター・広告クリエイター経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広告コピーライター・広告クリエイターのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

広告コピーライター・広告クリエイターは、広告のキャッチコピー作りをはじめとした広告制作全般を行う職種です。広告コピーライター・広告クリエイターの「実績」には、過去の制作物、広告に関わるコンテストの実績などが挙げられます。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。応募先企業の求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「スキル」「知識」を記載する

広告コピーライター・広告クリエイターとして経験者募集の企業への応募を考えている場合は、制作スキルをアピールすることが重要です。提出が求められる場合が多いポートフォリオを通して、スキルをアピールするのが良いでしょう。また、他業界への転職を考えている場合は、業務を通して培われた、広告制作に関わる知識や、クライアントの業界・業種に関する知識、クライアントへの対応力、ヒアリング力、プレゼンスキルはアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「スキル」、「知識」をアピールしましょう。また、スキルや知識は、『Photoshopクリエイター能力認定試験』や、『Illustratorクリエイター能力認定試験』、『TOEIC』などの資格で示すこともできます。企業目線で評価されるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

広告コピーライター・広告クリエイターは、キャッチコピー・広告全般の制作、クライアントの要望のヒアリング、クライアント対応、広告コンペへの参加など、専門性の高い業務を行います。初めはアシスタントとしての役割を担当することが多く、断片的なスキル・知識となりますが、経験期間が長いほど網羅的に関わることができるため、経験期間もアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「広告コピーライター○年」、「広告クリエイター○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

広告コピーライター・広告クリエイターの自己PR例文集

広告コピーライター・広告クリエイターの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はコピーライターとして広告代理店に5年間勤務し、これまでに28の広告制作プロジェクトに携わりました。20XX年には個人で応募したコピーが宣伝会議賞でコピーゴールド賞を受賞し、社内でも賞を頂いた経験があります。大手飲料メーカーのCMプロジェクトにも参画した経験があります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告コピーライター・広告クリエイターとしての実績をアピールするためには、担当業務や受賞歴をアピールすることが重要です。また、大手企業との仕事経験も同じく評価されます。それらを示すのが難しい場合は、売上や流入数の増加といった成果をアピールしても良いでしょう。担当業務や役割、業界、媒体を含めて、実績、成果についての情報を具体的に記載し、能力の高さを示しましょう。

現職では主に企業のプロモーションプロジェクトにメンバーとして参加し、企画の立案、設計、制作などを担当しております。企画においては、「広告の制作背景・意図をブラさないこと」、「日頃から多種多様な生活者の視点を持つ」ことを意識しています。20XX年に制作した動画広告は流入数120万、コンバージョン率21%を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告クリエイターとしてプロジェクトに参加するためには、広告制作を行うための企画力、制作力があることが必須です。担当した業務、役割、効果などを明らかにして、転職後に活かせる経験と能力を採用担当者に伝えましょう。

広告クリエイターとして、これまでに自動車メーカーの広告制作を○年間経験してまいりました。自動車業界に関しては、市場や競合、動向、トレンドなどに関する知識を身に付けており、常に情報を収集しております。そのため、自動車業界に関してはクライアントに納得していただける広告を制作できる自信があります。また、これまでに経験したことのない業界に関しても、徹底的に調査を行い、網羅的に知識を身に付けることができます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告コピーライター・広告クリエイターにはクライアントの業界に関する知識が求められます。特定の業界の企業を複数、または長期間担当した実績があり業界知識に自信がある場合には、その内容をアピールすることで、関連業務を任せられると感じさせることができます。過去に担当したクライアントの業界について記載し、どの業界に強いのかが伝わる内容に仕上げましょう。

広告制作においてはPhotoshop、Illustrator、Fireworksをそれぞれ3年以上使用した経験があり、それらの知識とスキルを身に付けました。また、Photoshopクリエイター能力認定試験のスタンダード、Illustratorクリエイター能力認定試験のスタンダードを取得しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告クリエイターは業務においてツールを使用する機会が多いため、関連する資格を取得していれば、保有知識・スキルを採用担当者に正しく伝えるために役立ちます。転職後の業務に役立つ資格を保有している場合には、資格の種類、取得した理由などの情報を含めて記載しましょう。また、現在資格取得に向けて取り組んでいることがあればそれを記載しても良いでしょう。

私は広告代理店にて広告デザイン制作を担当し、同時並行で複数のプロジェクトの制作業務を行っております。クライアントや営業担当者に提案が通らないことも少なくありませんでしたが、すべてのプロジェクトに関して責任を持ち、必ず納期までに間に合わせてきました。これまでに携わったプロジェクトには、○○のCMや○○の看板広告などもあり、こだわりを持って作成した制作物が多くの方に届くことに喜びを感じます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告コピーライター・広告クリエイターは、クライアントやディレクターから何度NGが出ても制作し続ける必要があるため、作り続けられる体力や精神力が必要です。また、短い締め切りに間に合わせるために徹夜することもあります。強い精神力や体力があることをアピールするためには、仕事に対する熱意が伝わるエピソードをあわせて記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広告コピーライター・広告クリエイターの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!