Technique

コンサルタント経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではコンサルタント経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

コンサルタントのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

経営、戦略、財務・会計、人事、ITなどのさまざまな分野がありますが、いずれも企業などに対し、経営に関わるさまざまな戦略、意思決定に関わる提案・助言を行い、業績を改善・向上させるのが仕事です。専門性が高い職種なので、コンサルタントとして十分な実績を残していることが重要です。売上の向上やコストカットなどを実現した実績をアピールしましょう。応募する企業の特徴に合わせて優先度の高い実績からアピールすることが有効です。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

コンサルタント職には専門的な「知識」、「スキル」が求められるため、特定の分野のスペシャリストとしてアピールすることができます。求人の募集要件や企業サイトなどをチェックし、企業が求める「知識」「スキル」を保有していることを確認した上で、それに合致する内容の自己PRを作成しましょう。知識やスキルを裏付ける「資格」について盛り込むことも有効です。自己PRを作成する際には、企業目線で評価される情報を盛り込みましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

コンサルタントは要求されるスキルのレベルが高く、経験期間が長いことは能力の高さを想像させます。自己PRでは、経験の豊富さを伝えるために「○○コンサルタント経験○○年」、「アナリスト経験○○年」、「(関連性の高い職種)経験○○年」といったように「期間」について記載しましょう。また、コンサルタントは「成長するか辞めるか」と言われるほど、成長し続けることが求められる職種なので、将来性が感じられる内容を盛り込むことが大切です。

コンサルタントの自己PR例文集

コンサルタントの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はコンサルティングにおいて、「お客さまの状況に合わせた」最適なプランを提案することを重視して参りました。さまざまなIT製品を取り扱って参りましたが、実際に運用するお客さまのITリテラシーや組織体制にマッチしたプランでなければ、最大限効果を上げることはできません。お客さまのご意向を聞くだけではなく、状況についてのヒアリングと、より満足していただくためのプラン策定を行った結果、成約率80%を記録したこともあります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

ITコンサルタントとしてセールスの実績は重要な指標です。顧客への折衝を担当する際には、提案力の高さが求められます。実際の業務でどのように行動し、どのような成果を得られたのかを具体的に記載することで情報の信頼性が高まります。

年間売上3,500億円の業務用機器の製造・販売を行うクライアントのプロジェクトにて、営業業務関連規定の見直しを担当いたしました。業務を精査し、現場の担当者へのヒアリングを行った上で、営業スタッフが新規の顧客を得た際に分配されるバックマージンの引き上げを行いました。その結果、大幅に売上が伸びただけでなく、営業スタッフの離職率も下がり、多くの点で担当企業の経営効率アップに貢献することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

参加したプロジェクト、担当業務、クライアントの業界・規模、実績に関する情報を漏れなく記載し、能力の高さをアピールしましょう。経営コンサルタントの経験がある、と言ってもできることは人によってさまざまです。採用担当者があなたの働きぶりをイメージできるよう、できるだけ具体的に記載しましょう。また、マネージャーやパートナーとしてマネジメントを行った経験がある場合には、その成果についても記載することが大切です。

私は戦略コンサルタントとしての業務を通じて、経営者層に提案を行い続けてまいりました。マーケティング戦略を専門に担当しており、広告やSNSなどを利用したブランディングと集客力の向上を多数行いました。私たちの役割は、経験ではなくファクトに頼った提案が主であるため、直観的に受け入れられにくいご提案をすることがあります。そのため、提案の際にはなぜ直観的に受け入れにくいのかを分析、説明し、いかに納得していただくかを重視していました。それにより提案が通りやすくなり、結果にも繋げることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

戦略コンサルタントは、会社経営に関して戦略を立て、経営者層に対して提案を行うことの多い職種であるため、その経験はアピールポイントになる場合があります。提案の際に気を付けていたことや、経営者層への提案を通して得られた知見を記載しましょう。また、M&A、組織再編、マーケティング戦略、新規事業の立案など業務に関わるタスクは幅広いので、どの分野を得意としていたのかについても明らかにすることで経験業務をイメージしやすくなります。

私の強みは会計分野に特化したスキルを保有していることです。現職ではクライアントの会計分野を専門に取り扱うコンサルティングチームに所属し、財務諸表の分析、コスト削減に関わる手段の提案、資金調達や企業買収などの経営戦略に関わる提案などの業務を主に担当させていただいております。公認会計士資格とSAP認定コンサルタント資格を保有しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

財務・会計コンサルタントには財務・会計分野に関する専門知識やスキルが求められます。そのため、業務経験や保有資格を自己PRに記載し、専門分野に関する能力の高さを採用担当者に伝えることが重要なポイントです。「公認会計士」、「中小企業診断士」、「SAP認定コンサルタント資格」などの資格を保有している場合には自己PRに記載しましょう。企業により求めている知識やスキルは異なるため、募集要件を確認した上で該当する知識やスキルの裏付けになる業務経験についてアピールすると良いでしょう。

私はIT分野のアナリストとして、2年間総合コンサルティングファームに勤務いたしました。主に、ミーティングの議事録作成、先輩コンサルタントのインタビュー同伴、情報収集と分析、資料作成等を任されており、一部コーディングも担当しておりました。生のデータを見ている立場として、ミーティングでも物怖じせず積極的に発言することを意識しており、実際に意見が採用されることもありました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

アナリストはコンサルタントのスタートポジションであり、中途入社での場合でもこのポジションからスタートする場合があります。職位が低い中でも与えられた役割を全うし、いかに工夫をしていたか、会社にどのように貢献してきたかをアピールすることで、採用担当者にあなたの活躍している姿をイメージさせることができます。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

コンサルタントの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!