Technique

戦略コンサルタント経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは戦略コンサルタント経験者の自己PR例文と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

戦略コンサルタントのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

戦略コンサルタントは特定領域についてアドバイスをするというよりは、フレームワークや考え方のプロフェッショナルとして上流の問題解決を行う職種です。戦略コンサルタントの「実績」としては、プロジェクトでの課題解決実績、担当業務、クライアントの業界や規模などが挙げられます。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えましょう。求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載するとよいでしょう。

職務経歴のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

戦略コンサルタントの業務では、マーケティング戦略、M&Aや組織再編などに関する知識に加え、クライアントの業界知識、論理的思考力、ヒアリング力、提案力、コミュニケーションスキルなどが培われます。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。また、中小企業診断士、MBA、公認会計士といった、転職先の業務に役立つ「資格」について記載することも有効です。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

戦略コンサルタントは専門性が高い職種なので、経験期間が長いこともアピールポイントのひとつになります。「アナリスト〇年」、「アソシエイト○年」、「マネージャー○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容に仕上げましょう。

戦略コンサルタントの自己PR例文集

戦略コンサルタントの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は、業界第5位のスマートフォンアプリ開発を行うクライアントのM&Aプロジェクトにて、買収先企業の候補選択、買収に向けた情報収集、M&A戦略の策定などの業務を担当いたしました。リサーチによりインドの制作会社が最適と判断し、M&A戦略をプランニングした結果、企業買収に成功いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

総合的なコンサルティング能力の高さをアピールするためには、M&A、組織再編、マーケティング戦略、新規事業の立案など、経営戦略に関わるコンサルティングを行った実績を記載するとよいでしょう。その際には、プロジェクト内容、担当業務、結果を明確に記載することで、あなたが活躍する姿をイメージされやすくなります。

私はこれまでの業務を通じて、経営者層に提案を行い続けてまいりました。マーケティング戦略を専門に担当しており、広告やSNSなどを利用したブランディングと集客力の向上を多数行いました。私たちの役割は、経験ではなくファクトに頼った提案が主であるため、直観的に受け入れられにくいご提案をすることがあります。そのため、提案の際にはなぜ直観的に受け入れにくいのかを分析、説明し、いかに納得していただくかを重視していました。それにより提案が通りやすくなり、結果にも繋げることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

戦略コンサルタントは、会社経営に関して戦略を立て、経営者層に対して提案を行うことの多い職種であるため、その経験はアピールポイントになる場合があります。提案の際に気を付けていたことや、経営者層への提案を通して得られた知見を記載しましょう。また、M&A、組織再編、マーケティング戦略、新規事業の立案など業務に関わるタスクは幅広いので、どの分野を得意としていたのかについても明らかにすることで経験業務をイメージしやすくなります。

私の強みはヒアリング力です。すべての案件についてご提案の前には必ずヒアリングを行いますが、その際にはクライアントが課題点として自覚している部分の掘り下げ以外にも視野を広く持ち、質問を行います。それにより潜在的な課題を発見でき、新たな案件として発注いただくこともありました。質問をする際には、視野を広く持つことのほかに、オープンクエスチョンではクライアントが答えにくい場合は具体例を出すことなどを意識しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

戦略コンサルタントはクライアントの持つ経営課題を解決する職種ですが、クライアントが自社の課題を完全に把握していることばかりではないため、潜在的な課題を引き出せるヒアリング力が求められます。コンサルティング業務で培われたヒアリング力は、顧客の悩みを引き出し解決する職種においてアピールポイントになります。記載するときは、ヒアリングが活きた経験や、気を付けていることなどを具体的に示しましょう。

私はチームビルディングを得意としています。例えば、若手のメンバーがいるチームでは、私自身が些細なことでも発言したり、積極的にポジティブなフィードバックをしたりすることによって誰でも意見を言いやすい雰囲気作りを行いました。また、大型プロジェクトにアサインされた際には、パートナーを含めて数十人規模の若手を含めた大人数のチームで動くため、全体ミーティングで集まるだけではなく、1人1人とコミュニケーションをとることによりチーム内の進捗管理や連携を図っています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

戦略コンサルタントは、チームで仕事を進めていくことが多く、アナリストやプロジェクトマネージャーとチームを組み、プロジェクト単位で業務に取り組むスタイルをとります。そのため、価値観の異なる関係者といかにうまく協力して成果を上げられるかが重要です。具体的なエピソードとともに、チームの中でどのような役割を担っていたか、チームのために工夫したことなどをアピールしましょう。

私はコンサルタントの業務に必要な知識を得る目的で、MBAと中小企業診断士の資格を保有しております。コンサルタントになる以前には、金融機関に7年間アナリストとして従事しておりました。コンサルタントになってからも金融に関する知識が役に立つと感じたため、より高度な知識を身に付けたいと思い、昨年MBAの資格を取得いたしました。
現職では、企業の経営戦略に関わる分析、戦略策定を担当し、クライアントの事業拡大、ブランディング、コスト削減などを実現しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

戦略コンサルタントの業務を通して身に付けた専門的な知識は、資格によって裏付けることができます。中小企業診断士やMBA、公認会計士など関連する資格を保有していればアピールしてもよいでしょう。資格を保有していない場合には、できるだけ具体的に業務経験について記載し、知識と経験をアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

戦略コンサルタントの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!