Technique

一般事務の志望動機例文

志望動機は、転職活動の書類選考や面接の合否に影響する重要なポイントの1つになります。例文を参考にして、自己アピールできる志望動機を作成しましょう。ここでは、一般事務の仕事内容や適性についても解説しています。魅力的な志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。

一般事務の仕事内容とは

一般事務職は社内の事務作業全般を担当する職種です。具体的な業務としては、受付や来客応対、電話応対、データ入力、書類のファイリング、郵便物の仕分け、文書作成、書類のコピーなどがあります。総務職や経理職など専門的な知識を要する事務職とは異なり、一般事務職の業務は専門性や難易度は高くありませんが、その分幅広いものとなります。
例えば、大事な役員会の会議室の予約や会議案内の作成をしたり、新入社員の入社後に必要な書類の提出を受け関係各所へ持参をする、など社内のさまざまな業務についてサポートをする役割のため、活躍が目に見える職種ではありませんが、周囲の人にとっては煩雑な仕事を引き受けてくれるお世話役として重宝される仕事です。

一般事務に求められる適性

一般事務は人気のある職種なので求人倍率が高く、実務経験が重視される傾向があるため、未経験から目指す場合であっても、ビジネスマナーやパソコンスキルなどの一般事務の実務に活かせる知識やスキルをアピールすることが重要です。

スキル面での適性

事務職に共通することですが、パソコンスキルは備えておきたいものです。高度なスキルはあるに越したことはありませんが、必須ではありません。それよりも、データ入力や文書作成の業務はおしなべて多く、スピードや正確性は大事なポイントです。また、グラフ作成のスキルがあるとデータ入力だけでなく会議資料などの作成を依頼される機会が増え、仕事の幅が広がっていきます。また、いろいろな人から業務依頼や指示を受けることが多いため、頼みやすい人柄や、コミュニケーション能力の高い人は適性があると言えるでしょう。

資格面での適性

一般事務職において必須の資格はありませんが、実務で活かせる資格を持っているとアピールポイントとなります。表計算やワープロ検定はパソコンスキルがあることを示し、資料作成やデータ入力に活かすことができます。簿記の資格があれば経理関係の仕事を任される可能性も出てきますし、受付や来客応対、電話応対では秘書検定取得で学んだことが活かされます。地域や業種によっても異なりますが、自動車運転免許は応募に際し歓迎される資格となる企業もあります。また、現代は大規模企業でなくても海外とのやり取りを行う機会が大変増えているため、英検をはじめTOEICなどの英語に関する資格を持っていると業務の幅がさらに広がります。

一般事務の志望動機の書き方

ポイント1、オフィスワークの実務経験を記載する

一般事務はオフィスワークが基本になるので、電話やメール対応、来客対応、ファイリングスキルなどに関する実務経験をアピールすることが有効です。また、企業によっては経理や人事などの仕事を補佐するケースもあるので、些細なことでも事務職に触れてきた経験を記載することで、採用担当者に関心を持たれる可能性があります。

ポイント2、応募先の企業を選んだ理由を伝える

一般事務の仕事はほとんどの企業にありますが、業務内容に大きな違いがないため、特定の企業を志望する理由を見つけにくいかもしれません。企業ホームページなどで社内の風土などを調べ、良いと感じた部分を志望動機に盛り込みましょう。「家から近い」、「福利厚生が整っている」なども志望理由としては適正ですが、強調できる要素にはなりにくいです。そういった点は面接で伝えるようにしましょう。

ポイント3、持ち味をアピールする

志望動機は自分自身をアピールする大切な情報源です。応募書類に記載した志望動機は、面接でも詳しく質問されることも多いポイントなので、あなた自身の持ち味をしっかりとアピールできるよう、経験やスキルだけでなく性格や志向などの人間的な部分も盛り込みましょう。

一般事務の志望動機の例文(サンプル)

志望動機を作成する際には、以下のような例文(サンプル)をテンプレートとして活用して、自分らしさの伝わる内容に仕上げることが有効な手段の1つとなります。例文をそのまま使用するのではなく、あなた自身の個性が正しく伝わるように適切にアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

一般事務経験者の志望動機サンプル

私はこれまでの事務職での経験を活かして即戦力として活躍したいと考え、貴社の一般事務職を志望いたしました。現職では、スキルを厳しくかつ正当に評価される派遣社員という雇用形態にやりがいを感じ、常にスキルアップをしながら3年ほど勤めてまいりました。より幅広い業務を担当できる会社で働きたいと考え、転職を決意いたしました。中途採用者が働きやすいようにときめ細かい研修制度を設けた貴社の理念と、実際に多くの方々が第一線で活躍されている社風に大変共感いたしました。Excelを使った表計算、グラフ作成など数字への強さには自信があります。これまでの事務経験を活かし貴社のお役に立ちたいと考えております。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

担当する業務の幅を広げたいというキャリアアップの意識が感じられます。
オフィスワークの経験年数を記載することで、基本的な業務スキルやビジネスマナーがあることも伝わりますし、自信のある業務について具体的な内容が記載されているのも信頼度がアップします。

一般事務未経験者の志望動機サンプル

私は、これまで培った経験を活かし、一般事務職として勤めたいと考え貴社を志望いたしました。現職では営業職として、お客さまへの訪問や電話などを用いた営業活動をしておりますが、営業活動に付随する報告書の作成や経費の精算などの事務仕事も並行して行っております。結果が目に見える営業活動にもやりがいを感じておりましたが、事務仕事での速さと正確さの追求が大変楽しく感じるようになりました。元来こつこつと作業をすることが好きという性質や、営業活動の中でお客さまと細いながらも長いお付き合いをしてきた粘り強さからくるものだと考えております。貴社は、全社員が一丸となって仕事を進めていく姿勢を理想とされ、事務職も敢えて専門分野に特化しない貴社の理念に大変共感いたしました。一般事務職としては未経験者ではありますが、根気強い性格と営業職の経験で得た気配りで貴社の戦力となれるよう学び続ける所存でございます。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

一般事務職としては未経験者であるものの、営業職としてこれまで勤めてきたことから、一般的な社会人としての資質は持っていると推測できます。営業職のようなガッツが必要とされる仕事も、事務作業のような細かい仕事もできることをアピールしています。また、自身の元々の性質や経験で培った性質をよく理解し、それを活かして学びたいと結ぶことで賢さと謙虚さをあわせ持った人物であることを示しています。

まとめ

一般事務の志望動機を作成する際には、実務経験や幅広い業務への知識、スキルをアピールすることが大切です。未経験から目指す場合であっても、ビジネスマナーやパソコンスキル、明るい人柄や前向きさなど、強調できる要素はあります。例文を参考にして、あなた自身のことを魅力的に表現できる志望動機を作成しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

一般事務の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!