Technique

経理・会計・財務の職務経歴書サンプルと書き方のポイント

経理・会計・財務は、会社のお金に関わる業務を担当するため、作業の正確性が求められるだけでなく、専門的な知識や経験も必要になる職種です。中途採用では即戦力を必要とする企業が多いため、同職種での業務経験があると優遇される傾向があります。職務に活かせる業務経験と知識を裏付ける業務内容や資格をバランスよく盛り込み、サンプル(見本)を参考にして自己PRできる職務経歴書を作成しましょう。

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEditWord形式のサンプルをダウンロードするDownload

経理・会計・財務の職務経歴書を書くポイント

専門知識・スキルが必要な業務内容や資格を記載する

経理・会計・財務は専門的な知識・スキル・資格が必要になる職種なので、担当可能な業務について職務経歴書に明確に記載することが重要です。企業側が求めている人物像にマッチするように配慮し、適切な書類を作成しましょう。また「日商簿記、フィナンシャルプランナー、公認会計士、税理士」といった関連資格を保持している場合には、そちらも漏れなく記載しましょう。経理・会計・財務は、幅広い業務を担当できる人材へのニーズが高い傾向があります。過去に経験した業務について思い起こし、記載漏れのないように整理してから書類作成を始めましょう。

管理力やコミュニケーションスキルを効果的にPRする

経理・会計・財務は業務の幅が広く、また社内関係者や社外の担当者とのコミュニケーションを取る頻度が高くなりやすい職種です。そのため、業務を円滑に進めるための管理力や素早い事務処理能力、高いコミュニケーションスキルが求められます。職務経歴書内の業務内容、得意分野等でそれらのスキルを明確にアピールしましょう。詳細な職務能力は、経験してきた業務内容だけではわかりません。作業量の多さや幅広い対応力、正確性等で職務能力の高さに関する情報を職務経歴書に盛り込んで自身をPRしましょう。

転職理由に納得できる職務経歴書を作成する

経理・会計・労務は企業活動を行う上での必要性が高いので多くの企業にそれらの部署があり、個人が担当する業務の幅は企業によって差があります。しかし、職務自体には大きな違いがないため、転職をする必要性に疑問を持たれるケースもあります。採用試験では書類選考の後に面接をする企業が多く、そこで人間性や転職理由の信憑性を見られるので、書類選考の段階で面接を見越した職務経歴書を作成しておきましょう。スキルや人間性をアピールしても、書類や面接に矛盾点があると信用されにくくなります。「キャリアアップ」や「職種転換」、「勤務地」等、正当性を認められやすい転職理由と職務経歴書を結び付けましょう。

経理・会計・財務に求められる能力

経理には、PCスキルや事務処理能力等の基本的な業務スキルに加え、決算業務等の専門性の高い業務を行うためのスキルが必要です。また業務をミスなく行う正確性やコミュニケーションスキルの高さも重要です。

会計は決算書等を読み取って企業内のお金や財産の動きを把握しておく必要があり、事務処理能力に加え、正確な情報を常に引き出せる職務能力が必要です。また、公認会計士等の資格があれば業務に活かせるでしょう。

財務は資金の調達および管理、財務データ分析、会社の予算編成等を担当し、経営面への助言をすることもあるため、フィナンシャルプランナーの資格や高レベルな金融面の知識等が必要になります。

基本的なPCスキルはもちろん、事務処理能力、コミュニケーションスキル、作業の正確性、管理能力、スケジューリング力等が経理・会計・財務に共通して求められる能力です。

経理・会計・財務の職務経歴書サンプル

職務経歴 概略

20XX年X月~20XX年X月 ○○ソフト開発 株式会社 経理・財務部部 経理課
20XX年X月~20XX年X月 同社 経理・財務部 資金課
20XX年X月~ 株式会社 ○○生命保険  経理部 経理課
  現在に至る

職務経歴

■20XX年X月~20XX年X月
○○ソフト開発 株式会社 経理・財務部 経理課
【事業内容:中小企業向けシステム開発事業/資本金:○億円/売上高:△億円/従業員:×名】

期間 業務内容
20XX年X月
~20XX年X月
(X年Xヶ月)
○○ソフト開発株式会社 経理・財務部 経理課
新人研修後、経理財務部 経理課配属
課長以下5名の部門で主に下記業務を担当

<業務内容>
● 仕訳伝票起票
● 売掛・買掛金集計業務
● 月次決算処理、年次決算処理(補助)

入社後3年目から上記業務をほぼ1人で担当
※年次決算処理は取りまとめてチェックし上司に報告

<その他実績>
■20XX年X月主任に昇格し、後輩2名の指導を任せられる
■会計システム(自社開発)メンテナンス時の担当として、経理部門の要求をまとめ、部門システム担当者として、直接業者折衝も担当。
■メンテナンス後、約20%(時間換算で調査)の業務効率化アップに貢献
20XX年X月
~20XX年X月
(X年Xヶ月)
経理財務部 資金課配属
課長以下5名の部門で主任として、主に下記業務を担当

<業務内容>
● 当座資金管理
● 資金繰り担当・金融機関借入折衝
● 売上計画取りまとめ、実績集計・予実差異分析業務
● 営業部門との折衝および予測データ作成

<その他実績>
■資金繰りについては、実務面を任され、金融機関との折衝についても1人で担当

■20XX年X月~20XX年X月 
○○保険相互会社 入社 本社管理部門収益管理課 配属
【事業内容:個人・法人向けに各種保険商品販売および資産運用コンサルティング/資本金:○億円/売上高:△億円/従業員:×名】

期間 業務内容
20XX年X月

現在
(X年Xヶ月)

株式会社 ○○生命保険  経理部 経理課
本社管理部門収益管理課 配属

<業務内容>
● 年度決算・中間決算
一連の決算業務は全て担当し経験。取締役会に提出する資料作成も担当
● 年度連結決算・中間連結決算
主担当としてチーム4名をまとめる。子会社など約10社(海外子会社3社含む)をまとめ、連結財務諸表・連結キャッシュフローを作成(海外資料は日本語翻訳も担当)
● 予算編成業務・予算管理(月次会計報告)
主担当として関連部署との折衝
● 法人税・地方税の申告書類作成
海外子会社および現地会計事務所から必要データをもらい法人税務申告書を作成

<その他実績>
■会計システム再構築の主担当として、チーム5名と関連部門の会計システム担当者をまとめ、全社に会計システム導入を果たす

得意分野

■書類・資料作成
決算資料や法人税の税務申告書など、企業活動における経理に関わる書類・資料作成を全般的に経験させて頂きました。

■マネジメント
経理の業務全体を管理し、経理課に所属するメンバーを統括する経験を通じ、マネジメントスキルを培いました。

保有資格

20XX年X月 日商簿記1級取得
現在 米国公認会計士
2科目合格(GAAP会計・税法/管理会計/公会計)

自己PR

私の強みは、経理の業務を全般的に経験した上で、財務や会計に関わる業務も経験していることです。特に金融機関との折衝経験を1人で担当させて頂いたことで、社内業務に限らず、対外的な業務にも自信があります。貴社では、それらの経験を活かして多種多様な業務に対応して参りたいと考えております。また、今後はこれまで以上にマネジメントに力を入れ、私が培った経験を同部署のメンバーに伝えて参る所存です。貴社にお役立てるように日々の業務を責任もって担当し、精進して参ります。

職務経歴書のセルフチェック方法

完成度を高めるために、内容を再確認することが重要です。
以下を参考にして、職務経歴書をブラッシュアップしましょう。

職務経歴書のチェック項目

職歴を「5W1H」で明確に伝えられていますか?

  • いつ(西暦表記・在籍期間)
  • どこで(在籍企業・所属部署・常駐先)
  • どんな立場で(役職・役割・責任の範囲)
  • 誰に対して(社内関係者・社外担当者)
  • 何を(具体的な職務・業務)
  • どれくらい(業務の範囲・規模・金額など)

自己PRになる情報を盛り込めていますか?

  • 成果・実績(業務経験・社内評価・コミュニケーション能力など)
  • 得意分野(マネジメント力など)
  • 専門スキル(業界知識・資格≪日商簿記、フィナンシャルプランナー・税理士・公認会計士・MOSなど≫)
  • 応用スキル(語学力・ビジネスマナー・PCスキル≪Word・Excel・PowerPoint≫など)

情報が正確に伝わる内容に仕上がっていますか?

  • ビジネス文書(名詞・体言止め)
  • レイアウト(記号・改行・表で見やすく)
  • 具体性(5W1H・数値・専門用語)
  • PRポイント(得意分野・業務内容)
  • 適性(求める人物像に合致)
  • マネジメント(人数・成果)
登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEditWord形式のサンプルをダウンロードするDownload

この記事に興味がある人へのおすすめ

経理・会計・財務の職務経歴書サンプルと書き方のポイント
この記事が気に入ったらいいねしよう!