Technique

経営企画・経営戦略経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つです。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは経営企画・経営戦略経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

経営企画・経営戦略のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

経営企画・経営戦略は、ヒト(人材)・モノ(商品、備品、店舗など)・カネ(売上、給与、投資など)に関する状況、マーケティング・M&A、新規事業の立案など、幅広い領域を担当するため、「実績」をアピールする際には担当した業務内容を詳細に説明することが大切です。経営企画・経営戦略の「実績」とは、利益改善実績、事業単位の成長率、業務改善の実績などです。求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

経営企画・経営戦略の業務を通して培った、経営に関わる専門知識、業界知識などの知識や、論理的思考力、情報収集力、プレゼンスキルなどのスキルは、アピールポイントになる場合があります。また、経営企画・経営戦略の業務に関連して、『中小企業診断士』、『MBA』、『公認会計士』などの資格を保有していれば知識・スキルの裏付けになります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験年数」を記載する

経営企画・経営戦略は、企業経営を左右する責任ある立場なので、専門性が高く、経験期間の長さもアピールポイントになります。経験の豊富さを伝えるために、「経営企画歴〇年」、「経営戦略歴○年」、「経営コンサルタント歴○年」などのように、「経験年数」についても記載しましょう。また、経理や人事からの異動を経ている場合には、ルーツとなる専門領域についても期間を示すことが重要です。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者に将来性を感じてもらえるような内容の自己PRに仕上げましょう。

経営企画・経営戦略の自己PR例文集

経営企画・経営戦略の実務経験や保有スキルなどは人によって違います。以下にいくつかの例文とその解説を載せているので自分に合った例文を参考にして、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分の強みがうまく伝わるような自己PRになるように編集して活用しましょう。

大手自動車メーカーの経営企画に5年間従事し、新規事業立ち上げのためのM&A戦略やマーケティング計画の立案などを行いました。20XX年に行ったM&Aでは、業界第2位の自動制御システムを開発する企業の買収に成功し、○年連続で増収増益を達成しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

経営企画・経営戦略は企業の経営を左右する企画の立案・実行に携わる職種なので、成功に導いた実績があり、信頼して任せられる知識・スキルを保有しているかどうかを企業は能力指標として見ています。経営へのインパクトが実績になるため、過去に企画・実行に携わった際の担当業務、売上の増加やコスト削減、事業拡大などの成果などについて数字を含めて具体的に記載し、能力の高さをアピールしましょう。

3C分析、SWOT分析などのフレームワークを用いて、市場・競合環境を分析しております。また、日経新聞のチェックを毎日行い、四季報にも定期的に目を通すことで、情報収集を継続的に行っております。国内の専門誌や情報サイトだけでなく海外の情報も収集することで、知識やデータを蓄えて分析材料を増やし、精度の高い分析を行えるように尽力してまいりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

経営企画・経営戦略には、企画立案、組織再編やマーケティングなどの戦略を策定するための情報収集を行い、分析するスキルが必須です。フレームワークやツールを利用し、どのように分析を行っていたかを明確に示し、情報収集を行うために努力していたことについても合わせて伝えましょう。その結果どのような戦略が生まれたかなどのエピソードがあると尚良いです。

決定した戦略を滞りなく実行するために、各事業部との連携を日頃から欠かさずに行うようにしております。また、決定事項を下ろす形ではなく、調整段階から共有やヒアリングを行うことにより、現場が納得した上で実行できる環境づくりに注力して参りました。現場のモチベーション管理や目的意識の形成も、現場のトップと随時相談しています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

経営企画・経営戦略は単に企画の立案を行うだけでなく、経営陣と現場の調整などを含めて計画を社内で滞りなく実行できる力が必要です。実行力はあらゆる職種で重宝されます。実行力をアピールする際には、社内調整力やプレゼン力などの要素を盛り込み、エピソードや気を付けていることなどを記載しましょう。

私はSNS事業を主軸とする企業において、新たにゲーム事業の開発を担当しました。企画から実行、修正まで携わり、特に、企画フェーズは私が中心となり進めました。事業基盤は活かした上でマーケット調査やテクノロジー周りの情報収集などを綿密に行って立ち上げたゲーム事業は、現在1億規模まで拡大しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

新規事業開発は経営企画の業務の一部である場合が多いため、関連職種やベンチャー企業への転職などではアピールポイントになる場合があります。アピールする際には、担当したフェーズや、携わった事業の実績などを伝えることで能力の高さを伝えられます。

私は経営企画部の経営戦略チームに3年間従事し、マーケティングを主に担当しております。経営戦略に関わる知識・スキルを身に着ける目的で、『MBA』と『中小企業診断士』の資格を取得いたしました。資格取得後は、経営についての体系的な知識が身に付き、より戦略的な計画の立案ができるようになりました。その結果、20XX年には新規顧客数が前年比320%増加いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

経営企画・経営戦略の業務に関連して、『MBA』、『中小企業診断士』、『公認会計士』などの経営・企業分析などに役立つ資格を取得した場合は、応募する職種によって採用で有利になる場合があります。資格を保有している場合には、取得した理由、業務で役に立ったエピソードを含めて伝えましょう。また、資格取得に向けて努力している場合には、その旨をアピールしても良いでしょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

経営企画・経営戦略の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!