Technique

経営企画・経営戦略の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、経営企画・経営戦略の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しましょう。

経営企画・経営戦略の仕事内容とは

経営企画・経営戦略は、企業の中長期の経営目標とそのステップである戦略の立案・策定を行い、実施の管理などを担当する職種です。中小規模の企業では社長あるいは経営陣が担うことが一般的ですが、ある程度以上の規模になれば、そうした機能を果たす「経営企画・経営戦略」といった室や部が必要になり、企業のエース的な人材が配置されることが多い部署です。

経営企画・経営戦略の仕事は具体的に、市場や競合他社・自社についてのデータを収集・分析し、経営目標や実施計画などの「経営戦略」を立案し、経営会議を運営して決定をサポートします。また、決定した経営戦略を全社で実施する際の管理も行います。扱うテーマは、どのような企業を目指すべきか、時代の変化を前にして今後の企業経営はどうあるべきか、といった中長期の視野に基づくものですが、経営に関する個別テーマ、例えばM&Aやコスト削減、組織再編、マーケティングなどの戦略立案・策定にも取り組みます。コンプライアンス関連や労務状況の確認・改善などに関わる場合もあります。そのように、経営企画・経営戦略は、企業の経営を左右する重要な仕事を担います。

経営企画・経営戦略に求められる適性

論理的思考力に優れる

経営企画・経営戦略には、自社が抱えている経営に関する課題を解決するために、データ収集方法や定性・定量分析の各手法、経営目標や戦略を組み立てるのに用いるビジネスフレームワークなどを駆使して、高い論理的思考力を発揮させる必要があります。経験者ならこれまでの具体的な調査方法や分析に用いたフレームワークなどを明確にして、ロジカルシンキングのスキルレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。

高いコミュニケーションスキル

経営企画・経営戦略の仕事には、経営層や各部署へのヒアリングやプレゼンテーションが伴うので、情報を引き出す質問力や傾聴力、また本音を引き出す会話力など高いコミュニケーションスキルが求められます。また、戦略の実行段階になると、さまざまな部署との地道な調整が続き、多くの人を巻き込んでプロジェクトを推進することが求められます。プロジェクトリーダー経験や社内外のステークホルダーとの調整経験など、利害調整業務を行ったことがあれば評価されるでしょう。

プレッシャーに強く、責任感が強い

経営企画・経営戦略は、経営企画・経営戦略は、社運のかかった経営課題に取り組むため、既に述べたようなハイレベルのビジネススキルだけではなく、プレッシャーに強いことややり抜く強い責任感も必要です。心身のタフさや時間や労力の配分を自律的に管理して状況に適応できる自己マネジメント力の高さも必要でしょう。

経営企画・経営戦略の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

経営企画・経営戦略の業務では、論理的思考力、コミュニケーションスキル、情報収集スキルが必要です。また、経営関連の専門知識や業界知識なども求められます。まずは過去の職歴を振り返り、業務経験から得たアピールできる保有スキル知識についてのレベルを正確に採用担当者に伝えましょう。未経験からは目指しにくい職種で、中途採用ではコンサルタント経験者や財務や人事、マーケティングといった分野で全社的な課題に取り組んだ実績がある等の条件付きの求人が多いです。そのため、未経験者も転職後に活かせる知識・スキルを業務経験や資格などで丁寧に伝えましょう。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。その際に、事実や本心に反したことを書くと、選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があります。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容の志望動機を作成しましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や実務スキルなどをアピールした上で「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため、キャリアパスなどを明確にして「やる気」をアピールすることが大切です。

経営企画・経営戦略の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き変えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらない恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

経営企画・経営戦略経験者の志望動機サンプル

私はカー用品製造・販売会社の経営企画に3年間従事しております。国内の販路拡大と海外販路開拓の経営戦略を進め、直近ではカーシェアリング事業参入の経営計画の策定に携わっています。現職では、情報収集と自社や市場・競合分析業務を私1人で担当しています。新規事業の立ち上げに関わったことで、やりがいの大きさに強い魅力を感じ、新規事業開発を数多く経験したいと思うようになりました。そのキャリアプランが実現できる求人として、主力の賃貸不動産事業の周辺分野で複数の新規事業開発を目指し、データ分析に強い人材を募集している貴社に応募したいと考えました。次の成長戦略に向けて自社の課題の洗い出しからスタートしたいという貴社で、ぜひ即戦力として活躍し、ロジカルな戦略立案と新規事業開発で貢献したいと強く希望しています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・経営企画の業務経験や資格で、保有知識とスキルが伝わる内容が記載されています。
・企業側が納得できる前向きな転職理由と企業を選んだ理由が記載されています。
・企業側が求めている人材像やスキルを把握していることを示した上で即戦力をアピールし、さらに強い意欲が感じられる内容になっています。

経営企画・経営戦略未経験者の志望動機サンプル

私は広告代理店の経理部に5年勤務し、IR向け財務諸表の作成や損益計算書など管理会計資料の作成を担当しています。現職企業でM&Aが検討され、経営コンサルティングの方々と仕事をする機会に恵まれました。大変刺激を受け、経営戦略という大きな視点での課題に取り組める人材へステップアップしたいと考え、貴社の経営企画の求人に応募させていただきました。デジタルマーケティング業界でのシェア拡大に向けて、経営管理で実際に数字を追って手を動かせる人材に経営陣の経営戦略策定サポートを行ってほしい、という明確な貴社の求人内容を拝見し、ぜひとも入社したいと希望しております。税理士の資格も持っており、広告業界の知識とあわせて即戦力として貢献できると考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・経理業務のなかでも財務会計、管理会計の諸表作成を担当して経営の数字を扱える人材であることが示され、未経験からの転職でも即戦力として経営企画に役立つ知識・スキルを保有していることをアピールできています。
・経営企画を希望するきっかけを説明しており、自身のステップアップという転職理由と、即戦力として自身のスキルが合致する企業を選んだという理由のどちらも納得できます。
・税理士の資格で専門知識の裏付けを示し、広告業界の知識もある人材ということもアピールできています。

まとめ

経営企画・経営戦略の志望動機を作成するには、業務経験や保有スキルを具体的に記載したうえで、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

経営企画・経営戦略の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!