Technique

一般事務経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは一般事務経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

一般事務のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報などに目を通し、採用企業側の目線で評価される情報を記載することを意識しましょう。

転職後に活かせる「経験」を記載する

一般事務は、オフィスワーク全般や経理・人事の業務補佐などを担当することが一般的です。企業によって担当する業務はさまざまです。深い専門知識は求められない分、幅広い業務への対応力を求められる場合が多いです。過去に担当したことのある「事務の業務」について自己PRに記載し、仕事への対応力をアピールしましょう。また、受付や来客対応などの対外的な業務を行う可能性もある職種なので、営業経験や接客経験などもアピールポイントになりやすいです。

職務経験のレベル感が伝わる「パソコンスキル」「専門知識」を記載する

一般事務は、デスクワークと顧客対応が基本です。一般的にワード・エクセル・パワーポイントなどのパソコンスキルは、保有資格や使える機能も記載することで、スキルのレベル感を伝えることができます。また、経理・労務・人事などの専門性のある事務職の経験、法律や簿記などに関する専門的な知識も、一般事務としてのレベルの高さをアピールできる素材になります。求人の募集要件や企業サイトなどを確認し、企業がどのような人材を必要としているのかを把握した上で、それにマッチするスキルを選んで記載しましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

一般事務の業務では、それほど専門性の高い能力は求められないことが一般的です。しかし、人気の高い職種なので、中途採用では経験豊富な人材の方が有利です。一般事務の経験がある場合には「事務職経験○○年」、「一般事務経験○○年」、「営業事務経験○○年」などのように「期間」について自己PRに記載し、採用担当者があなたの経験の豊富さをイメージできるように工夫しましょう。

一般事務の自己PR例文集

一般事務の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私の強みはPCスキルの高さです。マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得し、業務では主にWordでの書類作成(見積書など)や、Excelでのデータ入力、集計作業にそのスキルを活かしております。また入力速度にも自信があり、データ入力や書類作成などの作業をスピーディに行うことができます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般事務職はオフィスワーク全般に携わることが一般的ですが、担当する業務の内容は企業によって異なります。例文のように、保有スキルを業務にどう生かしているか具体的に記載しましょう。

私の強みは、正確な作業をスピーディに行えることです。現職では事務職として勤務し、書類作成、データ入力、郵便物の仕分けと発送、伝票処理、備品の管理などを担当しております。常に時間を意識しながらスピーディに作業を行うことを意識しており、今後もより多くの仕事をこなせるように成長してまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企業によっては一般事務職が担当する業務の量が多くなるため、作業を多くこなせることがアピールポイントになる場合があります。担当業務の作業量が多く、スピードに自信がある場合には、作業の正確さを含めてアピールしましょう。

私は主体的に考えて行動することを心掛けております。部署全体の業務の進捗状況に常に気を配り、指示を待つことなく優先順位の高い業務を自ら見つけることができます。ゆくゆくは経理や会計の仕事にも携わりたいと考えておりますので、簿記1級の取得に向けて勉強しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般事務職は人気の高い職種なので、他の応募者よりも優れたスキルやモチベーションの高さをアピールすることが重要です。優秀さや将来性の高さを採用担当者に伝えて差別化を図りましょう。「転職後にどのように成長したいか」、「どのように主体的に仕事をしているか」といった情報を自己PRに盛り込むことが効果的です。

私の強みはホスピタリティの高さです。現職では基本的な事務作業に加え、来客対応や経理、人事の補佐も担当させていただいております。お客さまに対応するときだけでなく、天気が悪い日に来訪されたお客さまにはタオルをご用意したり、受付電話の清掃をこまめにしたりなど、一つ上の気配りを心掛けております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般事務職は来客対応や社内関係者とのコミュニケーションを取る機会が多くなりやすい職種なので、ホスピタリティのある人材は評価されやすいです。業務上で実際に行っていたことや心掛けていたことがある場合には、自己PRに記載して採用担当者にアピールしましょう。

私の強みは、誰に対しても物腰の柔らかい対応ができることです。明るい声色と低姿勢を常に意識し、好印象を持たれやすい行動を取ることを心掛けております。現職では複数の部署で事務アシスタントをしておりましたが、すべての課で同僚と良好な関係を保っておりました。貴社の一般事務職は、受付業務を含むとのことでしたので、持ち前の笑顔でお客さまをお迎えしたいと思います。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般事務職に向いている性質であることもアピールポイントの一つです。しかし、そういった姿勢を実績で示すことは難しいので、働き方や心掛けていることを盛り込んで応募先でどう活かすつもりなのか記載しましょう。また、面接時に物腰の柔らかい態度で臨むことも大切です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

一般事務の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!