Technique

事務職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは事務職経験者の自己PR例文とアレンジのコツの自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

事務職の自己PR例文とアレンジのコツのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

事務職の業務は、一般事務・営業事務・人事・経理・総務など、所属する部署や企業の規模・業界などによって異なります。作業としての業務内容だけでなく、業務を通して何に貢献していたかを記載することが、他の応募者との差別化にもなり、あなたの事務職としての「実績」アピールに繋がります。求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。また、できるだけ数値化した「実績」があると分かりやすいため、一般事務などの場合でも顧客対応やデータ入力の件数など、数値化できる部分についてアピールすると良いでしょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

事務職の業務を通して培った、コミュニケーションスキル、PCスキル、経理・人事・労務などに関わる専門知識・スキルなどはアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。また、「Microsoft Office Specialist(MOS)」、「日商簿記」、「TOEIC」などの資格を保有している場合は、知識やスキルを示すのに有効です。企業目線で評価できるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

事務職は人気の高い職種なので、事務職内での転職の場合は、経験期間をアピールして即戦力であることを伝えることが有効です。経験の豊富さを伝えるために、「一般事務○年」、「営業事務○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

事務職の自己PR例文とアレンジのコツの自己PR例文集

事務職の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は社員数100名程度の部品メーカーにおいて総務を担当しており、幅広い業務に携わってまいりました。Microsoft Office Specialistの資格を保有しており、Wordによる契約書や報告書などの文書作成、Excel関数を用いた予算管理表などの作成、PowerPointによる会議や株主総会などの資料作成を行えます。また、業務ではデータ入力を行っており、迅速で正確なタイピング入力が可能です。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般的に、事務職にはPCスキルが求められるため、事務系職種の求人に応募する場合はスキルを具体的にアピールしましょう。タイピングスキルやMicrosoft Officeの知識やスキルなどの基礎的なPCスキルがあれば対応できる場合が多いですが、業務内容によっては高度なスキルが必要なこともあります。ツールやスキルレベルに関する情報を盛り込むことで、転職後に必要な知識やスキルを持っていることを伝えることができます。

私は住宅メーカーにて5年間営業事務を務めております。顧客向けの資料作成など、営業担当者のサポート業務以外にも、メール・電話の問い合わせやクレーム対応、来客対応など、対外的な業務も担当しておりました。電話対応時にはお客さまの知識レベルを意識し、丁寧に説明することを心掛けております。業務を通してさまざまなお客さまの対応を行ったことで、顧客対応力が身に付いたと自負しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般事務や営業事務などの業務で、電話・メールへの対応やクレーム対応、来客対応を行っていた場合は、業務で培った顧客対応力が、営業や接客・サービス業への転職を志すときのアピールポイントになります。対応時に意識していたことや、顧客対応を行って営業担当者や顧客に貢献できたエピソードなどを記載しましょう。

人事部の一般事務に3年間従事し、顧客対応、書類作成、会社説明会などの企画・運営補佐などを担当しております。顧客や社内関係者とのコミュニケーションでは気遣いと誠実な対応を徹底いたしました。例えば、天気が悪い日に来訪されたお客さまにタオルをご用意したり、想定より早く事務作業に対応できそうな場合にはできるだけ正確な時間をお伝えしたり、常に部署内の業務がスムーズに進むように心掛けております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

事務職は書類作成やデータ入力、部署内の業務補佐などを行う場合が多く、顧客や社内の関係者とのコミュニケーション頻度の高い職種です。そのため、事務系の職種に応募する際には、きめ細やかな気遣いができることがアピールポイントになります。業務で工夫していたことや、どのように周囲に貢献していたかなどを明らかにして、業務中に発揮した気遣いや誠実な対応についてのエピソードを記載しましょう。

私は総合商社にて事務職として4年間勤務し、TOEIC 700点の語学力を活かして海外のお客さまの対応を行っておりました。具体的には、受発注業務・見積作成・海外電話やメールのやり取りなどを行ってまいりました。業務をするにあたって、契約や細かい点については電話のみでなくメールでもやり取りを行い、齟齬がないようにすることなどを意識し、正確なコミュニケーションを心掛けておりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

貿易事務をはじめとして、業界・企業によっては事務職に語学力も求めている場合があります。求人情報や業務内容を確認し、語学力を必要としている企業に応募する場合は、これまでに経験した語学力を活かした業務とともに、TOEICの点数や留学経験なども伝えることが大切です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

事務職の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!