システムエンジニアの人気職種 社内SE(社内システム企画)の仕事内容、人気の理由とは

求人数も多く、文系でも就業可能なSEの中でも特に人気を集めているのが社内SE(社内システム企画)の仕事。高度情報社会となった今日において、今後も需要の増加が見込まれる社内SE(社内システム企画)の仕事内容と人気の理由に注目してみましょう。

システムエンジニアの人気職種 社内SE(社内システム企画)の仕事内容、人気の理由とは

社内SE(社内システム企画)とは?社内SEの仕事内容

社内SE(社内システム企画)とはバックオフィスにおけるIT専門職です。情報システム部門の一員として、社内のIT環境を整えます。企業における情報システムとは、組織内の効率的な意思決定や活発なコミュニケーションに関する物事の総称であり、現代の企業のビジネスには欠かすことができません。システムの設計・開発はもちろんですが、既存のシステムを安定的に運用するための管理も重要な業務です。新しいシステムを導入する際には、自社内で開発することもあれば、外部に発注することもあります。システムが完成していくまでの工程で言えば、まさしく最上流での開発を行うことの出来る仕事であり、ITエンジニアのキャリアアップにおける最終到達点として人気のあるポジションです。

【関連記事】システム開発、「上流下流」とは?

社内SEと開発(客先常駐型)SEの違い

社内SEと似て非なる職種として、開発(客先常駐型)SEの仕事があります。両者の大きな違いは、社内SEが自社のためのシステム開発に携わっているのに対し、常駐型SEは他社のためのシステムを開発しているという点です。SE全体の傾向として、次第に「発注される側」から「発注する側」へ変わることが多くなっています。したがって、社内SEは人数を絞って採用し、実際の開発は他社へ発注することが多いです。

【関連記事】発注をされる側、業務アプリ開発の仕事とは?

社内SEが人気の理由

一般的にSEの仕事というと、納期前の残業や過酷な労働環境が強く印象に残ります。しかし、社内SEの魅力はこういったSEに特有の労働環境とは違う環境で働けるという点が挙げられます。どんなにやりがいのある仕事でも、ワークライフバランスや健康面での心配を考慮すると、社内SEに人気が集まる理由もうなづけます。また、客先常駐型のSEとは異なり、基本的に開発するのは自社のシステムとなります。自社内で仕事ができる点も大きいですが、何よりも自分の属している企業のために開発ができるというやりがいがあります。システム開発における上流から従事できる点も魅力の一つです。ただし、社内SEにもデメリットはあります。例えば、自分で手を動かして開発する機会が奪われる危険があります。開発そのものにやりがいを感じている方であれば、次第に仕事に対する熱意が薄れていってしまうかもしれません。さらに、社内での開発となるため各部署との綿密かつ良好なコミュニケーションを取る力が求められます。社内での要望や不満を吸い上げ、細かい調整を入れながら開発に取り組まなくてはなりません。

社内SE(社内システム企画)の平均年収は?

社内SEの平均年収は、550万円ほどです。年代別にみてみると、20代の平均年収は360〜410万円程度。30代の平均年収は490〜540万円程度。40代の平均年収は630〜680万円程度となっており、プログラマーや他のSE職種の平均年収と比べても高めの基準です。

【求人情報】社内SEの平均年収、550万円以上の社内SE求人をみる

社内SE(社内システム企画)へ転職時に有利になるスキル・経験、資格

社内SEへの転職の際には、さまざまな経験と能力が有利に働きます。
まず、インフラ全般に対するの技能・技術能力では、社内のネットワーク構築が業務内容に含まれる場合は必要になります。また、発注先顧客と仕様を詰めるような場面や社内の他部門との調整が発生するためのコミュニケーション力が求められます。さらに、システム的な面だけでなく、業界の専門知識、資格も有利に働きます。これは、業務を円滑に進めるためには自社の業界について、他部門と同じように理解しておく必要があるからです。金融等の専門知識が求められる業界であれば金融アナリストや証券外務員などが有利になる場合もあります。システム以外の面では、人事労務、経理などのバックオフィス系、もしくは生産管理、物流などの業務知識が求められます。社内SEを募集している企業の業界や求められる業務知識をしっかりと分析しそれに近い経験をアピールする必要があります。

【関連記事】社内SEを目指すため、まずはインフラに強いエンジニアを目指す!

社内SE(社内システム企画)の履歴書・職務経歴書作成のポイント

社内SE職は外部企業やベンダーをハンドリングを主とするケースが多いため、リーダー経験や業務知識、ベンダーコントロールなどの経験を重点的に記載しましょう。履歴書・職務経歴書の具体的な書き方については、以下のページを参考にしてください。

社内SE(社内システム企画)の今後のキャリアパス・キャリアプラン

社内SEは、社内システムの運用などから、新規システムの企画やそのための予算獲得など年齢や経験があがるほど経営に近い目線、立場での業務が増えます。将来的にはCIO(最高情報責任者)を目指し、情報システムの観点から会社経営に携わることが出来ます。また、企業で得た業界知識とSEの知識を活用して、自ら起業する動きも増えてきています。こんなものが作りたいという純粋な気持ちがあれば、後はそれを形に変えるだけの力を身につけることがカギとなるでしょう。


その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。