Get Ready

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

IT業界の先端を走る! 一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
システムエンジニアの仕事内容はどのようなものでしょうか? 今回は、システムエンジニアの中でも特にスマートフォンアプリやWebサービスといった一般ユーザーが使うシステムを作る場合の仕事内容や、やりがい、厳しさ、向いている人などについて詳しく説明します。業務系システムを作るシステムエンジニアについては、こちらの記事で説明しています。

システムエンジニア(SE)の主な仕事内容

エンジニアと言うと、パソコンに向かってプログラミングをする人というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実は、システムエンジニアのメインの仕事はプログラミングではありません。

システムエンジニアとは、SE(エスイー)とも呼ばれる、ソフトウェア開発における上流工程を担う職種です。具体的には、どんなシステムを作るのかを考える「要求分析・要件定義」、「基本設計」、「詳細設計」といった業務がメインです。もちろん、考えるだけではなく、実際にコーディングをするプログラマがシステムを作るための設計図である仕様書を作ったり、できあがったシステムをテストしたりするのもシステムエンジニアの大事な仕事です。

ここでいうシステムとは、携帯電話やデジタルテレビなど私たちの生活に身近なものから、工場の生産設備や医療機器といった企業内で使われる専門的なものまで、コンピュータで制御するさまざまな仕組み全般を指します。

開発したものが一般ユーザーに使われるものを「to C」、企業内の業務で使われるものを「to B(業務系)」と言い、それぞれの開発に携わるシステムエンジニアには異なるスキルが求められ、仕事の進め方もそれぞれに特徴があります。

一般ユーザー向けサービスのシステム開発は、サービス自体の移り変わりが速いのと同様に、使う技術やツールの移り変わりが速いのが特徴です。世の中の流行を取り入れていく柔軟な姿勢が求められます。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事のやりがい

・最新の技術を扱える
・スピード感を持って働ける
・キャリアパスが豊富

スマートフォンアプリや、Webサイトなどの一般消費者が利用するサービスを作るには、AIの進化や新デバイスの登場に合わせて、常に新しい技術が使われます。そういったIT業界の最先端技術に興味がある人は、常に刺激を得られる環境と言えるでしょう。

開発手法についても、スピーディかつフレキシブルな対応ができるアジャイル開発という手法がスタンダードです。従来多かったウォーターフォール開発は、プロジェクト完了日や仕様について決めると後から計画変更されることはほぼないのに対し、アジャイル開発は短い設計開発サイクルを回していくため、途中での細かな仕様変更などに対応することができます。ただし、開発手法については、企業やプロジェクトによって変わるので必ずしも一般消費者向けシステム開発の特徴というわけではありません。

キャリアパスについては、後半の「キャリアパス」の項目で詳しく説明しますが、業務系システムのエンジニアに比べ、幅広いキャリアパスがあります。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事の厳しさ

・責任が大きい
・常に最新の技術を学ばないとついていけない
・スピード感が早い

システムが完成するまでの全工程の責任者であるシステムエンジニアは、それだけ感じる責任も重くなります。スケジュールの遅れや、バグの発生など常に精神的にプレッシャーを感じるかもしれません。

また、やりがいの裏返しではありますが、常に勉強し続けないといけないことや仕事のスピード感に追われるという厳しさもあります。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・ITに関する最新技術への興味
・顧客折衝の経験
・コミュニケーション能力

【資格】
・情報システム試験
・基本情報技術者試験
・情報処理技術者能力検定

未経験からいきなりシステムエンジニアとして採用されるケースは稀で、まずはプログラマとして開発経験を積み、システムに関する知識やプログラミング技術を身に付けた上でキャリアアップしていくのが一般的です。その際に、営業販売職などで顧客と折衝した経験などがあるとシステムエンジニアとしての付加価値になるでしょう。

また、クライアントの担当者の中にはITに関する知識が少ないこともあります。そういう相手に専門用語を使わずに提案内容を伝える言語化能力も必要なので、相手のレベル感に合わせて説明の仕方を変えられるようなコミュニケーション能力は仕事に活かせるでしょう。

未経験からシステムエンジニアを目指すなら、上記の資格試験を勉強したり、独学でプログラミングを勉強したり、趣味から何かシステムを作ってみたという経験があるだけでもアピールポイントになります。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアに向いている人

一般消費者向けシステムを作るシステムエンジニアは特に最新のIT技術に触れる機会が多いため、流行の技術に興味を持ち、勉強し続けたいという人にも向いています。

開発スケジュールによっては残業が増える時期もあるため、体力に自信がない人は向いていないかもしれません。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアのキャリアパス

常に最新技術を身に付けて技術のスペシャリストを目指したいという志向のエンジニアが多く、より新しい技術が学べる業界や会社に転職をする人が多いようです。また、技術力を活かして、サービスそのものを企画する「サービス企画」や、作ったサービスを世の中に広める「マーケティング」の方に仕事の幅を広げていくキャリアもあります。プロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネジャー(PM)の道に進むキャリアをイメージしている人は、法人向けシステムのシステムエンジニアの職種をチェックしてみてください。

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの最近の動向

近年、IT分野の成長にともないシステムエンジニアの需要は高まっています。よって採用競争も熾烈となり、システムエンジニア向けの制度や待遇を整えて人材を獲得しようと企業はさまざまな努力をしています。例えば、職種未経験のシステムエンジニアを採用している企業では、業務に必要な資格を入社後すぐに取得できる研修制度を整えていることもあります。

また、働き方改革の波及で、IT業界でこれまで言われてきた長時間労働などはここ数年で大きく改善されてきています。

未経験から一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアを目指すには?

一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事内容ややりがいについて説明してきましたがいかがでしたでしょうか? ここでの説明は一般的なもので、詳しい業務領域や求められるスキルは、企業や開発チームによって異なります。未経験からシステムエンジニアになるのは難しく、まずはプログラマから経験を積むのがおススメです。

未経験からシステムエンジニアを目指す場合は、今いる業界の知識を武器に、未経験採用を行っている企業を探してみましょう。求人情報を見る際は、「入社後の成長サポート」や「福利厚生」の項目をチェックして、転職後にどのようなサポートを受けられるかを確認すると良いでしょう。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

IT業界の先端を走る! 一般ユーザー向けシステムを作るシステムエンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説
この記事が気に入ったらいいねしよう!