Get Ready

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

webアプリ開発(WEBアプリケーション開発)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)は、Webブラウザから利用できるアプリケーションの開発業務を行う職種です。Webアプリ開発の仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にもわかりやすくまとめました。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の主な仕事内容

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)は、Internet Explorer、Google Chrome、SafariなどのWebブラウザから利用できるWebアプリケーションを開発する職種です。一般ユーザーが利用するメールアプリケーションやSNSアプリケーション、オンラインショッピングサイトなどがWebアプリケーションに該当します。

Webアプリケーションを開発するエンジニアは、一般ユーザーが利用するWebアプリケーションだけではなく、企業内で利用する業務アプリケーションを開発する場合もあります。アプリケーションエンジニアは上流工程を担当するため、企画をもとに要件定義、設計を行い、それから開発でのプログラミングやテストを行います。論理的思考力や設計、プログラミングスキルが必要で、さらにプロジェクトを組んで業務を行うケースが多く、コミュニケーション能力や開発スケジュールなどの管理スキルも求められます。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の仕事のやりがい

・多くの人に影響を与えるアプリ開発ができる
・エンジニアとしての成長を実感できる
・社会的なニーズの高い職種

開発するWebアプリケーションによっては、「利用者数の多いもの」、「それまでは世の中になかったもの」、「利用することで生活などが見違えるように変わるもの」などといった社会に大きな影響を与えられる可能性があります。そういった影響力のあるアプリケーションを創出できれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。

また、仕事を通して様々なカテゴリ・ジャンルのアプリケーション開発に携わることで、エンジニアとして成長できることにやりがいを感じる人も多くいます。Web業界は移り変わりが激しく、新しいものや進化したものが次々と生まれていくので、新しい技術やトレンドに頻繁に触れることができ、エンジニアとしての成長を実感しやすいでしょう。

IoT化した製品の普及が進み、Webアプリ開発にもその影響が広がっていくことが予想されています。それに伴ってWebアプリ開発の広がりも加速するため、アプリケーションエンジニアの需要はますます増えていくでしょう。転職してキャリアアップを目指す人にとって魅力的な分野といえるかもしれません。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の仕事の厳しさ

・残業が多い
・開発段階でプレッシャーを感じる
・技術者として成長し続けなければならない

Webアプリ開発の仕事は、残業が多くなることも少なくありません。特に期日が近かったり、作業量の多い複雑なプログラミングを行ったりする際には、多忙を極めることもあります。そうした労働環境に対して厳しさを感じるかもしれません。

Webアプリ開発に携わっていると、開発したアプリケーションが設計通りに正しく動作するか、開発したアプリケーションが目的通りの成果をあげるかなどのプレッシャーを感じることがあります。プロジェクトの終了まで自身をコントロールし、また役割によっては周囲の士気もあげながらWebアプリのリリースまで持っていく大変さがあります。

アプリケーションエンジニアに求められるプログラミング言語は、開発するアプリケーションの種類により異なり、人気のある言語や最新の言語、さらに開発環境に関する技術にも対応していかなくてはいけません、常にアンテナを張り、学び続けることに対して厳しさを感じる人もいるでしょう。経験を積めば監督者としてのマネジメント能力も要求され、身につけなければならないスキルが増えていきます。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・プログラミング言語に関する知識とスキル
・Web以外に関する知識とスキル
・コミュニケーション能力

【資格】
・システムアーキテクト試験
・プロジェクトマネージャ試験

Webアプリ開発の仕事をするには、プログラミング言語の知識やスキルが必須です。さらにユーザーに近いフロントエンド側なのか、サーバーサイド側なのかで必要な技術が異なるうえに、デザインなどの知識が求められることもあります。多くの知識・スキルはアピールポイントになるので、実務経験や保有資格をもれなく応募書類に記載しましょう。また、プロジェクトで業務にあたることが多いため、コミュニケーション能力やプロジェクト管理能力も重要です。

Webアプリ開発として働くために必須の資格はありませんが、システム開発の設計といった上流工程のスキルを示す「システムアーキテクト試験」や、プロジェクト全体の責任者として管理できるスキルを示す「プロジェクトマネージャ試験」などはアピールになります。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)に向いている人

設計から開発、動作テストなどWebアプリ開発の工程では、一人でパソコンに向かい作業することや、正確で細かな作業を求められる場面がいくつもあります。そうした仕事内容をストレスに感じにくい人が向いています。

しかし、開発はプロジェクトチームを組むため、チームメンバーや関係者と連携して仕事を進めます。そのため人とのコミュニケーションが嫌いではなく、協調性のある人が必要です。他者が作業をしやすいように配慮したプログラミングを行うなどの気遣いをできる人にも適性があります。

Webアプリの分野は、新しい技術や人気のサービスなどが次々に現れる変化の激しさがあり、様々な技術やスキルを習得し続けることが必要です。こうした自発的な学びが積極的にできる、好きだから楽しめるといった人に向いています。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)のキャリアパス

Webアプリ開発に転職するためには、プログラマーなどの職種で経験を積み、スキルを高めてから目指すことが一般的です。また、システムエンジニアとして要件定義や設計などの上流過程での経験を積むことも役立つでしょう。

Webアプリ開発に転職した後には、チームリーダーを経て責任者として「プロジェクトマネージャー」としてステップアップする道と、専門分野に特化したスキルを磨いてスペシャリストになる道などがあります。なかにはWebプロデューサーや技術営業、ITコンサルタントへと転身する人もいるなど、多様なキャリアパスが選択肢にあります。

Webアプリ開発(Webアプリケーション開発)の最近の動向

PCだけではなくスマートフォンでもブラウザを利用するユーザーが多く、Webアプリケーションの需要は今後も高く続くと予想されています。現在はRuby、Ruby on Rails、PHP、Pythonなどのプログラミング言語に人気があり、そうしたスキルを持つ人材需要もさらに高まっていくでしょう。しかし、トレンドは今後変化していく可能性もありえます。Webアプリ開発で活躍を続けていくには、そうした業界の動向を常に気にかけ、新しい知識やスキルを身につけていく必要があります。

未経験からWebアプリ開発(Webアプリケーション開発)を目指すには?

Webアプリ開発を未経験から目指す場合には、業務上で必要になる知識やスキルをあらかじめ身につけておくことが重要です。まずは未経験者可のプログラマーやシステムエンジニア求人に応募して経験を積む、Web制作側で経験を積みながら独学で人気のプログラミングを学ぶなどの方法で、知識やスキルを身につけてから転職を目指しましょう。独学でプログラミングを習得し、個人でWebアプリ開発を行うなどの小さくても実績を伴ってアピールする人もいるようです。

この記事に興味がある人へのおすすめ

webアプリ開発(WEBアプリケーション開発)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?
この記事が気に入ったらいいねしよう!