Get Ready

トラックドライバー(配送業)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

トラックドライバー(配送業) 4 / 8 Context: DI3 トラックドライバー(配送業)    トラックドライバー(配送業)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

トラックドライバー(配送業)は小型・中型・大型のトラックを運転し、配送、宅配、引っ越しなどの業務を行う職種です。所属企業で扱う荷物、車両の積載量や種別(つまり、必要な免許や資格)、業務内容の範囲などがかなり異なります。トラックドライバー(配送業)の仕事内容、やりがい、向いている人について、未経験者にも分かりやすくまとめました。

トラックドライバー(配送業)の主な仕事内容

トラックドライバー(配送業)は、小型・中型・大型のトラックを運転し、配送、宅配、引っ越しなどの業務を行います。長距離輸送や担当エリアのルート配送(個別企業、コンビニやスーパーなど)、宅急便などの宅配、引っ越しなど所属先によって業務内容が異なります。一般的な仕事内容は集荷、荷積み・荷下ろし、配送・配達、梱包や伝票作成などですが、企業によっては宅配時やルート配送時に顧客や近隣へのセールスを担当する場合もあります。所属企業はメーカー企業、運送業、宅配業・引っ越し会社などさまざまであり、転職先の業界、事業内容によって求められるスキル、免許、知識が異なってきます。

トラックドライバー(配送業)の業務を行う際、取得免許で扱えるトラックが異なり、普通自動車第一種運転免許ならば最大積載量が2.0トン未満で小型トラック、準中型免許ならば4.5トン未満、中型免許ならば6.5トン未満で中型トラック、大型自動車運転免許ならば6.5トン以上のトラックを運転できます。一般的には10トンクラス以上を大型トラックと呼びます。また、業務によっては「フォークリフト運転技能講習修了証」、灯油・ガソリン、ガス、薬品などの運搬をするための「危険物取扱者」などの別資格が必要なこともあります。業種、業界によって業務内容、移送・運搬する商品が異なるため、転職する際にはどのようなスキル・資格が必要とされているかをチェックしておきましょう。

トラックドライバー(配送業)の仕事のやりがい

・豊かな社会を支えている
・「車・運転が好き」を満たせる仕事
・1人で過ごす時間が長い

配送業の業種は幅広く、配送、宅配、引っ越しなどの人々が豊かな生活を送るためになくてはならない業務を行っています。そうした社会を支える仕事に携われることを誇りに思い、やりがいを感じる人が多いです。

トラックドライバー(配送業)は、中型や大型トラックなど車体の大きな車の運転ができるので、そうした車種が好き、運転が好きといった人には魅力的な仕事です。また、トラックドライバー(配送業)は積載量が上がれば応じた資格やスキルが求められるため、それにあわせて収入アップが期待できるといった面もあります。

仕事中は1人でトラックを運転している場合が多い職種ですから、人間関係に煩わされる機会は他職種に比べて少ないといわれます。また、だからこそ同僚やトラックドライバー同士のコミュニケーションが楽しいという人も多いようです。

トラックドライバー(配送業)の仕事の厳しさ

・時間厳守のプレッシャーが掛かる
・業務時間が長く、食事や睡眠が不規則になる
・荷積み・荷下ろしなどによる肉体的な負担が掛かる

トラックドライバー(配送業)の業務では、時間指定の配送、宅配、引っ越しなど、特定の場所に時間内に到着することを求められるものです。渋滞や天候、事故などの予期せぬトラブルが起こることもあり、その中でスケジュールをこなすプレッシャーが掛かるため、厳しいと感じるかもしれません。

トラックドライバー(配送業)の仕事には業務時間が長いことや、食事などもままならない不規則さなどが伴います。また、長距離トラックドライバーは夜間に走ったり、トラック内で睡眠を取ったりすることもあります。そのため、トラックを運転することが好きな人でないと務まらないと言われる厳しい仕事です。

トラックドライバー(配送業)は、トラックの荷積み・荷下ろし、長時間の運転、夜間業務などで肉体的に負担が掛かる仕事なので、体力がないと長く続けられないという面があります。また、その上で安全運転や安全な荷捌きが必要になるため、ハードな働き方に対応しながらリスクに気を配る必要があることに対して厳しさを感じる人もいます。

トラックドライバー(配送業)の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・車両の運転経験
・配送や宅配の業務経験
・スケジュール管理力

【資格】
・普通自動車第一種運転免許
・中型や大型第一種運転免許など
・玉掛け技能講習修了証

トラックドライバー(配送業)には、基本的には事業用トラックなどの車両を運転した経験が求められますが、未経験可の求人や普通自動車運転免許があればOKの求人もあります。配送、宅配や引っ越しなどの業務経験は転職では即戦力として評価されるでしょう。また、時間厳守が求められることも多く、スケジュール管理力は必須です。

トラックドライバー(配送業)には、「普通自動車第一種運転免許」や「中型・大型自動車第一種運転免許」が必要です。また、業務によってはクレーンなどによる玉掛け作業を行うための「玉掛け技能講習修了証」、ガソリンなどの危険物の運搬者に必要な「危険物取扱者資格」が必須の求人もあります。転職活動を行う際には、まず求人内容を確認し、必須資格を確認した上で応募しましょう。企業によっては、特定の資格保有者が優遇される場合もあります。

トラックドライバー(配送業)に向いている人

トラックドライバー(配送業)は、トラックの運転時間が長時間に及ぶ職種です。そのため、運転をすることが好きで苦にならない人、車が好きという人に向いています。

トラックドライバー(配送業)の仕事は、荷積み・荷下ろし、長時間に渡っての運転など体力的に負荷が掛かります。また、運転中の渋滞や業務時間の不規則さなどのストレスを感じる場合もあります。そのため体力がある、ストレス耐性があるなどハードな働き方に対応できることが求められます。

時間厳守が求められるので、スケジュール管理を徹底し、渋滞を考慮した時間的な余裕を持った行動を行う必要があります。また、交通事故やケガのリスク、ガソリン・ガス・薬品などの危険性のあるモノの運搬に携わるリスクもあり、安全意識の高い人や慎重な人にも向いています。転職活動を行う際に、そうした点をアピールすることも有効かもしれません。

トラックドライバー(配送業)のキャリアパス

トラックドライバー(配送業)は、事故がなく体力があれば年齢を問わず長く続けられることで人気があります。ステップアップとしては、より大型・特殊車両の免許や「危険物取扱者」といった専門知識・スキルの資格を新たに取得して、仕事の幅を広げての収入増を目指すことができます。経験を積んで、より福利厚生が充実している会社への転職も狙うといったこともあるでしょう。また、運行管理者などの内勤職から、所属企業の中でマネジメントを行う管理職などへのキャリアアップもあります。安全な運行に必要な時間を設定し、管理する運行管理者になるには「運行管理者資格者証」を保有していることが必要です。
セールスドライバーの経験があれば、営業職へのキャリアチェンジなども考えられるでしょう。将来のキャリアパスをイメージし、それに合う企業を選んで転職活動を行いましょう。

トラックドライバー(配送業)の最近の動向

ドライバーの高齢化、労働環境の厳しさによる退職といった要因で物流に関わる人員が不足している一方で、オンラインショッピングの市場拡大や宅配サービスの需要拡大により、トラックドライバー(配送業)へのニーズは今後も続くと予想されています。業界では人材確保のために給与や福利厚生、労働時間などの待遇面を見直す企業が増え、行政もトラックドライバー(配送業)の長時間労働の改善を推進しています。そのため、経験者なら労働環境の改善、待遇アップを求めた転職が期待できます。今後も人員不足により売り手市場が続くことが予想されるので、転職先選びには、応募企業の業務範囲・環境・待遇などをしっかり確認しましょう。

未経験からトラックドライバー(配送業)を目指すには?

トラックドライバー(配送業)は、求人に「トラックドライバーデビューOK」「未経験者歓迎」も多くみられます。また、当初は普通自動車第一種運転免許を保有していればOKといった企業もあります。そうした企業は「中型・大型免許の取得支援制度あり」といったことも多く、まずは取得済の免許でできる業務から始めてステップアップを狙っても良いでしょう。書類選考や面接では、未経験者は運転することが好き、ハードな働き方に対応できる体力、社風に合う人柄などをアピールしましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!