Technique

トラックドライバーの志望動機例文

志望動機は、中途採用の選考において合否を分ける重要なポイントの1つになります。例文を参考にして、効果的に入社意欲をアピールできる志望動機を作成しましょう。ここでは、トラックドライバー(配送業)の仕事内容や求められる適性も解説しています。魅力的な人物だと伝わる志望動機を書くには、それらへの理解を深めておくことが大切なので、しっかりと確認してから志望動機を作成しましょう。

トラックドライバー(配送業)の仕事内容とは

一口にトラックドライバーと言っても、配送業界にはさまざまな種類があります。自身に向いているもの、好みのものを選択した上でその種類に合った志望動機を書いていく必要があります。具体的にはコンビニエンスストアへの定時配送、法人や個人への宅配便、クリーニングの回収や配達、引っ越し、資材や機械などの大型配送などが挙げられます。また、車両総重量によって必要な運転免許は異なり、5トン未満なら普通自動車免許、5トン以上11トン未満なら中型自動車免許、11トン以上なら大型自動車免許と分かれているため、自身の持つ免許を活かせる種類から選んでもよいかもしれません。

長時間労働や重労働のイメージが強く、過酷な業界の一つのように思われがちな配送業界ですが、徐々にその労働環境を改善する取り組みが業界全体でなされ、同時に法整備も進んでいます。近いところでは、配送とは別に発生する、荷下ろしなどの付随サービス業務や待機時間などを明確に区分し、荷主に対し適切な料金を請求できるよう法改正がなされました。これにより配送会社の利益が確保され、ドライバーの賃金や労働時間の改善につなげることが可能となります。また、法定速度遵守や健康診断実施など、安全面からもドライバーを守る取り組みを行う企業が増えています。ネット通販の拡大と少子高齢化により需要が増す一方、ベテラン運転手たちの高齢化による人手不足が進む配送業界は、若い人材をより多く確保するためにも今後ますます待遇改善が期待される業界と言えるでしょう。

トラックドライバー(配送業)に求められる適性

トラックドライバー(配送業)とは郵便物や商品などの配送を行う仕事です。配送するものや運転するトラックの大きさなどは企業によって異なり、取り扱うものや運転するトラックによっては資格が必要になる場合もあります。応募する前に募集要項をよく確認し、志望動機などの書類作成をする際の参考にしましょう。

腕力や体力がある

配送する商品にもよりますが、トラックドライバーは運転だけでなく、集荷や荷下ろしもする場合があるため、基本的には力仕事であると言えます。多少重い物でも運べる程度の腕力は備えておくといいでしょう。また、都会など勤務する土地によっては駐車スペースや駐車時間が限られていることもあり、荷物を持ちながら走って移動しなければならない場面も考えられますので、それに耐えられるくらいの体力は必要です。ちなみに長距離ドライバーなど、運転している時間が長い人は年をとってから足腰が弱くなりがちなためトレーニングを欠かさない人も多いそうです。

資格を持っている

少なくとも普通自動車免許は持っていたいところです。中型や大型自動車免許があると運転できる車両が多くなりますので重宝されます。他にもクレーンなどに物を掛け外しする「玉掛け」の資格やクレーンの免許があると有利なこともあります。また、運行管理者という資格もあり、企業が求めている高度な資格の一つです。

安全意識が高く、気が長い

トラックドライバーは、まず何よりも安全第一の意識を持っていなければなりません。普通の車より大きなトラックを運転するため、法定速度を守る、車間距離を開ける、死角に充分気を付けるなど、基本的な動作を少しでも疎かにすると大事故につながる可能性があります。そのため、無事故無違反の経歴は重要です。また、渋滞に巻き込まれたり配送先で待機させられたり思うように仕事が進まないときにイライラする人には向いていません。気を長く持てるからこそ安全運転に必要な動作を守ることができるからです。

トラックドライバー(配送業)の志望動機の書き方

ポイント1、保有資格や経験について記載する

配送業者によっては資格や特別な経験が必要になる場合があり、そのような場合には志望動機に資格や経験について記載し、職務能力の高さをアピールすることが有効です。特に中型免許や大型免許が業務に役立つケースが多く、荷物を積むためのフォークリフトを運転するための資格やスキルが必要になる場合もあります。

ポイント2、企業や職種を選んだ理由について記載する

配送業界に属する企業は数多くあり、その中から応募する企業を選んだ理由に加え、トラックドライバーとして働きたいと思った理由についても記載しましょう。企業側が納得できる理由を示すことにより、人材としての信用性が高まる可能性があります。汎用的な理由ではなく、オリジナリティのあるものや熱意の感じられるものなどのポジティブな理由が望ましいでしょう。

ポイント3、コミュニケーション能力をアピールする

トラックドライバーは顧客対応を行う場合があるため、コミュニケーション能力が求められます。接客経験や営業経験などのように、コミュニケーション能力の高さをアピールしやすい職務経験がある場合には、志望動機に具体的に記載してアピールしましょう。

トラックドライバー(配送業)の志望動機の例文

志望動機を書く際には、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして活用して、自分らしい内容に書き直すことが有効な手段の1つです。例文をそのまま使用するのではなく、あなた自身の個性が正しく伝わるよう、適切にアレンジしてより魅力的な志望動機に仕上げましょう。

トラックドライバー(配送業)経験者の志望動機サンプル

私は現職では自社商品をお客さまに配送するトラックドライバーとして働いておりますが、より多くの人と接する機会のある仕事がしたいと考え、物流業界大手の貴社を志望いたしました。現職では東京と福岡を行き来して配送を行っておりますが、以前は中距離を担当していたこともあります。運転免許は大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許、小型特殊自動車免許を保持しております。今後はこれらの免許と経験を活かして小回りのきいた配送サービスで、多くのお客さまの満足度の向上を図りたいと考えております。また、人と接することが好きなので、コミュニケーション能力に自信があります。貴社の顔としてポジティブな印象を持たれるように業務に取り組んでまいります。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

具体的な専門スキルが伝わる内容になっています。
同じ職種への転職となるので、正当性の高い転職理由を記載することが求められます。長距離トラックドライバーから、近距離移動でさまざまな業務を担当できる企業への転職を志している理由が伝わる内容になっています。

トラックドライバー(配送業)未経験者の志望動機サンプル

私はこれまでの経験で培った土地勘を活かし、トラックドライバーとして働きたいと考え貴社を志望いたしました。現職では、介護を必要とする方々が施設を利用される際に、ご自宅との送迎を行うために地域を回っております。その中で、今すぐには介護を必要としない方々でも高齢のご夫婦世帯や一人暮らし世帯が多くあることを知りました。その方たちは車の運転もできず、日々の買い物にも不自由しています。そのため、買い物の回数を減らそうと保存のきく食品ばかりを購入し、新鮮な食品を口にする機会が少なくなっていると聞きました。そのような方たちの役に立てる仕事はないかと調べるうちに、貴社がこの地域の高齢世帯へ個別に食品を配送するサービスを始められたと知り、志望いたしました。また、中型運転免許を活かし、産地から貴社への食品配送においてもお力になれると考えております。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

高齢者の自宅を訪問する業務で得た接客能力やコミュニケーション能力は個人客への配送業務でも活かせることをアピールできています。
高齢者世帯へ食品を配達する仕事がしたい理由を述べることで、なぜその仕事なのか、なぜその企業なのかが明確に伝わります。

まとめ

トラックドライバー(配送業)の志望動機を書くには、職種や企業を選んだ理由、過去の経験や今後の展望などを明確にすることが重要です。転職後に活かせる知識、スキル、経験を志望動機に盛り込んで、職務能力の高さをアピールしましょう。また、トラックドライバーには体力的な部分が求められる場合もあるので、運動経験などの体力を証明できる情報を盛り込むことも有効です。

この記事に興味がある人へのおすすめ

トラックドライバーの志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!