Technique

トラックドライバー(配送業)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではトラックドライバー(配送業)経験者の自己PR例文と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

トラックドライバー(配送業)のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

転職後に活かせる「経験」を記載する

トラックドライバー(配送業)の業務は、配送・宅配・引っ越しなどがあり、所属先企業によって業務内容が異なるため、担当していた業務を詳しく記載しましょう。トラックドライバー(配送業)の「経験」とは、担当エリア、走行距離、検品、配送、顧客対応、点検などです。応募する企業の求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「経験」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

トラックドライバー(配送業)には、車両の運転技術、配送業務に関するスキル、スケジュールなどの管理スキルなどが求められます。これらの知識・スキルが身に付いている場合には、トラックドライバー(配送業)への転職時にはもちろん、関連職種への転職時にもアピールポイントになる場合があります。また、『普通自動車第一種運転免許』、『中型自動車第一種運転免許』、『大型自動車第一種運転免許』を保有している場合は、職種によりアピールできる可能性があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする知識やスキルを記載してアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

トラックドライバー(配送業)は業務時間が長いことや夜間業務などで肉体的に負荷の掛かる仕事なので、経験期間が長いことは職種への適正を示すことに繋がる場合があります。「トラックドライバー○年」、「配送・宅配・引っ越し業務経験○年」、などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

トラックドライバー(配送業)の自己PR例文集

トラックドライバー(配送業)の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

主に通販サイトなどで購入された商品の宅配を行うトラックドライバーに5年間従事いたしました。時間指定の荷物を配送するので、時間を厳守するために事前のスケジュール管理、ルート確認、渋滞情報の調査などを徹底しております。その結果、指定時間通りに配達でき、お客様からのクレーム件数も0件を維持しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

トラックドライバー(配送業)は時間を厳守することを求められます。経験者としてトラックドライバー(配送業)への転職を考えている場合、スケジュール管理、渋滞を考慮したルート決定、交通情報リサーチなど、時間を厳守するために取り組んでいたことを、具体的に書きましょう。また、特定の地域に土地勘があるなど、転職後に活かせる経験がある場合にはそれを伝えることも有効です。

引っ越しスタッフを5年間経験し、業務では中型トラックを主に運転しております。体力面には自信があり、ソファや冷蔵庫などの重い荷物の運搬や不規則な生活にも対応できますし、運転自体が好きなため長時間の運転や渋滞も苦になりません。これまでで一番ハードだったのは、春の引越しシーズンに9連勤したことです。この過酷な状況を乗り越えられた経験から、どんなハードな働き方にも対応できる自信が付きました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

荷物の積み下ろし、渋滞や長時間の運転、不規則な業務時間など、トラックドライバー(配送業)は体力的・精神的な負担のかかりやすい職種です。体力面・精神面の強さは他の職種でも重宝される場合があります。アピールする際には、体力的・精神的なプレッシャーを乗り越えた経験などの情報を含めましょう。

私は5年間、無事故・無違反を継続しております。安全な運行のために、常に時間的な余裕を持って行動できるように配送ルートや渋滞情報などの確認を行っています。また、運転時には速度超過などをせずに安全運転を徹底し、他の運転者への配慮を怠らず、社員および運転者としての責務を果たすことを心掛けております。今後も無事故・無違反を継続し、ドライバーとして貴社で活躍したいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

トラックドライバー(配送業)は業務中に事故や違反などのリスクがあるため、トラックドライバー(配送業)への転職を目指している場合には、無事故・無違反の実績がアピールになります。業務でどのようにして安全面に配慮した行動を取ったか、精神的な余裕のあるメンタリティを維持するためにどのように工夫したかなどの情報を盛り込み、入社後も安全面や法令順守を徹底できる人材であることをアピールしましょう。

飲食店向けの業務用器具を製造するメーカーの商品配送を担当し、主に〇○県の東部エリアを中心に配送しておりました。主に商品の検品、配送、顧客対応、商品の設置、点検・修理などの業務を行い、クレーム対応の経験もあります。メーカーの商品配送に関する業務知識があり、顧客対応や折衝などのセールス業務も含めて対応できます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

トラックドライバー(配送業)の業務は所属先企業の業種・業界などによって異なります。運転業務のみでなく、接客や営業の要素を含む業務を担当していた場合はそれがアピールポイントになる場合があります。所属していた業界、担当業務、顧客の業界などの情報を盛り込み、対人的なスキル・経験があることをアピールしましょう。

私は20XX年に『普通自動車第一種運転免許』を取得し、以来3年間小型トラックを運転して食品・日用品などの配送を行いました。業務を通じてトラックの運転の楽しさに気付き、またトラックドライバーとしてスキルアップしたいと思い、『中型自動車第一種運転免許』と『大型自動車第一種運転免許』を昨年取得いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

トラックドライバー(配送業)の業務に関連して、『中型自動車第一種運転免許』、『大型自動車第一種運転免許』、『危険物取扱者試験』などの資格を保有している場合は、知識・スキルの裏付けになります。募集要項などを確認し、それに対応する資格を保有している場合には、アピールすることを検討しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

トラックドライバーの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!