Get Ready

ウェディングプランナーの仕事内容、やりがい、年収(給与)、未経験からなるには

ウェディングプランナーの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
ウェディングプランナーとはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

主な仕事内容

ウェディングプランナーは、結婚式を総合的にプランニングし、準備から当日までの管理業務も行う専門的な仕事です。顧客のニーズに合う結婚式になるように提案し、必要な備品や人材の手配等を含めて総合的にサポートします。

ウェディングプランナーの具体的な仕事内容は、顧客の希望(予算・日程・こだわり等)をヒアリングし、適切なプランを提案する打ち合わせに始まり、結婚式当日の司会やカメラマン、神父、音響スタッフ等の人材に加え、ブーケやウェディングケーキ等の品物の手配と管理業務なども行います。会社によっては、ウェディングプランナーの業務を、契約に至るまで(アカウントセールス)と、その後の管理業務とで切り分けている場合もあります。
ウェディングプランナーの仕事概要

ウェディングプランナーの所属先は、一般的には結婚式場または総合的に結婚式をサポートする中立的な企業のどちらかになります。実際にユーザーと対面し、顧客を総合的にサポートする会社や、Webサービスを通して結婚式に関する情報を提供しながら顧客をサポートする会社等が挙げられます。ウェディングプランナーの仕事は多岐に渡りますので、求人情報をよく見てしっかり情報収集することをおすすめします。

仕事のやりがいとは?

・責任に相当する達成感を得られる
・人の喜びや感謝に触れる
・営業スキルやコミュニケーション能力が向上する

「人に喜ばれる仕事がしたい」、「感動を生む仕事がしたい」といった動機付けで、ウェディングプランナーを志す人が多いです。実際に、その魅力は非常に大きなやりがいになります。

ウェディングプランナーは結婚式に関わる物事のすべてを統括、管理する役割を担うため、大きな責任とプレッシャーも伴いますが、その分、素晴らしい結婚式になれば、新郎新婦やその親族に感謝され、直接お礼や感謝の言葉を受けることも多く、達成感や満足感が得られます。

また、ウェディングプランナーには営業として顧客のニーズを汲み取り、会社の利益も考慮しながら調整する役割があるため、営業スキルやコミュニケーション能力が向上します。ビジネスマンとしてのキャリアアップやキャリアチェンジに役立つスキルを習得できるため、向上心の高い人にも人気の職種となっています。

仕事の厳しさ、大変なこと

・土日出勤はほぼ必須になる
・年収(平均給与・月給)を上げる手段が少ない
・激務になる可能性がある

結婚式の日取りは土日祝日が人気であり、結婚式の相談に来る人も休日に集中しやすいため、ウェディングプランナーは土日出勤が基本となります。休みは、火曜日+平日1日のシフト制としている企業が多いようです。また、顧客のスケジュールに合わせるために応対業務が早朝や深夜になる場合もあり、管理業務の幅も広いので労働環境が激務になる可能性があります。

ウェディングプランナーの給料は正社員の場合、月収は23万円前後(※参考:『女の転職type』)からと言われていて、短期的に収入を上げる手段は少ないですが、勤続年数や経験を考慮して収入が上がる仕組みのある会社が多いので、ウェディングプランナーは長期的に見れば収入面での将来性のある職種といえます。

仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・ヒアリング能力と提案力
・個人営業(to C)の経験
・ヘアメイクやファッションに関する知識

【資格】
・語学や花に関する資格(必須ではありません)

仕事に活かせる経験・スキル・資格
結婚式には、新郎新婦だけでなく、両親や親族、友人、同僚等、多くのゲストが出席する場合が多いです。そのため、それら全ての人々を考慮して顧客から希望を引き出すヒアリング力や、総合的な満足度を上げる提案力が必要になります。また、結婚式の相談のための訪れる人の中には、結婚式についての知見を持たず、同時に不安を抱えている人も多いです。ウェディングプランナーは、そういった方々の不安を解消し、ニーズに合うプランに導いていく役割を担うため、顧客と直接コミュニケーションを取る個人営業の経験も活きます。

加えて、実際の業務に対応するために、ファッションやヘアメイク等への興味やがあることも仕事に活かせるでしょう。

仕事をする上で必須の資格はありませんが、BIA(日本ブライダル事業振興会)の認定資格や、ABC協会(全米ブライダルコンサルタント協会)の認定資格等のウェディングプランナーに関する資格は、就職・転職活動を有利に進める要素になり得ます。それらの知識は、スクールや専門学校に通うことで身に付けることができます。ウェディングプランナーは結婚式に関わるすべての物事に精通している必要があるため、他にも、フラワーデザイナーといった花に関する資格や、ヘアメイク、ファッションに関する資格取得のために勉強し、取得しておくと業務に活かせます。

向いている人

ウェディングプランナーは、顧客が最大限に満足する結婚式をプランニングし、喜びや感動の最大化をサポートする仕事です。そのため、人に喜んでもらうことをモチベーションにして働ける人に向いています。また、ウェディングプランナーには営業としての側面もあるので、顧客の意向を汲みつつ、同時に売上面を含めて調整し、適切なプランを提案するスキルも求められます。加えて、几帳面さと慎重さのある人はウェディングプランナーに向いています。結婚式は絶対に失敗できない場面が多いため、細かく確認して抜けが出ないように努められる人に適性があります。

ウェディングプランナーのキャリアパス

ウェディングプランナーになりたての頃には、担当者のサポート業務やアカウントセールス(受注までの役割)を担当することが多いです。その後は、結婚式のプランニングと管理を行う担当者にステップアップし、管理職を目指すことが一般的なキャリアパスになります。また、ウェディングプランナーの仕事にやりがいを感じ、現場の業務を長く続けていく人もいます。キャリアチェンジとしては、ドレスコーディネーター等の結婚式に関わる専門職や、フリーランスとして結婚式に関する総合的なサポートを行う道もあります。

ウェディングプランナーの最近の動向

ウェディング業界で顕著に表れている動向としては、結婚式数の減少と多様化が挙げられます。
減少傾向の要因としては、結婚式の結婚式を挙げない夫婦の増加や晩婚化、生涯未婚を望む男女の増加があります。
近年は、20~30人程度の小規模な結婚式の需要が高く、従来のメジャーな形式であるホテルウェディング以外に、レストランウェディング、ハウスウェディング、結婚式用ではない施設の利用といった、オリジナリティを追求するスタイルが増えています。会場選定だけでなく、内容やスタイルについても、結婚式に対するニーズが多様化してきている中で、ウェディングプランナーは、変化への対応を求められています。

また、女性の職業と思われがちなウェディングプランナーですが、男性のウェディングプランナーも増加しています。実は意外と力仕事が多い職種でもあるので、男性人材は重宝されます。他にも、国際化が進む中で、日本人と外国人のカップルで結婚式を上げることは珍しくなく、英語での対応ができると強みになります。

未経験からウェディングプランナーを目指すには?

未経験からウェディングプランナーを目指す
ウェディングプランナーは、ウェディング専門のビジネススクールや専門学校・大学の学科があるため、最初から就職を目指して専門知識を学ぶ人も多いです。しかし、業界に入ってから専門的な知識を身に着けることもでき、求人数も多いため、未経験からでもチャレンジしやすい職種と言えます。

個人営業の経験や接客・販売に関する経験のある人は、ウェディングプランナーの仕事に活かせるため、経験やスキルをエピソードと共にアピールしましょう。また売上を増加させる営業力も求められるので、それに関する実務経験や考え方をアピールすることも効果的です。加えて、ウェディングプランナーは経験値が業務上のスキルの高さに繋がるため、仕事を長く続けられることをアピールすることも大切です。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

ウェディングプランナーの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
この記事が気に入ったらいいねしよう!