Get Ready

店長職・店長候補の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

店長職・店長候補の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

店長職・店長候補は、飲食、アパレル、スーパー・コンビニエンスストアといった販売店舗のヒト・モノ・カネを管理するマネジメント職です。ただし、店長候補の求人ではまずは店舗スタッフとして採用される場合が多いので注意が必要です。店長職・店長候補の仕事内容、やりがい、向いている人について、未経験者にも分かりやすくまとめました。

店長職・店長候補の主な仕事内容

店長職・店長候補は、飲食・小売り・アパレルなどさまざまな業種の店舗運営の責任者です。店舗スタッフのシフト管理や育成、商品の発注・在庫管理、売上や予算などのヒト・モノ・カネの管理を行います。店長候補については、店長のサポートとしてお店を運営し、店長不在の時には店長代理の役割を果たす役職(副店長など)の場合と、店舗のスタッフとして勤務して店長を目指すといった立場のどちらかであることが一般的です。求人内容はきちんと確認しましょう。

店長職・店長候補は、一般的に店舗運営のあらゆるオペレーションについて模範となるレベルを求められます。また、スーパーバイザー(SV)やエリアマネージャーなど本部側との折衝といった業務も担当します。一部企業ではこうしたバックオフィスでの業務が主となる場合もあります。業種の違いやチェーン店・フランチャイズ店といった形態の違いによって、店長職・店長候補の裁量権や業務範囲が異なりますが、いずれも企業の理念や経営方針、経営戦略、商品などを理解して店舗を運営し、店舗スタッフを育成する重要な役割を担います。たとえばアパレル企業なら、ブランドイメージを強化する店舗づくりやエリアの特性(顧客層)を踏まえた商品調達などを行います。

店長職・店長候補の仕事のやりがい

・人(店舗スタッフ)の成長に関われる
・年齢に関わらず、責任ある立場で活躍できる
・売上・利益目標達成の喜びを実感できる

店長職・店長候補は、スタッフの採用や勤怠管理、教育など全般に責任を持ち、人材育成に力を注ぎます。スタッフが成長していく姿やそれによってお客様の満足度が増している様子を見られることが、人づくりのやりがいです。店長職・店長候補で働く人は、ここに魅力を感じる方が多いようです。

店長職・店長候補は、実績を積み上げれば20代や30代といった若さで責任ある立場で活躍できます。商材をどれくらい店舗に置くのかといった判断から、連携する企業との交渉、採用など店舗運営における裁量を持てることは大きなやりがいになります。自身の手腕によって経営が左右されるという影響力を感じることや、それに伴う緊張感も魅力の一つでしょう。

店長職・店長候補は店舗の売上に責任を持つ立場で、日々、数値目標をもってマネジメントにあたっています。自身やスタッフの努力の結果、店舗がお客さまや地域に喜ばれ、売上や利益目標が達成できたときの喜びは大きなものでしょう。

店長職・店長候補の仕事の厳しさ

・売上・利益目標の達成に対するプレッシャーがある
・長時間労働になりやすい
・スタッフ指導の難しさを感じる場合がある

店長・店長職候補は、店舗の売上と利益目標達成に責任を持つ立場です。これらの実績が良くなければその責任を問われ、企業によっては店舗の異動や降格など何らかのペナルティがある可能性も。景気など外的要因が売上に影響することもあり、改善の努力をしても結果が好転しない時にはプレッシャーや厳しさを感じるかもしれません。

店長職・店長候補は、幅広い業務を行うことを求められる上に、慢性的な人手不足や急な欠勤者が出た場合などは、店長や店長候補が休日返上で対応している場合があります。そのため長時間労働になりやすく、体力的な負担や結果としての報酬の割安感に対して厳しさを感じる人がいます。

店長職・店長候補に必要な人生育成には、スタッフの個性や性格に合わせた指導が必要など、神経を使うものです。思うように成長が感じられないといった場面や育成したスタッフが辞めるといった場面では難しさや厳しさを感じてしまいます。また、人員不足に悩むケースも多く、常に離職率を下げる工夫も必要です。

店長職・店長候補の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・高いコミュニケーションスキルやリーダーシップ
・店舗オペレーションの経験
・店舗のマネジメントスキル

【資格】
・食品衛生責任者
・(甲種・乙種)防火管理者

店長職・店長候補は、採用や勤怠管理、教育など店舗スタッフに関すること全般に責任を持ち、人材育成に力を注ぎます。そのため、人を育てる・人が辞めないコミュニケーション力や、店舗目標に共にむかうチームを作るリーダーシップが必要です。バックオフィスでの運営管理業務、SVやエリアマネージャーなどの本部側との折衝、社外関係者との折衝などにも高いコミュニケーションスキルが欠かせません。また、業種によっては店長職・店長候補は、スタッフの接客スキルの手本となる役割なので、店舗のオペレーションに関しては高いレベルで業務遂行できることが求められます。クレーム対応のスキルも必要です。

店長職・店長候補は、商材をどれくらい店舗に置くのかといった判断から、連携する企業との交渉、採用などさまざまな店舗運営業務において裁量を持ち、大きな影響力を発揮します。店長の手腕によって経営が左右されるため、ヒト・モノ・カネのどの分野でもマネジメント知識・能力が求められます。また、店長職・店長候補は業種によって「食品衛生責任者」や「甲種(乙種)防火管理者」などの資格が必要になる場合があります。

店長職・店長候補に向いている人

店長職・店長候補は、働きやすい環境を作ってスタッフの離職率を抑えなくてはいけませんが、時には厳しいことを言ってスタッフを叱る場面もあります。スタッフのミスや言動でお客さまにご迷惑がかかる、社会的な炎上を招くといった事態もありえるため、コンプライアンス遵守を浸透させるリーダーシップが欠かせません。日ごろは明るい、温かなコミュニケーションを心掛けつつも、人材育成のためには言うべきことを言う態度も必要です。

店長職・店長候補は、日々、売上や利益のことを考えストレスを感じやすく、また自身の判断が店舗の売上を左右するという立場から、強いプレッシャーがかかります。プレッシャーに強い方がこの職種に適性があるでしょう。また、店長職・店長候補は残業や休日出勤が多くなりやすいため、体力的にもタフな人が向いています。

店長職・店長候補は、自発的に動いて人の嫌がるような仕事でも率先してやるような前向きな人が向いています。スタッフもそうした姿をみて学んでいくからです。また、店長職・店長候補は、店舗について全て把握するだけではなく、新しい知識やトレンドを学びつづけなくてはいけないため、コツコツと努力を続けることも必要です。

店長職・店長候補のキャリアパス

店長職・店長候補は、旗艦店の店長などの上位の店長職や、SV(スーパーバイザー)、エリアマネージャー、営業部長などと店舗運営に関連してキャリアアップしていくことが一般的です。あるいは、現場で得た経験や知識・スキルを活かして同企業やグループ企業での商品開発、広報などの部署へ異動して活躍する人もいます。ただし、店長になった後のキャリアパスについては企業によってかなり異なりますので、転職の際にはきちんと情報収集しておきましょう。その他には待遇アップや業種変更などの目的で、別企業に店長として転職する人もいます。

店長職・店長候補の最近の動向

市場動向は業種によって異なり、飲食業界の市場は拡大傾向にあるものの、景気好調というよりは原材料の高騰等から値上げに踏み切る企業が増えたことが主な要因です。また、アパレル業界も一部企業の海外展開による売上の増加が主な要因で市場全体は拡大傾向に見えますが、実際にはフリマアプリの利用が広がり、売上が低下している企業が多い状況にあります。しかし、店舗の運営現場では慢性的な人員不足と言われます。今後も店長職・店長候補の求人は引き続きあるものの、業界や企業の将来性なども考慮した企業を選ぶことが大切になってくるでしょう。

未経験から店長職・店長候補を目指すには?

未経験から店長として転職できることは稀で、まずは店舗スタッフとして現場での経験を積み、業務のあらゆることを把握してから店長になることが一般的です。ただし、店舗スタッフ(将来の店長候補も含めて)については、多くの業界で未経験者歓迎の求人が多く、全くの未経験からでもチャンスがあります。店長職・店長候補を目指すなら、業種や企業によって必要としている人材の傾向が異なるため、企業研究を欠かさず、企業が求める人物像に合致していることをアピールしていきましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

店長職・店長候補の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?
この記事が気に入ったらいいねしよう!