Get Ready

マーケティング・営業企画の仕事内容、やりがい、向いている人を徹底解説

マーケティング・営業企画、やりがい、向いている人を徹底解説
マーケティング・営業企画とはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

マーケティング・営業企画の主な仕事内容

マーケティング・営業企画は、マーケットを分析して戦略的に商品・サービスを売る仕組みを作る仕事です。市場調査や商品・サービスのプロモーションを行うプロフェッショナルとして、売上アップや企業のイメージアップを図ります。具体的な業務内容は、「リサーチ・分析」を筆頭に、「ブランディング」、「商品・サービスの開発」、「企画」、「設計」、「広告宣伝」、「広報」、「価格設定」、「営業・顧客の管理」等を総合的に行います。所属先は、企業のマーケティング部や営業企画部、調査専門会社等が一般的です。仕事の専門性が高く、ビジネスパーソンとして成長できるというメリットがあります。

マーケティングは、「製品戦略(Product)」、「宣伝広告コミュニケーション(Promotion)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」の4Pを基本として戦略的にアプローチしていきます。これらはマーケティングの4Pといい、マーケティングミックスとも呼ばれます。また、市場・競合・自社について分析し、戦略策定することを「3C分析」といいます。マーケットは時代の流れと共に流動的に変化するため、マーケティング・営業企画は、日常的に社会的なトレンドや世の中の興味・関心等にアンテナを張り、最適な手法を取るための情報収集を行う必要があります。業務内容が多岐に渡っており、向上心を持って粘り強く取り組む必要がありますが、企業の経営状態に影響するやりがいの大きな仕事です。

マーケティング・営業企画の仕事のやりがいとは?

・企業・団体の利益に貢献できる
・ビジネスパーソンとして成長できる
・大きな達成感を味わえる

マーケティング・営業企画は、商品・サービスを売り込むための戦略的なプロセスを創造する仕事です。プロセスの決定は市場調査や消費者調査によって収集したデータを基に行うため、戦略的にアプローチする力が身に付きます。そのような戦略的な仕事の進め方は営業職にも求められるようになってきており、マーケティング・営業企画の仕事を通してビジネスパーソンとして成長し、その後の選択肢を広げられることも大きなやりがいになるでしょう。また仕事で成果を上げることによって得られる達成感の大きさをやりがいとして挙げる人も多いです。綿密な分析と創造性が求められる難しい仕事だからこそ、ビジネスパーソンとして大きく成長するチャンスがあります。

マーケティング・営業企画の仕事の厳しさ

・労働時間が長くなることがある
・常に結果を求められる
・根気強さが必要な業務がある

マーケティング・営業企画の業務は多岐に渡り、期限が決められているケースも多いので、状況によっては労働時間が長くなることもあるでしょう。商品・サービスを売るための方針を決めるという重責を背負うので、個人への負担が大きくなりやすい仕事です。成果をあげられた時の達成感の大きさの反面、常に結果を求められることへのプレッシャーも大きくなります。そういった仕事のシビアさに厳しさを感じる人が多いです。加えて、情報収集やアイデアの創出等、根気強さが必要になる業務が多いので、粘り強く取り組むことが苦手な人は厳しさを感じるかもしれません。

マーケティング・営業企画の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・コミュニケーション・管理調整スキル
・基本的なPCスキル
・データ分析スキル

【資格】
・マーケティング・ビジネス実務検定
・ネットマーケティング検定
・マーケティング・マスターコース

マーケティング・営業企画はプロジェクトメンバーに限らず、他部署の担当者や経営陣、クライアント等、様々な人とコンタクトを取りながら業務を進めていくことが多いです。そのため、コミュニケーションや管理調整のスキルがあると、業務を円滑に進めていきやすくなります。また業務上でPCを使用する頻度が高く、書類作成の必要性の高い仕事なので、基本的なPCスキルは必須となります。加えて、データを分析するスキルがあれば実際の業務に役立ちます。

必須の資格はありませんが、知識やスキルの裏付けとなる資格を保有していると採用試験で有利になりやすく、スキルアップにも役立つので、「マーケティング・ビジネス実務検定
」、「ネットマーケティング検定」、「マーケティング・マスターコース」といった関連資格を取得することは有益です。やる気をアピールするためのツールにもなるので、取得することを検討しましょう。

マーケティング・営業企画に向いている人

マーケティング・経営企画として活躍するには、「好奇心があること」が特に重要です。マーケット調査は限られた業界内で行うことが多いですが、戦略を立てるためのアイデアを生み出すためには社会全般に対する興味・関心を持ち、知識を膨らませる必要があります。また分析、仮説、検証といった作業が好きで、粘り強く取り組める人は職種への適性が高いといえます。加えて、プロジェクトリーダーを目指すにはリーダーシップが必要です。リーダー経験のある人は採用試験でアピールしましょう。

マーケティング・営業企画のキャリアパス

マーケティング・営業企画は売上の増加に影響する重要な役割を担うため、仕事企業の規模を問わず必要になる職種です。そのため仕事を通して職務能力を向上させることにより転職市場での価値が高まり、キャリアアップの選択肢が広がりやすくなる職種といえるでしょう。企業の部署に所属している場合には、プロジェクトリーダーや統括責任者を目指すことが一般的です。企業によっては大きなプロジェクトに参加できる可能性もあり、スキルアップに応じて様々な可能性が広がっていくでしょう。

マーケティング・営業企画の最近の動向

近年では「マーケティング・オートメーション(Marketing Automation)」を導入する企業が増加傾向にあり、マーケティングで必要になるデータ収集等の作業を自動化することで、個人にかかる負担が軽減されるようになりました。しかし一方で、デジタルマーケティングが主流になったことでマーケティングの手法が拡大し、マーケティング・営業企画の仕事の重要性が高まっています。マーケティング・営業企画として、システムを活用して結果を出せる人材を目指しましょう。

マーケティング・営業企画を目指すには?

マーケティング・経営企画は専門性の高い仕事なので採用時に経験を問われる傾向が強く、未経験から目指すには難しい職種といわれています。中小企業やベンチャー企業であれば未経験者を採用している可能性もあるので、未経験から目指す場合にはそういった企業の求人募集もチェックすることが重要です。実力重視の職種なので、入り口を突破できれば努力次第で道を切り開けるでしょう。個人で出来る努力としては、「マーケティング理論」をはじめ、「経営学」や「経営情報学」、「経済学」、「商学」等の専門的な知識を得ておくことが挙げられます。職に就いてから必要になる知識なので、事前に知識を得ておけば役に立つでしょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!