Get Ready

Webマーケティング担当者の、やりがい、向いている人を徹底解説

Webマーケティング、やりがい、向いている人を徹底解説
Webマーケティングとはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

Webマーケティング担当者の主な仕事内容

webマーケティングの主な仕事内容
Webマーケティングは、Webを利用してマーケティングを行う仕事で、Webマーケターとも呼ばれます。Webサイト(ホームページやブログなど)のユーザーの流入経路、離脱率、回遊率等をデータから分析し、検証、改善を行うことでWebサイトの登録者数やPV(Page View/ページ閲覧)数の増加を図ります。また近年ではソーシャルメディアマーケティングが主流になったことで、SNSを利用してユーザーとの接点を作ってより多くの人に知られる機会を創造し、満足度を高めるための戦略を練ることも重要になってきています。マーケティングに関する総合的な知識に加え、Web特有の性質についての知識・知見も必要になる仕事です。

Webマーケティングの具体的な手法としては、「Webコンテンツ制作」、「Webサイトや動画チャンネル等のSEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)」「SNSの運用」、「ランディングページ(広告のリンク先になるページ)制作」、「データ分析」、「広告管理(リスティング広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告・アフィリエイト広告等)」、「CRM管理(顧客満足管理)」等が挙げられます。Googleアナリティクス等を利用してデータ分析を行うことが基本となりますが、Webマーケティングの多様化に伴い、新しい手法やツールを受け入れる柔軟さが求められる傾向が強くなっています。

Webマーケティング担当者の仕事のやりがい

webマーケティングの仕事のやりがい
・事実(データ)を基に分析・検証・改善できる
・会社の利益に貢献できる
・Webに関する知識・スキルが身につく

Webマーケティングは、他のマーケティング職以上に事実をデータとして認識しやすく、明確な情報を基に分析や検証を行えます。数字が明確になるからこそ日々の取り組みによる数字の変化も明らかになるので、仕事の成果を実感しやすく、そこにやりがいを感じる人が多いです。

また、集客の数字が変化していくことにより企業の売上の増加や認知度の向上、イメージアップ等に繋がるため、利益に貢献している実感が得られます。Webマーケティングは、そういった数字が目に見えるシビアな世界ならではの達成感を得られます。

仕事を通してWebに関する知識やスキルが身につくことによりビジネスパーソンとして成長でき、キャリアアップの選択肢を広げやすいことも大きなやりがいに繋がるでしょう。

仕事の厳しさ

・根気よく取り組む必要がある
・幅広い業界・分野を調査する必要がある
・業務内容の幅が広い

インターネットの世界は成熟してきており、存在する情報量が非常に多いため、数字を動かすことが難しくなってきています。戦略を立てて取り組んでもすぐに成果が出ることは稀で、根気強く取り組んでいく必要があります。また、コツコツと幅広い業界・分野についてリサーチしながら、目的に合わせた最新の集客方法や事例を集め、分析・検証・改善を行うことも必要です。

そういった業務量の多さや成果をあげる難しさを厳しさに挙げる人が多いです。またWebマーケティングは仕事の幅が広いため、時期によっては残業が多くなることもあるでしょう。自身の管理能力がないと業務上のミスが発生しやすくなるので、それが苦手な人は厳しいと感じるかもしれません。

活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・マーケティングに関する知識
・調査してデータ化した経験
・コミュニケーションスキル

【資格】
・マーケティング・ビジネス実務検定
・ネットマーケティング検定
・Web解析士

マーケティングは「製品戦略(Product)」、「宣伝広告コミュニケーション(Promotion)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」の4つのP(マーケティングの4P)が基本となり、「3C分析(市場・競合・自社)」をもとに戦略を立てていきます。そういった知識があればWebマーケティングの仕事に役立つでしょう。Webに関する知識があれば更に良いです。また、Webマーケティングはリサーチ力が重要になる仕事なので、数字を見る力があると業務に活かせます。加えて、クライアントや社内の担当者とのコミュニケーションを取る機会が多いので、基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルは必須です。

仕事に活かせる経験・スキル・資格

Webマーケティングに必須の資格はありませんが、「マーケティング・ビジネス実務検定」、「ネットマーケティング検定」、「Web解析士」といった資格は業務に直結するので、取得しておくことを検討しましょう。特に未経験からWebマーケティングを目指す場合には、知識を裏付ける資格として利用できます。

向いている人

Webマーケティングは数字とにらめっこする機会の多い職種なので、データ分析をすることが好きな人に特に向いている仕事です。Webの世界は、日々変化しています。たとえば、検索エンジンのアルゴリズムがアップデートされればSEOの最適な手法が変化し、Webマーケティングはそういった変化を追い続ける必要があります。そういった業務に粘り強く取り組める人は、Webマーケティングの仕事への適正が高いでしょう。トレンドやニュースといった社会の変化に敏感で、本を読んだり、セミナーに参加したりと、継続的に学習ができる人は向いています。

キャリアパス

Webマーケティングは、高いレベルの業務上のスキルが必要になる上に、企業にとってWebの必要性が高いことから、転職市場でのニーズが高い職種です。Webやマーケティングに関する知識を得ながら業務上のスキルを向上させることにより、大企業や他のマーケティング領域への転職等、キャリアアップの選択肢を広げられるでしょう。所属企業内でキャリアアップしていく場合にはプロジェクトリーダーや課長・部長等といった管理職になる道を進むことが一般的です。

最近の動向

アドテクノロジーの誕生によりWebサイトに掲載する広告が進歩し、その後動画サイトが爆発的に流行したことに伴い動画広告へと変化してきました。しかし、近年では動画広告を利用する企業が減少傾向にあるといわれており、次なる一手として何がトレンド化するかは不透明な状況です。海外ではネットラジオを利用した「オーディオ広告」といった新ジャンルの広告が普及するといった予測もあり、Webマーケティングの基本常識が今後さらに変化していくと推測できます。Webマーケティングが新たなトレンドを創造し、業務を通じて社会全体に影響を与える可能性もあるでしょう。Webマーケティング職に就く人は、そうした変化を感じ取り、対応していく必要があります。

未経験からWebマーケティング担当者になるには?

Webマーケティングは、マーケティング職の中では未経験から目指しやすい職種だといわれています。特に中小企業の求人募集にその傾向が強いので、様々な業界・規模の幅広い企業のWebマーケティング職の求人募集をチェックしましょう。SNSの利用経験(特にフォロワー数の多い人)やリサーチ・分析を業務で行った経験のある人は、採用試験でアピールすると効果的です。

また、Webマーケティングの仕事に役立つ資格を取得することも重要です。マーケティングは企業の成長に大きく関わる重要な仕事なので、未経験可の募集であっても、具体的な知識やスキルを重視して合否を決めるケースが多くなっています。最近ではWebマーケティングを基礎から勉強できる講座やスクールもありますので、事前に学んでおいてもいいでしょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!