Get Ready

広報・広告宣伝・PRの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

広報・広告宣伝・PRの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

広報・広告宣伝・PRは、商品・サービスや企業の情報を発信する職種です。大まかには広報・PRは主にメディアに掲載される情報の対応、広告宣伝は広告出稿など販促活動を行います。広報・広告宣伝・PRの仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にも分かりやすくまとめました。

広報・広告宣伝・PRの主な仕事内容

広報・広告宣伝・PRは、商品・サービスや企業の経営情報等を消費者や株主、取引先、従業員などいわゆるステークホルダー(利害関係者)へ伝える職種と言えます。広報・PRは、一般的には宣伝費を使わずに情報を発信します。広報の主な業務は、プレスリリースの作成、メディアとの関係構築や取材対応、自社メディア制作、危機管理や不祥事への対応、社内報作成などです。一方、PRは市場調査・分析、PR戦略の立案・実行、効果検証を行う職種で、ステークホルダーとの良好な関係性を構築するための戦略的活動全般を含み、広報や広告宣伝の業務は本来その一部といった位置づけです。しかし、日本では広報とPRは、ほぼ同じ職種として扱われている傾向があります。

広告宣伝は、テレビ、新聞、雑誌、ラジオの4大マスメディアやWebメディア等さまざまな広告枠に費用を支払い、広告を掲載することが主な業務です。一般的に広告出稿は広告枠を販売する企業や広告代理店に依頼し、広告代理店や制作会社が広告の制作(クリエイティブ)を行います。また、その他の販売促進活動、例えばイベント企画、サンプル商品の無料配布、フリーペーパー作成など消費者へのリーチのためのさまざまな施策の企画・実施も担当します。広報・PRと広告宣伝の仕事にはこのような違いはありますが、企業規模や方針によって同じ部署や担当者が兼ねていることもまれではありません。また、PRは事業会社の広報部署の他、マーケティング関連部署やPR戦略のコンサルティングが専業の会社(PR会社)に活躍の場があります。

広報・広告宣伝・PRの仕事のやりがい

・成果が目に見える喜びや達成感
・人脈が広がり、刺激を受ける機会が多い
・高い戦略性が求められる仕事

広報・広告宣伝・PRの仕事は、リリースや広告、イベント企画など自身の手掛けたものが目に見える形になるので、そのこと自体に喜びを感じるという人が多いです。さらにメディアやSNSに取り上げられて話題になったり、実際に商品・サービスの売上アップや企業のブランドイメージアップの成果が数値で効果検証されたりした時も、大きな達成感が感じられます。

広報・広告宣伝・PRは、社外の多くの人と関わるので人脈が広がりやすく、他の職種に比べて幅広い人脈が築ける点が魅力です。特にマスコミ関係者や制作に携わるクリエイター等と携わるので、新しい視点や情報を得たり、クリエイティブを生み出す働き方などに刺激を受けたりする機会が多いことも、やりがいの一つです。

広報・広告宣伝・PRは、市場分析を行い、トレンドなど社会の動きも常に観察しながら消費者や関係者とのつながりのあり方を考え、実行、検証を繰り返します。このような課題を解決するソリューションが無限にある、高い戦略性が求められる仕事内容に対して、多くの担当者がやりがいを感じるようです。

広報・広告宣伝・PRの仕事の厳しさ

・誤情報・誤記載などのミスが許されない緊張感
・トラブル時の対応の大変さ
・経営層の承認を得ることや成果を達成する責任へのプレッシャー

広報・広告宣伝・PRは、消費者など世の中へ広く情報発信を行います。そのため、内容の誤りや日本語表現のミス、誤字脱字がないかなどを細かく何回も確認する作業が発生します。さらに製品のスペックに関わる、あるいは経営情報に関わるどのような細かな数字も、根拠にきちんとあたって確認しなければいけません。そうした緊張感や細かい作業の積み重ねはこれらの仕事の厳しさの一つです。

広報・PRは、製品・サービスが関わる事故や社員の不祥事など、さまざまな問題が起こった際は企業の窓口として即、対応に取り掛からなくてはなりません。事実確認を急ぎながら上層部とやり取りし、対外的な対応(説明責任を果たすべく、文書にまとめて情報を発信したり、謝罪対応したり)を行います。時には記者会見が必要で、マスコミを前に矢面に立って説明・謝罪をすることもありえます。こうしたトラブル時の対応は突発的に発生するため、精神的にも体力的にもかなり厳しい状況に置かれることになります。

広報・広告宣伝・PRは、発信する情報や企画によって、企業や製品、サービスの認知度やイメージに直接、影響を与える仕事をします。そのため、経営層の承認を得る機会が多いなど、上層部との関わりが深くなります。経営層に対して資料内容や企画の説明を行い納得してもらうことにはプレッシャーが伴います。また、費用対効果が厳しくチェックされることや売上増加、イメージアップという成果を達成しなければならない責任の重さにも耐えなければならない厳しさがあります。

広報・広告宣伝・PRの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・コミュニケーション力
・マーケティングスキル
・文章力とPCスキル

【資格】
・プロモーショナル・マーケター認証資格
・PRプランナー(資格認定制度)
・IRプランナー資格

広報・広告宣伝・PRは、社内外とのコミュニケーション頻度の高い職種です。各ステークホルダーやTPOにあわせた、企業の顔としての適切なコミュニケーションが取れる高いスキルが求められます。職種未経験でも接客や営業、プロジェクトへの参加等を通して、顧客やメンバーと信頼関係を構築したといった経験は転職後の役に立つでしょう。

広報・広告宣伝・PRは、市場調査や分析、トレンドの把握といったマーケティングスキルも欠かせません。マーケティング職や営業・商品企画、コンサルタントといった経験があれば即戦力として活かせる可能性が大きいでしょう。また、プレスリリースや広告文面など、文書を作成する機会が多い仕事ですから、ビジネスの定型文から心を動かせる文章まで書ける、高い文章力も必須です。WordやExcelなどOffice系ソフトや画像編集のPhotoshop・Illustrator、Webサイトの更新作業を行うWordpress等が使用できるPCスキルも扱えると活かせるでしょう。

広報・広告宣伝・PRに必須の資格はありませんが、購買意欲を促進するマーケティングを体系的に学べる、日本プロモーショナル・マーケティング協会認定の『プロモーショナル・マーケター認証資格』や、PR分野の知識や技能の向上を目指す日本PR協会認定の『PRプランナー(資格認定制度)』、IR活動で必要なスキルの習得を証明する特定非営利活動法人日本IRプランナーズ協会認定の『IRプランナー資格』など、業務に活かすことができる資格を保有していればアピールになるでしょう。

広報・広告宣伝・PRに向いている人

広報・広告宣伝・PRには、さまざまな人と多くのコミュニケーション機会があります。そのため、人とのコミュニケーションが好きで、どのような相手とでも良好なコミュニケーションが行える人が向いています。物事を分かりやすく伝えられる力や臨機応変な対応力、好感度の高さなどもこれらの職種では大きな武器になります。

広報・広告宣伝・PRには、市場・業界の動向などの情報にアンテナを張って、トレンドをリサーチすることに興味を持てる人が向いています。最新のマーケティングの知識・スキルもキャッチアップすることも求められます。日頃から官公庁が発信する情報やWebメディア、競合のプレスリリースなどさまざまな情報源をチェックできる情報収集能力の高い人、統計的な分析なども積極的に学べるといった人が向いています。

広報・広告宣伝・PRの仕事で、どの層にどのような情報を発信するべきかという課題に取り組む、あるいはリスクを想定して準備しておくことには、想像力や問題意識を持って主体的に行動できることが必要です。フットワークが軽く、行動力がある人も向いているでしょう。

広報・広告宣伝・PRの最近の動向

SNSが浸透して個人での情報発信が気軽になるとともに、いかに生活者・消費者(ユーザー)と良い関係を築けるかが強く求められており、広報・PRに期待される役割が大きくなってきています。また、広告宣伝の領域も含めて、一般人ながら影響力を持つインフルエンサーを活用した「インフルエンサーマーケティング」の導入も広がっています。そうした動向からインフルエンサーマーケティング支援を専門とする会社も続々と増えています。
今後も事業会社やマーケティング会社、PR会社などでもステルスマーケティングといった違反行為にならず、効果的なインフルエンサーマーケティングが行えるノウハウや経験を持った人材への注目は続くでしょう。

未経験から広報・広告宣伝・PRを目指すには?

広報・PRは、高いコミュニケーションスキルや世の中の動向を把握していることが求められるため、職種未経験でもマーケティングや営業、企画職などの職種経験者は転職で有利といわれます。しかし、大手企業であればプロパー(生え抜き)が担当することが多いこと、また中途採用ではマスコミ関連やPR会社や広告代理店出身者が歓迎される傾向があることは頭に入れておきましょう。また、未経験から広告宣伝を目指すには、未経験可の求人応募の他、広告代理店など業界企業でのアシスタント職からチャレンジする方法もあります。クリエイティブ分野での業務経験やWeb広告などの運用経験があればアピールになるでしょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

この記事が気に入ったらいいねしよう!