Technique

営業企画の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、営業企画の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しましょう。

営業企画の仕事内容とは

営業企画とは、自社の製品・サービスを販売するための営業戦略を企画、推進する仕事です。営業担当者を戦略面でサポートする役割で、戦略の立案・策定だけではなく、実施を主導することもあります。また、提案に用いる資料やツールを整えて販売環境をより良くすることや、インセンティブの導入・見直しといった営業担当者のモチベーションアップ、営業支援ツール(システム)の検討なども担当します。

営業企画は、企業の営業部門やマーケティング部門などに所属することが多い職種で、業務内容は多岐に渡ります。例えば、営業活動の戦略立案、競合他社の情報収集を含むマーケティング調査・分析、提案資料や販促ツールの作成、営業目標の設定やインセンティブの設定、宣伝や店舗環境の改善などです。企業や扱う製品・サービスによっても業務範囲が異なります。売上に直結するため、企業経営に大きく影響するやりがいのある仕事といえるでしょう。

営業企画に求められる適性

マーケティングセンス(情報収集力、分析力)

製品やサービスが売れるための戦略、仕組みづくりにはマーケティングが欠かせず、営業企画にはマーケターとしての一面があります。また、市場調査や競合分析などで必要なデータを収集し、数値で分析結果として根拠を示していかなくてはいけません。データや数値で緻密な作業をし、定量的に考えることが苦でない人が向いているでしょう。

高いコミュニケーションスキル

営業企画が立案した企画を実行に移すには、営業担当者などへ納得できるように説明することや、関係者への調整といった多くのコミュニケーションが欠かせません。関係者のモチベーションアップを図る、協力しあう雰囲気づくりなどの努力も必要です。もちろん、自ら率先して動く、営業職を引っ張る行動力やリーダーシップなども求められます。企業によっては宣伝に近い仕事を行うこともあり、メディア対応や顧客対応といった対外的なコミュニケーションを担うこともあります。

課題解決力や発想力

営業企画では、営業部門が売上の伸ばすために何が課題となっているのかを把握し、それを解決する施策を打ちます。データ分析からの提案もあれば、他社事例などから発想を得たアイデアなどが生きる場面もあります。また、販促・宣伝ツール作成といった場面では制作スキルはもちろん、どんなメッセージをどのような方法でターゲット層へ届けるか、どんな工夫をしたら相手に魅力が伝わるかといったクリエイティブな発想力も役に立ちます。

営業企画の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

営業企画の業務では、マーケティング関連スキルやコミュニケーション力、課題解決力などが必要です。チームの規模によっては人を動かすリーダーシップが求められることもあるかもしれません。まずは過去の職歴を振り返り、業務経験や資格を通じて得た知識やスキル、そのレベルを採用担当者に正確に伝えましょう。未経験から営業企画職を目指す場合には、コミュニケーションスキルなど転職後に活かせるスキルを具体的なエピソードや実績などと一緒にアピールしましょう。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。その際に、事実や本心に反したことを書くと、選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があります。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容の志望動機を作成しましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や実務スキルなどをアピールした上で「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるため、キャリアパスなどを明確にして「やる気」をアピールすることが大切です。

営業企画の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き変えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらない恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

営業企画経験者の志望動機サンプル

私は、現職の〇〇〇ホテル営業企画部門に〇年、勤務しております。個人、企業・団体、旅行代理店向けのパンフレット作成、HP運営や旅行サイト管理を継続して担当し、昨年4月までは雑誌や旅行サイト等メディア対応も1年ほど担当しておりました。ビジネスに支障のない英語力があり、販促・宣伝ツールの英語版や海外メディア掲載物のチェック及びやり取りも問題ありません。現在は、ホテル内催事、イベントの企画を中心に業務を行っています。特に地元企業と連携する地域特化型イベントを通年で*件企画・実施し、特に「〇〇〇企画」はイベント集客率**%アップと自社最高の数字となり、社長賞を頂くことができました。自分が企画したイベントをきっかけにホテルを初めて利用するお客さまが増えることに、特にやりがいを感じています。貴社は日本を代表する歴史あるホテルであり、外国からのお客様も多くいらっしゃいます。海外への販売・宣伝チャネル開拓にはこれまでの経験が活かせると考えています。そして歴史にふさわしいながらも、今の日本を感じさせるような新しい企画に挑戦して、貴社に貢献したいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・同業種の営業企画として担当した業務と実績が記載され、保有知識やスキルが伝わる内容になっています。
・経験から得たやりがいを示したうえで、企業を選んだ理由とやりたいことを述べており、前向きな転職理由に感じられます。
・即戦力で活躍できることをアピールしつつ、意欲も感じられる内容に仕上がっています。

営業企画未経験者の志望動機サンプル

私は飲料メーカーで、飲食店向け営業を*年勤め、〇〇分野の商品を担当しています。販促ツールを提供して取引額を拡大するなど、既存顧客への提案営業が主で平均**件/日(担当エリアは〇〇〇等)を訪問しています。最近は顧客店舗からに販促アイデアを求められることが増えています。実施の判断は店舗側に委ねられますが、単なる思いつきにならないようその店舗の顧客層をじっくり観察して企画を練っています。あるレストランでは対象メニューの販売数●●%アップの結果を出し、自社商品の売上●●%アップに貢献できました。こうした経験から、データでの消費者行動分析や効果検証など、より定量的マーケティング手法を用いつつ、さまざまな販促・宣伝企画を手掛けたいと希望するようになりました。そこで消費者モニター分析を基にした販促企画で〇〇〇賞を受賞など、食品業界でマーケティングに強いと知られる貴社の営業企画部に応募させて頂きました。これまでの現場の営業経験を活かしつつ、営業担当者の強い支援となり顧客に喜ばれる企画を手掛けて、貴社に貢献してまいります。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・業務内容や実績が端的に書かれ、営業現場を知りコミュニケーションスキルがあること、転職後に活かせるスキルがあることが分かります。
・営業企画を希望する理由と企業を選んだ理由とに矛盾がなく、企業側が納得できる内容です。
・営業企画未経験でも、応募職種にアピールになる経験を工夫した点まで記載して、意欲的な人材あることも示せています。

まとめ

営業企画の志望動機を作成するには、業務経験や保有スキルを具体的に記載したうえで、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

営業企画の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!