Technique

営業企画の職務経歴書サンプルと書き方のポイント

営業企画の職務経歴書を作成する際には、応募先企業が属する業界に関わる知識に加え、営業戦略を立てた実績やマーケティングに関する知識・知見などの幅広い専門知識・経験を記載することが重要です。営業の成果に繋がる重要な任務を担うので、ビジネスパーソンとしての高い能力が求められますが、転職市場での価値が高く、キャリアアップも望める職種なので、採用担当者にスキル・経験を正確に伝える職務経歴書を作成しましょう。

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEditWord形式のサンプルをダウンロードするDownload

営業企画の職務経歴書を書くポイント

具体的な成果・実績について数値を用いて記載する

企画やマーケティング部門での具体的な実績が問われる傾向が強いです。業務に必要な知識やスキル、資格等を記載することも重要ですが、業務内容や成果について詳細に記載し、営業企画としてどのような成果を残したのかを明確にしましょう。具体的な数値を用いて、規模や営業実績の変化等を簡潔にまとめて記載すると、読み手にわかりやすい書類になります。また、見やすいレイアウトにすることも重要なので、幅広い業務を担当していた場合には用語で簡潔に記載しましょう。とはいえ、業務内容は職務スキルをアピールできる要素なので、漏れなく記載する必要があります。特に募集要項に記載されている、企業が求める人物像にマッチする内容は可能な限り盛り込みましょう。

得意分野を明確にして個性を表現する

営業企画やマーケティング部門での成果や実績は所属企業や取引先の規模の大きさに左右される面があり、個人のスキルや個性が見えにくいこともあります。得意分野を明確に記載し、個性や強みを採用担当者にアピールしましょう。中途採用の場合は企業が「このような人材が欲しい」と、求める人物像を明確にしているケースが多いので、その人物像にマッチする人材だとアピールするためのツールとしても使えます。加えて、業界知識やトレンドリサーチの経験を基にした知識・知見の豊富さ等を伝えることもできます。職務経歴書をより魅力的に見せるための工夫をしましょう。

営業に関する知識・知見の深さをアピールする

営業企画には営業経験や知識が求められます。営業、もしくは営業企画と営業の両方を担当していた経験がある場合には、職務経歴書でアピールしましょう。また「マーケティング・ビジネス実務検定」や「マーケティング・マスターコース」等といった営業企画に関連する資格を保有している場合にもアピールツールとして利用できます。営業企画は営業成果を上げるための戦術を決めるだけでなく、営業担当者をモチベートしたり成果報酬の仕組みを作ったり等といった仕事も幅広くこなすこともあります。だからこそ営業担当者の気持ちを理解していることがとても重要だといえます。

営業企画に求められる能力

資料作成や販促のためのツール制作、情報収集等を行うための基本的なPCスキルが必要になります。WordやExcel、PowerPointに関する知識、経験、資格があれば実際の業務に活かせるでしょう。

マーケティングの4P(製品戦略、宣伝広告コミュニケーション、価格、流通)や3C分析等のマーケティングに関する知識が必要です。またそういった知識を活かすために日々業界やトレンドに関する情報収集を行うことも重要です。

業務改善等で営業サイドが混乱してしまうと、かえって成果が落ちてしまう可能性もあります。営業担当者への配慮はもちろん、わかりやすいマニュアルの作成スキルや調整力等も必要です。

営業企画や営業の担当者に加え、経営層や取引先等ともコミュニケーションを取る機会が多くなる可能性が高いので、コミュニケーションスキルや折衝経験、管理調整スキルといった能力があると評価される傾向があります。

営業企画職の職務経歴書サンプル

職務経歴 概略

20××年X月~
20××年X月
株式会社○○ 営業技術部
20××年X月~ 株式会社○○ 営業戦略部 マーケティング課 主任補佐
  現在に至る

職務経歴

■20××年×月~現在に至る  
株式会社 ○○ 
【事業内容:ネットワークセキュリティソフトの企画設計開発・販売/資本金:○億円/売上高:△億円/従業員:×名】

期間 業務内容
20××年X月

20××年X月
(×年×ヶ月)
株式会社 ○○ 営業技術部
<営業支援>
●案件同行(要件に合わせた提案資料の作成、評価環境の構築)
●操作マニュアル、構築手順書の作成(PowerPoint、Word、Excel形式)

<ユーザ対応>
●製品構築および操作方法の構築(導入・教育実績:X社、規模:50~1,000クライアント)
●テクニカルサポート(一次および二次対応、規模:50~3,000クライアント)
20××年X月

現在
(×年×ヶ月)
同社 営業戦略部 マーケティング課 主任補佐
主に1部上場の大手法人企業向けにCADソフト・その他関連ソフトを販売

<営業推進業務>
●販売代理店への製品構築・説明方法の教育(計X名)、社内営業アシスタントへの製品概要の教育(X名)
●XXXX社はじめ協業企業・販売代理店とのプロモーション活動(展示会への出展、提案資料作成)
●資料作成(Excel形式での案件受注予定表作成、受失注理由分析)

<販促企画推進>
●既存ユーザサポート強化プロジェクト推進
(メンバー:約X名、期間:Xヶ月、のちに新サポート制度が設立)
●機関紙の配信数増加プロジェクト企画および推進
(メンバー:X名、期間:Xヶ月、配信数 前号比150%増 XXXX部)
●既存ユーザ運用事例発表イベント開催
(メンバー:X名、期間:Xヶ月、事例獲得数 前年比110%XX件、参加人数XX名)

<主な実績>
●販売代理店エンジニアへの製品教育では、FAQを多く取り入れた講義を行い、講義満足度の平均は87%を獲得。他講師の平均は50%後半で、講師X名中トップの満足度で、社内教育の講師も担当している。
●既存ユーザサポート強化プロジェクトでは利用状況を改善するための電話による現状確認をXXXX社に実施。このプロジェクト結果から長期利用ユーザのサポート強化の必要性がわかったため、京都本社にサポート強化の新部署が設立された。

得意分野

■Microsoft Office PowerPoint、Word、Excelでの提案資料、分析資料、手順書作成(X年)
■社外および社内での製品教育(X年)
■販売促進およびユーザ満足度向上のための企画立案と推進(X年)

自己PR

私の強みは、営業の成果を上げるための多角的なアプローチを行えることです。販売店の営業担当者の販売促進やユーザサポートなどに関わる講義をはじめ、プロモーション活動に関する企画立案、数値分析を基にした戦略立案などを行い、営業をサポートするための多角的なアプローチを実現します。現職では主任補佐としてマネジメントに携わっており、今後は今まで以上にマネジメントにも注力して参りたいと考えております。これまでに培ったノウハウをメンバーに伝え、貴社に貢献できるよう尽力して参る所存です。

職務経歴書のセルフチェック方法

完成度を高めるために、内容を再確認することが重要です。
以下を参考にして、職務経歴書をブラッシュアップしましょう。

職務経歴書のチェック項目

職歴を「5W1H」で明確に伝えられていますか?

  • いつ(西暦表記・在籍期間)
  • どこで(在籍企業・所属部署・常駐先)
  • どんな立場で(役職・役割・責任の範囲)
  • 誰に対して(社内関係者・社外担当者)
  • 何を(具体的な職務・業務)
  • どれくらい(規模・プロジェクト人数・予算など)

自己PRになる情報を盛り込めていますか?

  • 成果・実績(売上の増加・業務改善後の数値・社内評価・マーケティング実績など)
  • 専門スキル(PCスキル≪Word・Excel・PowerPointなど≫・専門知識≪業界知識・業務知識≫)
  • 応用スキル(営業経験・語学力・ビジネスマナー・PCスキルなど)

情報が正確に伝わる内容に仕上がっていますか?

  • ビジネス文書(名詞・体言止め)
  • レイアウト(記号・改行・表で見やすく)
  • 具体性(5W1H・数値・専門用語)
  • PRポイント(得意分野・業務内容)
  • 適性(求める人物像に合致)
  • マネジメント(人数・成果)
登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEditWord形式のサンプルをダウンロードするDownload

この記事に興味がある人へのおすすめ

営業企画の職務経歴書サンプルと書き方のポイント
この記事が気に入ったらいいねしよう!