Get Ready

社内SE(社内システム企画)の仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

社内SE(社内システム企画)

社内SE(社内システム企画)は、社内システムの構築・運用保守に加え、社員からの問い合わせ対応も行う重要な仕事です。社内SEの仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にもわかりやすくまとめました。

社内SE(社内システム企画)の主な仕事内容

社内SEは、自社のシステム構築・運用保守に関わる業務や、ヘルプデスクとして社員へPCや社内システムの使い方等の問い合わせ対応、故障対応などを行う職種です。業務内容はシステムエンジニアに近いですが、社内SEは基本的に自社内のシステムに関わる業務のみを行います。

社内SEは、自社の経営戦略や事業戦略を理解した上で、業績アップや業務プロセス改善、コスト削減などに最適なITシステムの導入を検討し、提案します。経営者などの承認を受けてシステムの導入が決定したら、開発段階に入ります。開発については、社内SEが着手する場合と、情報システム開発会社やソフトウェア会社などへ外注する場合があります。そして、導入後にはシステムの保守運用、変更・拡張などを行いながら、必要に応じて社員のサポートも行います。

社員サポートは、ヘルプデスクとしてPCからプリンター、スマートフォンなどあらゆる社内ITツールの操作への問い合わせに対応したり、業務を効率化するためのアドバイスなどを行ったりします。社内には、PCやソフトウェアに関する知識がない人や経験が浅い人もいますので、社内SEは頼りにされる存在です。

社内SE(社内システム企画)の仕事のやりがい

・会社経営に影響を与える仕事に携われる
・直接、感謝される機会が多くある
・業務範囲が広く、幅の広い知識・経験が得られる

社内SEは、社内の業務改善やコスト削減などに影響を与えるITシステムの構築・運用に関わるため、会社の経営状態に大きく影響を与えることがあります。ITシステムの導入に伴って業務効率が劇的に改善したり、会社の支出が大幅に減ったりすることは少なくありません。そうした重要な業務に携われることに対して大きなやりがいを感じられるでしょう。

社内SEはヘルプデスクとして機能する性質上、開発だけを行うSEに比べて、人が困っているときに役に立てる場面が多くあります。社員サポートなどの細かな仕事が増えますが、直接、感謝される場面も多く、働いていくうえでのやりがいの一つになります。

社内SEは自社のIT・システム戦略といった上流工程に関わったり、他社(SIerなど)を巻き込んだプロジェクトをマネジメントしたり、運用保守の業務やヘルプデスク対応を行うなど業務範囲が幅広くなります。技術以外の知識・経験を踏まえたうえで、将来のキャリアパスを検討できる点にメリットを感じる人もいるかもしれません。

社内SE(社内システム企画)の仕事の厳しさ

・初歩的で突発的な問い合わせ対応が多い
・企業規模によっては、技術的に頼れる人がいない
・責任の大きな仕事

PC操作や情報システムを利用することに慣れない社員が多かったり、複数の社員が同様の問い合わせをしたりすることもよくあります。企業によっては、初歩的で突発的な問い合わせ対応が頻発したり、何でも屋さんのような相談が多くなったりなども珍しくありません。すべての社員に対して丁寧に対応しなければならないことに対して、厳しさを感じる場合があります。

企業規模によっては社内SEが1人や少人数ということがあります。システム開発やシステムに関わるソフトウェアなどの専門的な知識やスキルを求められますが、社内に技術的に相談できる人がいない場合もあります。自身の技術レベルによっては、システム企画・開発などの業務を担当する場合に、負担を感じることがあるかもしれません。

社内SEは企業の社内システム運用に責任を負うため、改修時のミスなどでシステムがストップをしてしまう事態になれば、会社全体の業務がストップしてしまい損害を与える可能性があります。そういった責任の大きな仕事に携わることに対して厳しさを感じることもあるでしょう。

社内SE(社内システム企画)の仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・プログラミングに関する知識・経験
・コミュニケーション能力
・プレゼン能力

【資格】
・基本情報技術者
・応用情報技術者
・PM(プロジェクトマネージャ試験)

社内SEは、ITシステムの開発も行う可能性があるので、プログラミングに関する知識や経験を活かせます。企業によっては未経験者可の募集をしていることもありますが、その場合にもプログラム言語やコーディングに関する知識などを得ておけば役立つでしょう。またSE未経験者ならば、パソコン機器やインターネットの仕組みに詳しいことがアピールポイントになる可能性があります。

また、社内SEにはヘルプデスク業務があるので社員と接する機会が多く、コミュニケーション能力が求められます。情報システムを活用した効率化のアドバイスを行う、経営層からのITシステムについての相談、導入提案などが求められる場面もあります。折衝経験やプレゼン力といったスキルのアピールも有効です。

情報技術やマネジメントなど業務に直接関係する資格を保有していると、知識やスキルの裏付けになります。特にSE未経験者なら意欲を示せるので、忘れずに関連資格を志望動機や職務経歴書などの提出書類に記載しましょう。

社内SE(社内システム企画)に向いている人

社内SEは社内への情報システムの開発・導入から、社員からの簡単なシステム上の問い合わせへ対応まで幅広い業務を担当する職種なので、ネットワークからWebに至るまで関連知識やスキルを自ら積極的に習得できる人に向いています。ITツールに興味があり、PCや周辺機器、スマートフォンなどに詳しいことも活かせます。

また、社内SEは社員のサポートする業務を幅広く行うため、技術力を活かして「人とコミュニケーションの多い仕事がしたい」「直接、感謝されることがやりがい」と感じる人に向いているでしょう。人に親身になることができ、親切に対応できることが求められる職種です。

社内SEはシステム開発の進捗などのマネジメントを行いながら、社員からの問い合わせ、突発的なシステムトラブルへ対応するなどマルチタスクな仕事ぶりを求められます。そうしたスタイルに苦痛を感じず、臨機応変にスピード良く対応できることが大切です。

社内SE(社内システム企画)のキャリアパス

社内SEは、その他の技術職に比べて未経験からでも目指しやすい職種だといわれているため、技術職への入り口として転職を希望する人が多くなっています。最終的には自社システムに関する専門的な知識やスキルが求められる職種ではありますが、簡単な業務から始めて、徐々に成長していける環境に身を置ける可能性のある職種だといえるでしょう。

社内SEとして経験を積み、知識・スキルをより深めたい分野が見つかってからセキュリティエンジニア、システムエンジニアやプログラマーなどにキャリアチェンジするケースがあります。また、社内で実績を積み上げ、リーダーやマネージャーとして管理業務にシフトしていく人も多いです。そういう意味では、キャリアパスの選択肢が多く、自分に合う道を選んでいきやすい職種だといえるでしょう。

社内SE(社内システム企画)の最近の動向

IT分野での技術進化は速く、それに伴って経営層からの情報システムへの期待もさらに高まっています。たとえば、クラウド化やAIやIoTなどの技術を活用することによって、新規事業や業務効率化・コスト削減、セキュリティ強化などの実現を目指す動きが増加傾向にあります。

社内業務などにIT技術が活用されることで、それに関するトラブルや操作上の説明を行うことなどに対応できる社内SEに対するニーズが高まってきています。IT技術の導入率は今後も高まり続けると予想され、社内SEに対するニーズはさらに高まっていくでしょう。

未経験から社内SE(社内システム企画)を目指すには?

ITに関する知識やスキルを保有しているほうが有利ですが、社内SEは自社で育成する方針の企業も多く、未経験者の求人も少なくありません。つまり完全な未経験からでも社内SEを目指す道はあります。異業界から目指すなら、基本情報技術者など基礎的知識を証明する資格を取得しておくことで、企業側にやる気を認めてもらえる可能性が高まるかもしれません。

また、社内SEには社員に対するコミュニケーション能力や社内調整力が求められます。情報システムの構築・変更といった場面では、経営層への提案力やプロジェクト管理業務が役立つ場合もあります。そうしたスキルをアピールできる業務経験がある場合は、採用担当者に向けてわかりやすく示しましょう。

この記事に興味がある人へのおすすめ

社内SE(社内システム企画)
この記事が気に入ったらいいねしよう!