Technique

ウェディングプランナー経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではウェディングプランナー経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

ウェディングプランナーのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

ウェディングプランナーは、結婚式の成約からプランニング、会場や業者などの手配、当日の進行管理など、幅広い業務を担当する職種です。ウェディングプランナーの「実績」とは、売上、売上達成率、成約件数などです。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。営業の素養が求められる求人に応募する場合は特に、「実績」をアピールすることが有効です。求められる知識やスキルは企業によって異なるので、求人情報に目を通した上でマッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

ウェディングプランナーの業務を通して得られる、結婚式におけるすべての工程に関する知識や管理力などはホテル業界やブライダル業界に応用できます。また、顧客へのヒアリング力やプレゼンスキルなどは、営業系の職種に応募する際にアピールポイントになります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」をアピールしましょう。また、ウェディングプランナーの業務に関連して取得した『ブライダルプランナー検定』や『IWPAウェディングフラワーデザイナー資格』などの「資格」や『TOEIC』などの語学に関するものを保有しているとアピールポイントになる場合があります。採用担当者から評価されるあなた自身の強みを伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

ウェディングプランナーは、結婚式のプランニングにおいて提案を行ったり当日の進行管理などのミスの許されない業務を行ったりと、経験を問われる業務を行うことも多い職種です。経験の豊富さを伝えるために「ウェディングプランナー○年」、「フラワーデザイナー○年」などのように「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者に将来性を感じてもらえる内容に仕上げましょう。

ウェディングプランナーの自己PR例文集

ウェディングプランナーの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はウェディングプランナーとして結婚式場に5年間勤務し、成約からプラン作成、当日の進行まで幅広く担当しておりました。中でも、お客様ご本人やご親族のご意向、招待予定のゲストの情報などを丁寧にヒアリングした上で、幅広い選択肢をご提案させていただき、成約につなげることを得意としておりました。その結果、20××年には売上〇〇万円、成約件数〇〇件を達成し、売上に貢献することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企業によってはプランナーと営業担当者を分けている場合もありますが、どちらの業務も兼任する場合が多いです。営業経験はあらゆる業界・業種で必要とされるため、アピールポイントになります。営業力をアピールするためには、売上や成約件数といった実績を具体的に記載しましょう。

私は、オリジナルの結婚式を実現できる結婚式プロデュース会社にて、ウェディングプランナーを5年間経験しました。結婚式の会場や業者の手配をお客様の要望にあわせてイチから行い、ヘアメイク、ドレスレンタル、式場、備品などの関連業者とのやり取りもすべて行ってまいりました。そのため、結婚式に関連するさまざまな知識を身に付けております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

ウェディングプランナーの業務を通して身に付けた専門的な知識は、ホテルやブライダル業界への転職の際にはアピールポイントになります。過去の担当業務や役割について具体的に記載し、知識をアピールしましょう。また、応募する職種と関連性の高い資格を保有している場合には、その情報を記載することも大切です。

私の強みはヒアリング力と提案力です。私はホテルのブライダルサロンに4年間勤務し、プランニングや手配を専門に担当しておりました。お客様へのヒアリングを行う際には、まずは希望される結婚式の全体像を把握することを重視しております。お客様によっては、結婚式に関する知識が少ないことが原因でご要望をうまく伝えられない場合があるため、こちらから多くの具体例をお話しすることでお客様の特徴を掴み、ご希望の結婚式に近づくプランを提案します。ウェディングプランナーの業務はお客様やご親族、ご友人などの喜びに繋がる仕事と考えているため、適切な箇所にお金をかけ、より良い結婚式をプランニングすることを目指して業務を行っております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

ウェディングプランナーの業務を通して、売上や顧客満足度を考慮した最適な提案をした経験や、その経験から身に付いたヒアリング力と提案力があれば、アピールポイントになる場合があります。過去の業務経験や重要視していることなどの情報を盛り込み、それらのスキルをアピールしましょう。顧客満足度の実績や表彰された経験などがある場合には、その情報を盛り込むことも有効です。

結婚式のプランニングを行う企業のウェディングプランナーに従事し、最大で16組のお客様のスケジュール、業務提携先の業者などを管理した経験があります。日時の誤りや手配漏れのミスは絶対に許されない仕事であるため、重要なことを伝えるときは小さなことでも省略せずに正確に伝えて記録に残すことや、万が一ミスが発生した場合の対処法を準備することを意識しておりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

ウェディングプランナーは、複数の顧客や業者を管理しながら業務を進行していくため、管理力が求められます。業務で培われた管理力については、過去に何件の顧客を管理した経験があるか、適切に管理するために何を行っているかなどを具体的に記載してアピールしましょう。同時に複数の案件を扱う職種などに応募する際には評価される可能性があります。

私は結婚式場を紹介する仲介企業にてウェディングプランナーを務めており、多くのお客様と結婚式場の橋渡しを行ってまいりました。私の強みは目標達成意欲が高いことです。目標達成のために、お客様の来店日時とその後の動きを観察し、2週間後、1ヵ月後に電話やメールでご連絡しています。また、お客様のご要望を式場に交渉し、成約に繋げることも意識しておりました。取り組みの結果、3期連続で、個人・店舗ともに目標を達成することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

成約までを担当するウェディングプランナーを経験し、売上を立てる力や目標達成意欲がある場合は、営業系の職種に応募する際にアピールポイントになります。目的達成意欲をアピールしたい場合には、顧客に対してどのようにアプローチをしたのか、どのようにコミュニケーションを工夫したかなど、売上を上げるために行った取り組みについて記載することが有効です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

ウェディングプランナーの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!