Technique

店長職・店長候補の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、店長職・店長候補の仕事内容や、求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

店長職・店長候補の仕事内容とは

店長職・店長候補は、飲食・小売り・アパレルなどさまざまな業種の店舗運営の責任者です。店舗スタッフのシフト管理や育成、商品の発注・在庫管理、売上や予算などのヒト・モノ・カネの管理を行います。ただし、店長候補については、店長のサポートとしてお店を運営し、店長不在の時には店長代理の役割を果たす役職(副店長など)の場合と、店舗のスタッフとして勤務して店長を目指すといった立場のどちらかであることが一般的です。求人内容できちんと確認しましょう。

店長職・店長候補は、一般的に店舗運営のあらゆるオペレーションについて模範となるレベルを求められます。また、スーパーバイザー(SV)やエリアマネージャーなど本部側との折衝といった業務も担当します。一部企業ではこうしたバックオフィスでの業務が主となる場合もあります。業種の違いやチェーン店・フランチャイズ店といった形態の違いによって、店長職・店長候補の裁量権や業務範囲が異なりますが、いずれも企業の理念や経営方針、経営戦略、商品などを理解して店舗を運営し、店舗スタッフを育成する重要な役割を担います。たとえばアパレル企業なら、ブランドイメージを強化する店舗づくりやエリアの特性(顧客層)を踏まえた商品調達などを行います。

店長職・店長候補に求められる適性

リーダーシップがある

店長職・店長候補は、店舗を統括するリーダーなので人を巻き込んで引っ張っていくリーダーシップが求められます。また、人と関わることが好きで相手に合わせたコミュニケーションが取れることや、他者をモチベートする力を発揮できる人に適性があるでしょう。

プレッシャーに強い、体力がある

店長職・店長候補は日々、売上や店舗の営業状態などに関する責任を負う立場にあるためストレスを感じやすく、また自身の判断が店舗の売上を左右するという立場から、強いプレッシャーが掛かります。精神的なプレッシャーに強い方がこの職種に適性があるでしょう。また、人員不足には店長職・店長候補が休日出勤で対応することもあり、体力も必要です。

自発的に動いて、コツコツ努力できる

店長職・店長候補は、自発的に動いて人の嫌がるような仕事でも率先してやるような前向きな人が向いています。スタッフもそうした姿をみて学んでいくからです。また、店長職・店長候補は、店舗について全て把握するだけではなく、新しい知識やトレンドを学び続けなくてはいけないため、コツコツと努力を続けることも必要です。

店長職・店長候補の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせる知識・スキルを伝える

店長職・店長候補には、その業界の専門知識や店舗業務の知識・スキル、コミュニケーションスキルやリーダーシップが求められます。これまで担当した業務や実績・成果といった情報を盛り込み、知識・スキルのレベルを採用担当者に示しましょう。未経験から店長として転職することは現実的ではありませんが、店舗のスタッフ(店長候補を含む)であれば未経験者歓迎の求人も多いため、コミュニケーション力やリーダーシップなどをアピールして、まずは店舗で経験を積んでいきましょう。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層など詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。
注意点としては「事実を書くこと」が挙げられます。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容としましょう。

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。まずは習得した知識や実務スキルなどをアピールした上で、「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。店舗のスタッフ(店長候補を含む)であれば未経験者歓迎の求人も多いため、こうした求人に応募する際は目指すキャリアパスを示して「やる気」や「将来性」をアピールすることが大切です。

店長職・店長候補の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとし、内容を自分らしく書き変えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分自身の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

店長職・店長候補経験者の志望動機サンプル

私は〇〇地方で展開する回転寿司チェーンで5年間勤務しています。入社後の半年は業務全般を経験し、その後は調理と板前接客を担当、直近の1年間は副店長として勤務してスタッフ(アルバイトを含む40名)の指導と勤怠管理、また食材管理や売上管理を担当しています。〇〇〇エリア内店舗では顧客満足度の最も高い店舗として評価を頂き、スタッフの指導には自信があります。今回、業界最大手の貴社で東京の新規店舗立ち上げの店長を募集していると知り、ぜひチャレンジしたいと応募させて頂きました。現職の店舗は年商が2億円規模あり、その店舗運営のオペレーション全体を把握しており、入社後は即戦力として貢献してまいります。将来はスーパーバイザーなど、上のマネジメントへとステップアップしていきたいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・同業種でどのような業務を担当してきたかが端的に示され、得意分野も記載されて経験やレベルが分かりやすいです。
・業界最大手の企業で店舗立ち上げを経験したい、というチャレンジ意欲の感じられる転職理由が記載されています。
・次に目指すキャリアパスが明示されていて、同じ業界または会社で長く活躍したいことが感じられ、将来性に期待できる内容に仕上がっています。

店長職・店長候補未経験者の志望動機サンプル

私は現在、女性用衣服を自社開発・販売する企業で、渋谷店のスタッフとして3年勤務し、接客やディスプレイ、商品管理などを主に担当しております。TOEICでのスコアが700点あり、英語での接客を得意としております。自身の今後のキャリアとして、アパレル系店舗で店長となり、ゆくゆくは旗艦店や海外店舗にチャレンジなどを目指しています。そのため、米国では既に人気ブランドで、日本進出にあたり今後数年で大都市圏での集中的な出店計画を立てている貴社でキャリアを築きたいと考え、今回、ストアマネジメント職候補へと応募させて頂きました。現職ではアルバイトの採用や教育面のサポートも行っていますが、貴社に入社後はコミュニケーションスキルやリーダーシップに磨きをかけて、人材育成面でも貢献致します。完全実力主義という貴社で、ぜひとも働かせて頂きたいと思っております。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・現職の職務内容や得意分野について記載され、保有スキルのレベルが分かりやすいです。
・目指すキャリアパスについて具体的に書かれているため、意欲が感じられ、将来性に期待が持てます。また、転職理由と企業を選んだ理由も、自身のキャリアパスと得意分野とつながっており、採用担当者が納得できる内容です。
・コミュニケーションスキルやリーダーシップなど、転職後に最重要となるスキルへの理解が示せていて店舗運営についての知識があることが分かります。

まとめ

店長職・店長候補の志望動機を作成するには、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。業務経験や保有スキルを具体的に盛り込み、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

店長職・店長候補の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!