Technique

アクセス解析・データサイエンティスト経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではアクセス解析・データサイエンティスト経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

アクセス解析・データサイエンティストのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

中途採用で必要としている人材の特徴は企業によってさまざまなので、募集要件を確認し、それにマッチする内容に仕上げることを意識しましょう。

成果がイメージできる「実績」を記載する

アクセス解析・データサイエンティストは能力や実績のある人材に対するニーズが高いので、自己PR欄でも職務経歴の中から特にトピックのある案件について取り上げるのもおすすめです。「どの業種・業界のデータを分析した経験があるか」、「集客率やリピート率が何%上がったか」、「売上が何%上がったか」などの実績を具体的に記載しましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

アクセス解析・データサイエンティストの仕事には、「R」や「IBM SPSS」などのデータ分析ソフト、「SQL」や「Python」などのプログラミング言語、「Excel」などのツール、データベース、ハードウェアに関する幅広い知識とスキルが求められます。
求人の募集要件や企業サイトなどに目を通し、企業がどのような人材を求めているのかを把握した上で、それにマッチする知識やスキルを優先的にアピールしましょう。自己PRは「企業目線」で評価される内容に仕上げることが重要です。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

アクセス解析・データサイエンティストは専門性の高く、比較的新しい職種でもあるため、経験年数が長いことがアピールポイントになります。中途採用では即戦力に対するニーズが高いので、「アクセス解析経験○○年」、「データサイエンティスト経験○○年」、「Googleアナリティクス使用歴○○年」など、「期間」について自己PRに記載しましょう。職種の経験が浅い場合には、転職後に役立つ可能性の高い業界知識や分析事例を中心にアピールすることが有効です。

アクセス解析・データサイエンティストの自己PR例文集

アクセス解析・データサイエンティストの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

現職ではデータサイエンティストとしてコンサルティングファームに所属し、ロジカルな思考力と分析力を磨いて参りました。業務ではRとIBM SPSSを使用しております。コンサルタントやシステムエンジニアらとチームでプロジェクトを担当しておりましたので、高いレベルでの分析を求められ、さまざまな角度での分析視点を身に付けることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

アクセス解析・データサイエンティストは、データの分析力が重要な職種です。そのためにはロジカルな思考力に加え、あらゆる分析の発想の引き出しも求められます。データ分析ソフトやプログラミング言語、データベースなどの専門知識も必要になる場合があるので、応募する企業の募集要件を参考にして優位度の高い業務経験や実績を含めて自己PRでアピールしましょう。

私は、人材紹介会社の集客部門でデータ解析を担当しております。1年目でSQL、2年目でPythonを習得し、現在はRを勉強中です。分析力を上げるにはプログラミングスキルの向上は欠かせないと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

高度な分析には、プログラミングスキルが欠かせません。扱える言語がある場合は試用期間も含めて記載しましょう。

私の長所は探求心があることです。影響力の高いデータだけでなく、さまざまな角度で分析できないか試してみるのが好きで、一見関連性の低そうなデータの中に有効な施策のヒントを見つけられることが喜びです。現職で担当しているECサイトのサイト分析では、それまで誰も気付かなかったユーザーの来訪タイミングと天気に相関関係を見出し、売上げアップの施策を提案することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

アクセス解析・データサイエンティストには、分析力を高め続けることが求められます。そのため、探求心があることはデータサイエンティストの適性の一つです。物事を深めていくことが得意、または好きな人は、具体的な結果・実績の情報を含めて自己PRでアピールしましょう。

私の長所は向上心を持ち続けられることです。現職ではコンサルティング会社でクライアントの経営戦略の策定に関わるデータ分析チームの一員として勤務しております。金融、飲食、不動産、製造などのさまざまな業界に携わらせていただく中で、業界知識を書籍や勉強会を通じて必死に学んできました。今後もより多くの知識やスキルを習得して仕事に活かせるよう、学ぶ姿勢を忘れずに主体的に行動して参ります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

アクセス解析・データサイエンティストとしての経験が浅い場合は、仕事に対する姿勢やマインドを伝えるのも有効です。統計解析のスペシャリストとして成長し続けることが求められるので、向上心や勤勉さは重要です。「将来的にどうなりたいか」、「どういうスキルに磨きをかけたいか」、「何を学びたいか」などを明確に表明し、向上心に具体性を持たせると尚良いでしょう。

私はシステムエンジニア出身で、2年ほど前からデータ解析部門に異動し、現在は課長を務めております。分析業務については未経験でしたが、SQLとPythonはすぐに習得できましたので、エンジニア経験で培った論理的思考を活かし、すぐに業務に慣れることができました。貴社のデータアナリシスチームでは、エンジニア出身者はいないと伺っておりますので、新しい知見を提供することで組織に貢献して参りたいと思います。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

プログラミング言語を扱えるレベルのアクセス解析・データサイエンティストは、即戦力として企業が求める人材です。テクニカル領域の知見や思考力をアピールするのも有効です。求人の要件を確認し、企業側が必要としている人材の特徴に合うように記載することが重要です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

アクセス解析・データサイエンティストの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!