Technique

アクセス解析・データサイエンティストの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、アクセス解析・データサイエンティストの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

アクセス解析・データサイエンティストの仕事内容とは

アクセス解析・データサイエンティストは、さまざまなデータを経営資源として活用するために必要とされる職種です。どちらもデータ収集や加工、分析を行いますが、アクセス解析はWeb上のデータを使用するのに対し、データサイエンティストが扱うデータはWebに限定されません。そのため、アクセス解析はWebマーケティング担当者(Webマーケターと呼ばれることもある)が担うことが一般的ですが、膨大なデータ解析を必要とする場合や未整理のデータを扱う場合などはデータサイエンティストが活躍します。現在、データサイエンティストの所属先は、データを大量に保有しているWeb系企業や顧客向けの解析ソフト開発などを行う企業が多い傾向にあります。

データサイエンティストの具体的な業務は、主に分析環境の構築・運用、分析・レポート作成です。分析環境の構築・運用とは、業務システムのログ、SNSやWebサイトなどからさまざまなデータを収集し、蓄積や運用できるようにする仕組みをつくることです。一方、アクセス解析はWebサイトやSNSなど「Web上のサービス」の流入数、流入経路、コンバージョン率などを調べて、それらのサービスのパフォーマンス評価をします。Googleアナリティクス等の解析ツールを使用するような場合は、Webマーケティングの業務範囲であることが多いでしょう。

どちらもまだ新しい職種であり、その呼称や業務領域、ミッションは企業によって異なります。志望動機を書く際には、その企業の中でどんなことをする職種なのか個別に調べることが大切です。

アクセス解析・データサイエンティストに求められる適性

高い論理的思考力がある

アクセス解析・データサイエンティストに求められるデータ分析の目的は、ビジネス課題の解決です。それにはデータによる仮説検証を行って、論理的に結論を導ける高いロジカルシンキング(論理的思考力)が求められます。そのため、当職種未経験でもビジネス分野でのスキルや経験を活かして、コンサルタントから転職して活躍する方もいます。

ビジネス上の課題への関心が高い

アクセス解析・データサイエンティストは、データを活用した課題解決を通して売上や利益率、集客、ブランドイメージアップなど事業の利益に貢献する仕事なので、そもそもビジネス上の課題への関心が高い人が向いています。経済やビジネス、社会の動向に常日頃から目を向けて興味を持っていることで、必要なものを選び取る力やデータを活用できる発想力がさらに増してくるといえます。

忍耐力がある

アクセス解析・データサイエンティストは、日々生み出される膨大なデータを処理していくコツコツとした作業が苦ではないことも必要で、データを扱うことを楽しみながら仕事に取り組める人が向いています。また、なかなか課題解決に有効なデータを抽出できない時やビジネスに活用する発想が生まれない時など、忍耐力が必要になる場面も多く、諦めずに取り組める精神力があることも求められます。

アクセス解析・データサイエンティストの志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

アクセス解析・データサイエンティストには、大きく3つの領域、つまりビジネス、IT、統計解析の専門知識やスキルが必要なので、どれかの領域でバックグラウンドを持つ人が転職して活躍しています。まずは過去の職歴を振り返り、過去の担当業務や実績などを通じて、それらの知識やスキルのレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。職種未経験から目指す場合には、エンジニア出身であればどのようなITシステムをどの工程で関わって構築したか、プログラミング言語は何が得意か、経営企画系の経験者ならどの立場でどのようなビジネス課題解決に取り組んだか、扱える手法など、具体的にスキルと経験などを示した上で、その職種で働きたいといった意欲を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層などを詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。注意点として挙げられるのは「事実を書くこと」です。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容にしましょう

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールした上で「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。とくに未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるためキャリアパスを示して本気度をアピールすることが大切です。

アクセス解析・データサイエンティストの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

アクセス解析・データサイエンティスト経験者の志望動機サンプル

私は株式会社〇〇〇でデータサイエンティストとして、Hadoopを中心とした分析基盤環境の構築・運用を5年担当しております。当初はHadoopの処理エンジンとストレージのどちらもオンプレミスで構築・運用しておりましたが、自身がリーダーとなってストレージをクラウド化する変更を行い、年間の運用コストを●%削減致しました。技術評価を担当したことで、小規模から大規模まで現在のデータ基盤技術全般について一定の知識があると思います。また、●●や●●など主要なBIツールを基盤環境に親和させてきたノウハウもあります。現職よりも大規模データを扱う基盤の運用に携わりたいと考え、貴社を志望しております。Sparkで構築されているので自身にとって新しいチャレンジでもあり、ぜひチャンスを頂きたいと思っています。この分野でのスペシャリストを目指していますので、入社後はこれまでの経験を活かしつつ、更なるスキルアップを続けて貴社に貢献してまいります。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や実績が示され、データサイエンティストとしての保有知識やスキルが伝わる内容が書かれています。
・企業側が納得できる、前向きな転職理由と当企業を選定した理由が記載されています 。
・どのようなキャリアを目標としているか記載され、意欲と将来性が感じられる内容になっています。

アクセス解析・データサイエンティスト未経験者の志望動機サンプル

私はインターネット広告事業を行う株式会社〇〇で、広告プラットフォームの新機能開発や保守開発を*年担当しております。集計・分析機能の開発にPython、バッチ処理や管理画面にPerlというように各開発の段階で最適な言語を使用してきており、他にC言語、Ruby、Lua も扱えます。データサイエンティストへとステップアップしたいと希望し、以前よりクラウド型BIツールを自社開発して高い技術力が注目される貴社に注目しておりました。今回、貴社と〇〇〇会社との合併によりビッグデータ事業部で人材拡充ということを知り、ぜひさまざまなBIソリューション案件を手掛けたいと求人応募させて頂きました。オンラインスクールでデータサイエンティスト養成講座を受講中で、統計解析などの知識も実務可能なレベルへと引き上げるべく努力しています。広告分野のデータ分析の知見もあり、広告業界のクライアント案件では即戦力として貴社に貢献できるのではないかと考えています。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・エンジニアとして担当した業務経験やスキルについて記載されており、未経験からの転職でも活かせる知識・スキルが伝わります。
・企業を選んだ理由や転職を決意したきっかけが、納得できる内容に仕上がっています。
・目指すキャリアに向かってオンラインスクールを受講するなど、意欲が伝わり将来性も感じられます。

まとめ

アクセス解析・データサイエンティストの志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

この記事が気に入ったらいいねしよう!