Technique

企画職経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは企画職の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

企画職のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

企画職は、商品企画、広告企画、営業企画といった開発や販促などの企画の立案・実施に関わる専門的な業務を担当する職種です。企業によって採用基準や必要としている人材は異なるため、求人に目を通した上で、マッチしそうな実績を記載し、能力の高さをアピールしましょう。企画職の「実績」の例としては、担当した企画の集客数や売上金額、コスト削減率といったものが挙げられます。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。

転職後に活かせる「経験」「知識」を記載する

企画職には、企画をするための専門知識や論理的思考力や情報収集力、プレゼンスキルなどが求められます。どんな業界に関する知識を保有しているか、どの領域に関する知識があるのかなど、応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。
また、企画職に必須の資格はありませんが、「販路コーディネータ資格」や、「商品プランナー資格」といった業務と関連性のある資格を保有していればアピールポイントになる場合があります。企業目線で評価されるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

企画職は、マーケティングや業界に関する専門知識・スキルが求められる職種なので、業務経験が重視されます。中途採用で企画職を募集している企業にとって、経験年数は、応募者の能力を判断する重要な指標です。経験の豊富さを伝えるために、「商品企画○年」、「広告企画○年」、「営業企画○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容に仕上げましょう。

企画職の自己PR例文集

企画職の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

食品加工会社の商品企画に6年間従事し、パッケージのデザインや価格の決定といった商品開発に関わる業務や、広告やキャンペーンの企画といった販売促進に関わる業務を担当しております。企画に携わった商品である○○は20××年に○○万個を販売し、売上○○○○万円を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企画職は、商品の売上などに直結する業務を担当するため、高い売上実績を挙げたことのある応募者には魅力を感じるでしょう。
企画したもの、担当業務、職種を経験した期間、売上などの実績について数字を含めて具体的に記載し、能力の高さをアピールしましょう。

保険会社の営業企画として、販売促進を目的とした商品プランの企画を担当して参りました。季節ごとのキャンペーン企画や期末の特別プランなどを立案・実施し、組織の3年連続売上目標達成に貢献して参りました。また、営業担当者の業務改善に関する企画の立案および営業指導を行い、年間で25%の業務時間の低減と20%の売上増加を実現いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企画職の中でも営業部門の一部であることが多い「営業企画」は、売上に対する意識や営業視点が求められます。企画職としての業務知識や経験に加え、売上や組織の改善に直接的に貢献した実績があればアピールポイントになります。

3C分析やSWOT分析などのフレームワークによって競合他社や市場などを分析し、手段や方向性を論理的に決定し、販促企画の立案に役立てております。ここ3年間は、主力サービスである『●●』の企画部に所属し、改善を積み重ねて参りましたが、日経新聞や四季報などに目を通し、分析材料となる情報の収集を日常的に行うことで技術トレンドをいち早く察知し、昨年どこよりも早く、●●機能をリリースすることができました。その結果、新規ユーザー登録数のギネス記録を更新することができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

商品企画やサービス企画を担う企画職には、企画立案に関わる分析スキルや論理的思考力が必須です。業務でどのように分析を行っていたかを明らかにして、それらがどのような実績につながったかをアピールしましょう。

私は経営企画部門に5年間所属し、Webマーケティングを専門に担当しております。業務で必要な知識とスキルを身に付ける目的で、マーケティング・ビジネス実務検定B級、Webアナリスト検定の資格を取得いたしました。社内で一番Webマーケティングに強い存在として、他部門から相談を受けることもありました。また、資格取得を通して得た知識を社内に共有するため勉強会を開くなど組織全体のスキルアップを心掛けて参りました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企画職に必須の資格はありませんが、業務に関連の高い資格を取得していれば、アピールポイントになります。転職後の業務に関わる資格を保有している場合には、取得した理由などの情報も含めて伝えましょう。ただし、保有資格をただ羅列するだけでは「資格マニア」といった印象を与え、あまり良くありません。資格をどのように業務に生かしたのか、とセットでアピールしましょう。

私は企画の仕事において、広告代理店などの外注先や社内担当者とのコミュニケーションをスムーズに行い、業務の進行状況の確認や調整を徹底することが最も重要であると考えます。現職では、プロジェクトに関わる人が複数部門にまたがることも多く、これまでは情報共有や調整業務に非常に手間がかかっていました。そこで、チャットワークによる情報の共有体制、スプレッドシートによる管理体制を発案、実施。半年掛けて社内に浸透させることでコミュニケーションコストを下げ、プロジェクトを円滑に進めることができるようになりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企画職は社外の担当者や社内の関係者とのコミュニケーションを取る頻度が高く、業務を円滑に進めるための管理調整スキルが求められます。管理や調整を適切に行うために行っていることや心掛けていることがある場合には、具体的に書いてアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

企画職の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!