Technique

広報・広告宣伝・PR経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差をつけやすいポイントの一つになります。職務経歴だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは広報・広告宣伝・PR経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツをわかりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広報・広告宣伝・PRのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

仕事への対応力をアピールするなら「実績」を記載する

広報・広告宣伝・PRの仕事でより良い結果を残すためには、ミスをしないことだけでなく、幅広い選択肢の中から最適な手段を選ぶ力も必要になります。そのため、転職時には「実績」が重視されやすい職種の一つとなっています。過去の実績を整理し、自己PRに記載しましょう。具体的には、プレスリリースや自社ホームページなどの作成・更新実績、メディアを利用した実績、社内報の制作実績などが挙げられます。応募する企業の募集要項に目を通し、転職後にも活かせるものを優先的にアピールしましょう。

特定のスキルをアピールするなら「担当業務」「スキル」を記載する

広報・広告宣伝・PRは、同じ職種名であっても企業によって仕事内容が異なる可能性があります。応募したい企業で求めている広報スキルと、自分が経験してきた広報業務がまったく異なる場合もあるので、「広報スキル」と一言でまとめるのはおすすめできません。
広報相手はメディア向けなのか、一般向けなのか、社内向けなのか、扱っていた媒体はWebなのか、新聞なのか、雑誌なのか、など、担当していた業務は具体的に示すようにしましょう。特に中途採用ではスキルの高さが重視されやすいので、他者と差別化できるスキル、必要性の高いスキル、希少性の高いスキルを持っていないかしっかりとスキルの棚卸しをしておきましょう。

経験の豊富さをアピールするなら「期間」を記載する

広報・広告宣伝・PRの仕事は専門的な知識やスキルの必要性が高いため、経験を重要視されやすいです。「広報経験〇年」、「広告宣伝経験〇年」、「PR経験〇年」などのように「期間」について自己PRに記載し、経験の豊富さをアピールしましょう。それらの職種に就いていた期間が短い場合には、保有しているスキルや将来性を感じられる文言などを盛り込み、採用後に活躍できるイメージができる内容に仕上げましょう。

広報・広告宣伝・PRの自己PR例文集

広報・広告宣伝・PRの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は文章作成力に自信があります。前職では出版社でライター職を3年間、現職ではIT企業の広報職を2年間経験いたしました。現職では主にプレスリリースと社内報の制作を担当しております。正確な情報を収集し、不備のない文章を作成することを常に心掛けております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広報・広告宣伝・PRは、社内外に何かを伝えるのが仕事です。商品や会社の魅力をアピールするために、文章を作成する機会も多いでしょう。例えば、企業の情報を社外に伝える際には、企業の信用を損なわず、ユーザーや取引先企業との良好な関係性を築けるような魅力的な文章を作成するスキルと経験が求められるように、誰に対して、どのような目的で文章を作成するかによって、伝え方は異なります。業務で書いていた文章の文字数(長文か短文か)や、テイスト(かっちりとした文章か、ライトなキャッチコピー風か、など)、書いていた頻度を盛り込み、文章作成に関わるスキルや経験をアピールしましょう。

私の強みは物事を分かりやすく伝える力があることです。現職では、歯科医院向けの医療器具メーカーのPR担当として勤務し、クライアント企業の商品のセールスライティングやSNSのテキスト作成、自社サイトで使用するテキスト作成などを担当させていただいております。ニッチな商材ですので担当し始めた当初は苦労しましたが、こまめにクライアントと打ち合わせを行い、現場を見学するなどして、商品の価値や利用するメリットを理解することで、どんなポイントをPRしたらよいのかを見極めてサイトのページを改修することができました。その結果、自社サイトへの問い合わせ数が1.5倍になりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

PR活動にはさまざまな種類があります。どのような工夫をして、何を行ったのか、その結果どうなったのか、を盛り込んで、広報・広告宣伝・PRとして「相手に何かを伝えるスキル」があることを伝えましょう。転職後の業務に活かせる点がある場合には、優先的にアピールすることが有効です。

私は持ち前の実行力で、100媒体との取引実績を積み上げて参りました。現職での私のミッションは、メディア向け広報担当としてWebメディア、報道機関、出版社へのアプローチによって、自社をメディアに露出させることです。自ら足を動かすことをモットーに、メディアの方たちとの交流を増やす努力をし、今ではビジネス系メディアの編集者の方々から個別に取材依頼のご相談などをいただけるようになりました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

特に広報やPRでは報道機関などのマスコミ、メディアとやり取りを行う可能性があり、業務上で得た人脈を活かせる場面を期待できる職種です。過去の業務で得たコネクションがあり、それが今後も活かせるのであれば、メディアの掲載実績やどのようなアプローチで開拓したのかなどをアピールしましょう。

私の強みは調整・交渉力があることです。現職では自社商品の広告宣伝を3年間に渡って担当し、広告代理店にいかに自社商品に力を入れてもらうかを追求する中で、どんな相手に対しても物怖じせずに調整・交渉するというスキルを身に付けることができました。特に相手との折り合いをつけるための交渉プロセスに自信がありますので、予算と費用対効果を考慮した戦略を自分自身で練ったうえで実行することができます。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広告宣伝は、限られた広告費を使って自社の商品やサービスを世の中に知ってもらうための戦略立案と実行するのが仕事です。費用対効果への高い意識、広告代理店やマスメディアとの交渉経験は大きなアピールポイントになります。交渉力は独学で身に付けることが難しく、実際の業務を経験して場数を踏む必要性が高いスキルなので、他者と差別化できる可能性があります。

私は広告宣伝の仕事をする上で、「何事も広い視野で捉えて判断すること」をモットーとしております。現職では自社商品の広告宣伝を担当しておりますが、日々新しい広告メニューが提案される中、幅広い選択肢の中から自社の今の状況や目的にあったメニューはどれなのかを選ぶことが重要です。直感的に判断せず、慎重に分析を行った上で判断・行動することを常に意識し、より最適な宣伝活動を行うことを大切にしております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

広報・広告宣伝・PRは、幅広い選択肢の中から最適なものを選択し、常に成果を数字で求められる仕事です。自己PRできる実績や経験が少ない場合は、仕事に対する姿勢をアピールするのも一つの手。「○○力」や「○○スキル」とは言えなくても、その職種に求められるマインドや向いている性格であることが企業に伝われば、採用の可能性が高まるかもしれません。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

広報・広告宣伝・PRの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!