Technique

WEBマーケティング経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではWebマーケティング経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

Webマーケティングのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

成果がイメージできる「実績」を記載する

Webマーケティングは、WebサイトやSNSなどの流入経路、離脱率、回遊率などをデータから分析し、検証、改善する業務や、Web広告の運用を担当する職種です。そのため、PV数(ページ閲覧数)、集客率、売上や、CTRやCPAの改善率などの「実績」を数値化してアピールすることで、業務スキルの高さを採用担当者に伝えられます。応募する企業の募集要項に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

Webマーケティングの業務を通して培った、SEO(検索エンジン最適化)、SNSマーケティングなどに関する幅広い知識、データ収集スキル、分析力、Webメディア運営、広告運用に関する知識、集客スキルなどの知識・スキルはアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載してアピールしましょう。また、『ネットマーケティング検定』や『ウェブ解析士』などのように、転職後の業務に役立つ資格について記載することで知識・スキルを示すことに繋がります。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

Webマーケティングには、専門的な知識やスキルが必要であり、経験期間が長いほど幅広い専門性を身に付けられる場合が多いため、経験期間が長いことは専門性の高さをアピールすることに繋がります。経験の豊富さを伝えるために、「Webマーケティング〇年」、「Webディレクター○年」、「アクセス解析〇年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどを記載し、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

Webマーケティングの自己PR例文集

Webマーケティングの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は主に、Webメディアを活用し、クライアントの集客力の向上とブランディングを図るプロジェクトに参加しています。不動産会社のクライアントのオウンドメディアにSEOに最適化した記事を月間30本掲載し、Google検索からの流入を図っております。私が担当してから、年間の集客数が350%にまで向上いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webマーケティングとしての実績をアピールする際は、PV数・集客数・売上などの数値を記入しましょう。携わった主なプロジェクトの内容、担当した業務、得られた結果を明らかにして、どのような工夫の結果、高い成果をあげられたのかを伝えるのが重要です。

私はこれまでの業務で、リスティング広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告等の広告運用を行ってまいりました。広告運用にあたっては、3C分析やSWOT分析といったフレームワークを利用し、データの収集・分析を十分に行いました。また、ツールを利用して経路ごとの効果を計測し、改善のための施策を行うなど、データの分析・活用を重視してきました。その結果、広告経由のPV数を前年比180%まで向上させることができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webマーケティングは、WebメディアやSNSなどの流入経路、離脱率、回遊率などのデータ分析を行ったり、市場・競合・自社をそれぞれリサーチする「3C分析」や、強み・弱み・機会・脅威を分析する「SWOT分析」などのフレームワークにより、マーケティングの手法や道筋を決めたりする必要があります。それらの分析力は、さまざまな業界・職種で活かせます。応募先企業にマッチしそうな場合は、業務で使用したデータ収集の方法、データの活用手段などを明らかにして記載しましょう。

私は、1年前から所属するコンテンツマーケティング部門にて、自社が運営する20代女性向けのオウンドメディアのコンテンツ制作やランディングページの制作などを担当してまいりました。制作にあたっては、SEO対策を意識して文章構造を工夫し、オリジナリティのあるコンテンツを制作することを意識しておりました。コンテンツおよびランディングページの制作により、オウンドメディアのSEO経由のUU数を前年比250%に伸ばすことができました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webマーケティングとしてコンテンツ制作などを行っていた場合は、担当していた業務領域やコンテンツの内容、工夫していたポイントを記載しましょう。また、最終的な目的にどのように貢献できたのかを示すことで採用担当者に能力の高さをアピールすることができます。

私はクライアントの課題解決を実現するために、ヒアリングと分析を徹底的に行い、クライアントの将来的なヴィジョンを把握した上で業務を進行しております。これまでには、新規会員登録フォームを改善し、CVRを倍増させたり、ECサイトの立ち上げサポートを行ったりしてまいりました。ご提案の際には、集客力を上げるだけでなく、ブランディングや顧客満足度の向上も併せて実現できるよう、クライアントに関する理解を深めることを大切にしております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webマーケティングは、Webを活用して自社やクライアントの集客力やブランドイメージなどの課題を解決する仕事なので、課題解決力が求められます。業務を通して培った課題解決力をアピールするためには、ヒアリング、分析、実行といったプロセスでどのように考え、課題解決に向けてどのように行動したかを明らかにすることが大切です。

私はWebマーケティングの仕事で必要な知識を得るために、マーケティング・ビジネス実務検定B級、ネットマーケティング検定、ウェブ解析士の資格を取得いたしました。現職では、Webマーケティングのためのデータ収集、分析、方針策定、外注先の管理などを担当しております。データ収集と分析を確実に行うため、資格取得により学んだ知識を役立てております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webマーケティングには、担当する業務に関する知識やスキルが必要なので、関連する職種に応募する際には、知識・スキルを証明できる資格がアピールポイントになる場合があります。資格を保有していない場合には、過去の業務経験を通じて、知識・スキルをアピールしましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

WEBマーケティングの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!