Technique

品質管理・品質保証経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類のなかでも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つです。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと応募先企業へ伝えましょう。ここでは品質管理・品質保証経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、自分の魅力が伝わる自己PR文を作成してください。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

品質管理・品質保証のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

転職後に活かせる「経験」を記載する

品質管理・品質保証は、商品やサービスを管理・保証する職種で、開発や生産工程に関する幅広い知識が必要です。また、商品やサービスの出荷や提供の方法などの全般的な工程を保証する場合もあります。そのため、なるべく具体的に「経験」を記載して対応できる業務をアピールする必要があります。品質管理・品質保証の「経験」とは、担当した業務、所属した業界や業種、商品やサービスの種類、マネジメント経験などです。応募先企業の求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「経験」を記載し、自身の能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

品質管理・品質保証には、製品の開発や生産、リスクマネジメント、ISO規格・法律などの専門知識が必要です。また、コミュニケーションスキル、分析スキル、マネジメントスキルなどのスキルも求められます。これらの「知識」「スキル」は、品質管理、品質保証にはもちろん、さまざまな職種に応用できます。また、品質管理・品質保証の知識の裏付けとなる『品質管理資格(QC検定)』、業務との関連性のある『統計データ解析士』などの資格を保有しており、転職後の業務に活かせそうな場合には、それらについて記載することが有効な場合もあります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を記載して自分の能力をアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験年数」を記載する

品質管理・品質保証の業務領域は幅広く、人によってできることは異なるため「品質管理・品質保証の経験がある」というだけではその内容が採用担当者にきちんと伝わりません。「(商品・サービス名)の品質管理・品質保証〇年」、「(業界・業種)の経験〇年」、「(担当した業務)の経験〇年」などのように、それぞれの業務内容を「経験期間」とともに記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

品質管理・品質保証の自己PR例文集

品質管理・品質保証の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

寝具メーカーの生産管理に従事し、商品の品質の分析、生産工程の見直しなどを担当しております。生産コストの削減と生産性の向上を目的として、機械やITシステムの導入を行っております。その際に重要視していることは、ボトルネックの特定です。現状を正確に把握した上で最適なシステム導入を行ってきた結果、20XX年には生産コスト○○%削減、生産量○○%増加を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

品質管理・品質保証の業務では、商品の生産工程などの問題点を発見し、見直していくことを求められる場合があります。問題解決力をアピールする場合には、業界・業種、担当業務などを明らかにした上で、どのように業務で工夫したか、それによってどれくらいの成果につながったかを具体的に書くことが大切です。実績・成果を上げた場合には、数値を含めてアピールしましょう。

食品メーカーにて、品質向上のための製品の生産ラインの見直しに携わっております。商品開発の担当者とコミュニケーションを取りながら、機械の開発・導入を行うことで、生産ラインを再構築いたしました。また、生産ラインの稼働後に工場の担当者の声をヒアリングすることで、現場目線に合わせた調整も行っております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

品質管理・品質保証は、品質の管理・保証を行うために生産ラインの構築・見直しを行う場合があり、その際には製造に関わる知識が身に付きます。メーカーや商社などに転職する際には生産に携わった経験がアピールになることがあります。応募先企業でその経験が役立つ場合には、業界や業種、担当業務などを具体的に書き、採用担当者に伝えましょう。

現職では、生産保証部署の顧客対応窓口チームのリーダーとして、○○人のメンバーの管理・指導を担当しております。製品の品質に関わるトラブルは顧客からの信頼を左右するため、謝罪や製品交換などの対応を丁寧に行うことはもちろんのこと、アフターフォローを含めて尽力できるチーム作りを行っております。具体的には、属人的であった顧客対応力の底上げのため、新人OJTの実施やマニュアル作成を行った結果、品質保証窓口の顧客満足度アンケートにおいて、2年連続で満足度が改善し、20XX年には5点中4.5点を達成いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

品質管理・品質保証は、工場などの現場、所属部署のチームなどのマネジメントに携わる場合があります。中途採用の管理職採用などではマネジメント経験が重視されることがあるため、品質管理・品質保証の業務でマネジメントを経験していればアピールになるでしょう。マネジメントスキルを採用担当者に伝えたい場合には、マネジメントを行った人数、業務内容などを記載し、スキルレベルを示すことが大切です。

私は白物家電の品質管理として4年間勤務いたしました。基準に満たない不良品を減らすため、生産ラインの見直し・改善を行いました。その際、関係各部署と交渉し、説得した経験があります。交渉にあたって気を付けていたことは、各部署にとってメリットとなる点と課題となる点を事前にまとめ、課題に対しては対応策を用意したことです。その結果、生産ラインの改善を無事行い、不良品を○○%削減することに成功いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

品質管理・品質保証は生産ラインと発注者の間に挟まれ、調整を行う場合があります。利害の一致しない相手を説得した経験などがあれば、営業職などを含む多くの職種において役に立つ場合があります。具体的なエピソードを添えてアピールすると良いでしょう。

私は品質管理に従事し、品質の分析・管理、工場の担当者とのコミュニケーション、生産ラインの確認・見直しなどを担当しております。生産管理の業務に活かせる知識とスキルの向上を目的として、20XX年に『品質管理検定◯級』に合格いたしました。また、さらにスキルアップするためにはISO規格に関する知識を身に付ける必要があると感じ、独学で勉強しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

品質管理・品質保証の業務との関連性のある資格には、『品質管理検定(QC検定)』、『統計データ解析士』などがあり、転職後に活かせる場合にはアピールになる可能性があります。転職後の業務内容を確認した上で、記載することを検討しましょう。ただ、文字数が限られているので、優先順位の高い知識・スキルや経験などから書くことが大切です。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

品質管理・品質保証の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!