Technique

品質管理・品質保証の志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、品質管理・品質保証の仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

品質管理・品質保証の仕事内容とは

品質管理・品質保証は、商品やサービスの品質について管理、保証する職種です。品質管理とは、一般的に工場内で不良品を出さないように品質を保つことで、現状を分析して不良の原因を探り、製造工程の見直しや業務改善を行います。製造現場に対して品質教育を行う場合もあります。一方、品質保証は、製造工程に限らず、製品の企画や設計から出荷プロセス、出荷後までの全工程において保証、つまり品質管理の体制を作ることを指します。企業によっては、生産管理が品質保証の領域を兼ねることもあります。

品質管理の具体的な仕事の流れは、検査基準書を作成、それに基づく品質検査の実施・結果測定や分析、原因究明、工程の見直しや機械やシステムの導入などの対策を策定、実行します。品質管理の分析には、QC7つ道具(パレート図、グラフ、ヒストグラム、散布図、チェックシート、層別、特性要因図)と呼ばれる手法が有名です。

一方で、品質保証は商品の規格書作成、食品なら一括表示の作成、出荷前の検査やクレームなどの消費者対応などまで行います。規格書といっても書式の種類は多くオフィスワークが中心の仕事ですが、各部署との連携やユーザー対応などコミュニケーション力も求められます。

品質管理・品質保証に求められる適性

数学や統計に苦手意識がない

品質管理・品質保証は、品質検査でデータを抽出してQC7つ道具等で不良品が出る原因を追究します。こうした統計的方法を用いて品質管理や工程改善を行うことを統計的品質管理(SQC)と呼びます。統計学や数学の知識を活用するので、これらが得意か、または苦手意識がない人が向いています。

高いコミュニケーションスキル、交渉力がある

品質管理は製造の各部門、品質保証は開発から消費者までさまざまな関係者とのやり取りが発生します。業務改善に踏み込むので交渉力も欠かせず、時には人間関係の調整なども求められるでしょう。また、品質保証はクライアントや消費者に商品やサービスを保証する際の窓口になることがあり、クレーム対応などの顧客対応力が求められ、高いコミュニケーションスキルがある人に適性があるでしょう。

慎重で責任感が高い

品質管理・品質保証は、不良品率など企業の利益に影響するだけではなく、商品による事故や食品ならアレルギーなどの消費者の安全にも大きく関わる仕事です。そのため、確認を怠らない慎重に物事を進める姿勢や責任感を持って仕事に取り組める人が向いています。

品質管理・品質保証の志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

品質管理・品質保証の業務では、統計的方法を用いて品質管理や工程改善を行うなど数学や統計学の知識、関係者や消費者と適切なコミュニケーションができるスキルが求められます。業界や製品に関連する専門知識も必要です。まずは過去の職歴を振り返り、担当業務や開発実績、役割などを通じて、それらの知識やスキルのレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。未経験から目指す場合には、転職後に活かせる知識やコミュニケーションスキルなどを具体的に書き、その業界や職種で働きたいとの意欲を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層などを詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。注意点として挙げられるのは「事実を書くこと」です。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容にしましょう

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールした上で「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるためキャリアパスを示して本気度をアピールすることが大切です。

品質管理・品質保証の志望動機の例文

企業側に向けて自己PRができる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

品質管理・品質保証経験者の志望動機サンプル

私は自動車用インバータ等を開発・製造する株式会社〇〇〇で、品質管理を担当しています。現職でIATF16949の認証取得プロジェクトに参加し、検討から取得(20**年*月)までの*年間、外部の認証コンサルティングの方々と業務に取り組みました。認証までのスキーム、要求事項を把握しているだけではなく、各種ドキュメントの作成の大部分を担当したことが、自身の強みになったと思います。品質管理の領域でよりキャリアアップできる環境をと考えていたところ、国内EV駆動系部品シェアトップの貴社で、海外工場を含む新しい品質管理システムを構築する部署を立ち上げると知り、応募させて頂きました。現職の会社は海外取引率が高く、英語での交渉や文書作成は通常業務として行い、海外出張も問題なくこなしております。TOEICスコアは***点です。IATF16949の認証に関する知識や英語力で即戦力として貴社に貢献しつつ、マネジメントスキルを磨いてプロジェクトマネージャーへとステップアップしたいと考えております。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・品質管理の業務のうち、求人応募内容に沿った業務経験や実績を選んで示し、保有知識やスキルのアピールができています。
・企業側が納得できる、前向きな転職理由と当企業を選定した理由が記載されています。
・転職後、どのようなキャリアを目標としているか記載され、意欲と将来性が感じられる内容になっています。

品質管理・品質保証未経験者の志望動機サンプル

私はスーパー〇〇に*年勤務し、現在は△△店の青果担当リーダーです。仕入れ(発注)と品質保持・管理、陳列(売り場)管理と在庫管理、加工品の商品企画やお客様対応(クレーム対応)を担当しています。カットフルーツの衛生管理や食品表示等の知識があり、またクレーム対応ではクレーム品の検査からレポート化、場合によってはお客様先までの訪問対応を行っています。貴社におかれましては、果物専門で全国に加工工場を展開していることや、独自の追熟加工技術を開発したことで近年の業績に勢いがある点などで注目していました。今回、その貴社で新規工場立ち上げの品質保証メンバーを多数募集していることを知り、ぜひチャレンジしたいと考えました。小売業での品質管理知識を生かしつつ、工場での検査や食品表示や規格書作成、クレームの未然防止・再発防止業務など幅広い品質保証業務を習得して、貴社に貢献してまいります。将来的には、貴社工場でのマネジメント職のキャリアを目指します。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・小売業での青果物の管理業務経験と専門知識があること、関連書式にも慣れていることなどについて記載されており、未経験からの転職でも活かせる知識やスキルが伝わります。
・現職を通して応募企業に注目していた点や新しいキャリアの目標が述べられ、転職理由や企業の選定理由に納得できる内容です。
・これまでの経験や知識を活かす意欲が伝わり、目指すキャリアをきちんと示していることで将来性も感じられます。

まとめ

品質管理・品質保証の志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

品質管理・品質保証の志望動機例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!