Technique

制御・組み込みエンジニア経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは制御・組み込みエンジニア経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

制御・組み込みエンジニアのアピールポイントを自分らしく記載するコツ

技術力がイメージできる「実績」を記載する

制御・組み込みエンジニアは、家電やロボット、自動車などの製品に組み込む制御系のソフトウェアの、設計・開発に関わる技術的な業務を担当します。あなたの技術力をアピールするには、どのプログラミング言語を使用して何を開発したか、どのような設計を経験したか、どのフェーズの業務を担当したか、といった「実績」について記載することが大切です。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

制御・組み込みエンジニアには、C言語やJava、アセンブリ言語といったプログラミングに必要な知識・スキルに加え、電気・電子などのハードウェアに関する知識、さらに進捗状況などの管理スキルといった幅広い知識とスキルが求められます。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックした上で、マッチする「知識」、「保有スキル」を記載してアピールしましょう。また、C言語の技能を認定する「C言語プログラミング能力認定試験」、Javaの技能を認定する「Javaプログラミング能力認定試験」、「初級(上級)システムアドミニストレータ試験」、「基本情報技術者試験」などの資格を保有している場合は、「知識」「スキル」を示すことができます。それらを記載し、企業目線で評価されるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

制御・組み込みエンジニアは、制御系ソフトウェアの設計・プログラミングなどの開発に関わる専門的な業務を担当するため、経験期間が長いこともアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるためには、「Javaによるソフトウェア開発〇年」、「アセンブリ言語経験〇年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなども記載し、採用担当者が将来性を感じられる内容に仕上げましょう。

制御・組み込みエンジニアの自己PR例文集

制御・組み込みエンジニアの実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私は、自動車メーカーで車の自動停止ブレーキやエアバッグ、社内LANシステム、セキュリティなどの制御に関わるソフトウェア開発を行っております。開発では、仕様策定、コーディング、動作テストのフェーズに携わりました。他の業界・製品と比較しても特にミスが許されず、安全性が要求される分野であるため、正確性が養われました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

一般的に、制御系ソフト開発エンジニアが担当する業務は、機械などの制御に関わるソフトウェアの設計、コーディング、動作テストですが、関わっていた製品の種類によってその特徴は異なります。開発経験のある製品の種類、担当業務などを具体的に記載することで、採用担当者にあなたの強みを伝えましょう。

私業務ではVisual C++を5年間使用し、要件定義、設計から開発まで行えます。また、C、C++、Javaによるソフトウェア開発における最適なコーディングが可能です。開発ではアセンブラの使用経験もあり、アセンブリ言語に関する知識とスキルも得ております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

制御系ソフト開発エンジニアには、OSやプログラミング言語に関する知識が必須となります。業務で使用した経験のあるOSや、プログラミング言語の種類、使用期間、レベルについて記載し、テクニカルスキルの高さを採用担当者にアピールしましょう。

私は、制御系のソフトウェアの開発における設計、コーディング、デバッグおよびテストを担当した経験があり、中でもコーディングに関する知識とスキルが強みです。開発する制御系のソフトウェアに応じてC、C++、Java、アセンブリ言語を使い分けて対応でき、正確で理解されやすいコーディングを心掛けています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

制御系のソフトウェア開発において、設計、コーディング、デバッグ、テストなどの特定のフェーズに自信がある場合はそれを記載しましょう。特定のフェーズに強みを持った人材を採用したい企業は少なくありません。求人情報を確認し、応募先企業にマッチした知識、スキル、経験をピックアップしてアピールすることが有効です。

幼児向けの電動知育グッズの、制御システムを開発するプロジェクトチームのリーダーを経験した際に、メンバーの管理業務やスケジュール管理、コスト管理などを担当いたしました。週に一度のディスカッションを取り入れるなど、チームの連携を強化することを心掛けておりました。また、スケジュール変更があった際の調整や人員の再配置を何度か経験し、開発に関するマネジメントスキルを磨けたと自負しております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

制御・組み込みエンジニアは、プロジェクトチームを組んで業務を行うことが一般的なので、チームのマネジメントやリーダーシップ、コミュニケーションスキルが求められます。プロジェクトリーダーなどのマネジメント経験がある場合には、どのように管理力を発揮し、何を実現できたかを明らかにして記載しましょう。

ソフトウェア開発に関わる業務において、特に必要性が高いコーディングの知識とスキルを身に付ける目的で、Javaプログラミング能力認定試験2級、C言語プログラミング能力認定試験2級、マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト (MCSA)、基本情報技術者試験の資格を取得いたしました。現在は、さらなるスキルアップを図るために、JavaとC言語に関する1級資格の取得を目指して学んでおります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

制御系ソフト開発エンジニアに必須の資格はありませんが、資格を取得していれば、保有しているテクニカルスキルのレベルを採用担当者に正しく伝えることに役立ちます。転職後の業務に関わる資格を保有している場合には、保有資格の種類、取得した理由などの情報を含めて記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

制御・組み込みエンジニアの転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!