Technique

生産技術・生産管理経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも採用担当者が特に注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここでは生産技術・生産管理経験者の自己PR例文集と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

生産技術・生産管理のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

技術力がイメージできる「実績」を記載する

生産技術・生産管理は、機械、食品、日用品といった製品の製造工程に携わる職種です。生産技術・生産管理の「実績」には、業務経験、管理実績、取り扱った製品などが挙げられます。それらを明確に記載することで、担当できる業務やスキルの高さを採用担当者に伝えられます。応募したい企業の求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

生産技術・生産管理には、CAD(コンピュータ支援設計システム)やCAE(コンピュータ支援エンジニアリングシステム)、PDM(製品データ管理・設計技術情報管理システム)など、製品の生産工程に関わる知識・スキルが必要です。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする「知識」、「スキル」を業務経験などでアピールしましょう。なお、生産技術・生産管理に必須の資格はありませんが、『CAD利用技術者試験』、『計算力学技術者資格認定』、『生産技術者マネジメント資格』といった資格はアピールポイントになります。企業目線で評価されるあなた自身の強みを採用担当者に伝えましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

生産技術・生産管理は、製品の生産工程の見直しや管理を担当する技術的な職種なので、経験期間が長いこともアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「CAD経験○年」、「CAE経験○年」、「生産ライン設計○年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職後に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

生産技術・生産管理の自己PR例文集

生産技術・生産管理の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

私はタブレットPCの液晶パネルの検査・修正工程の見直しを行い、作業の効率化と人件費削減を達成いたしました。検査工程には最新の自動検査機器を導入し、人件費を大幅に削減。また、修正工程をシステム化することにより2年間で30%のコスト削減と設備トラブル0件を実現いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

企業は応募者の実績を能力や適性の高さを判断するための重要な指標として見ています。培われている知識・スキルは、企業の業界、業務内容、取り扱っている商品などによって異なるため、過去に経験した業務の中から転職後に活かせる経験をピックアップし、数字を含めて具体的にアピールすることが大切です。

私は家具メーカーの生産管理に5年間従事いたしました。業務ではタイとベトナムの工場に半年ごとに1ヵ月ずつ滞在しており、英語力と現地での対応力に自信があります。TOEIC850点の語学力だけではなく、現地の方々の習慣や考え方に関する知見も活かすことができると考えており、海外赴任を視野に入れて業務に努めてまいります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

生産技術・生産管理の業務に関連して海外の工場に勤務した経験がある場合は、海外勤務の可能性がある企業への応募の際に、業界を問わずアピールポイントになることがあります。滞在した国・期間、語学力などの情報を盛り込み、海外での対応力をアピールしましょう。

私は5年間、自社製品のパソコン、タブレット、デジタルカメラの生産ラインの見直しに従事してまいりました。業務用小型カメラの新規ライン立ち上げプロジェクトにメンバーとして参加し、生産ラインの設計、製造機器の手配、生産管理を担当した経験もあるため、生産ラインの見直しや立ち上げについて幅広い知見があります。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

生産技術・生産管理や製造業務に関わるコンサルティング会社などに応募する際は、生産ラインの新規立ち上げや見直しを行った経験がアピールポイントになる場合があります。取り扱った製品や担当した業務を明らかにして、経験をアピールしましょう。応募先企業の製品や必要としている人材にマッチする内容に仕上げることが大切です。

私は自社製品の生産工場において、医療用精密機器の生産管理を担当しております。機器の故障や製造品の品質不足などのトラブルが起こった際には、状況分析をして原因を究明し、必要に応じて機器の修理や買い替え、新しい機器の導入などを行い、迅速に対応いたしました。また、事故やトラブルを防ぐため、ミスの大きさに関わらず速やかに報告しあえる関係性の構築と、コミュニケーションを取ることのできるタイミングの確保を行っています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

生産技術・生産管理の業務においては、生産ラインで生じたトラブルへの対応力が求められます。業務で培われたトラブルへの対応力をアピールするためには、トラブルが起こった際に対処した経験を具体的に記載しましょう。その際には、何に対してどのように対処したかが分かる内容に仕上げることが大切です。

私は食品加工メーカーで生産計画、製造現場の管理、生産予算など、生産管理の全般を担当してまいりました。中でも、生産指示、購入手配、外注手配等における折衝能力が私の強みだと自負しております。複数の商品に関して、価格交渉をおこなって原価を下げることに成功いたしました。また、営業部と製造部の間に立ち、両者が納得できるスケジュールの調整も行いました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

生産技術・生産管理者は製品の企画から設計・販売まで、流通のすべてに携わる職種です。そのため原材料の発注先や営業、現場の作業員など、社内外を問わずさまざまな年齢や立場の人と円滑にコミュニケーションがとれるスキルは重視されます。製造ラインなど大規模の機械を扱う職種だからこそ、そこで働く人同士の信頼関係を常に意識することが求められます。具体的なエピソードを交えて記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

生産技術・生産管理の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!