Technique

webアプリ開発(WEBアプリケーション開発)経験者の自己PR例文とアレンジのコツ

「自己PR」は応募書類の中でも特に人事が注目する項目で、ライバルに差を付けやすいポイントの一つになります。職務経歴書だけでは伝えきれない「自分自身の強み」をしっかりと伝えましょう。ここではWebアプリ開発経験者の自己PR例文と、自分らしくアレンジするコツを分かりやすくまとめています。例文を参考に、オリジナルの自己PR文を作成してくださいね。

マイページの「自己PR」欄を合わせて編集する
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

Webアプリ開発のアピールポイントを自分らしく記載するコツ

技術力がイメージできる「実績」を記載する

Webアプリケーション開発の業務は、開発するWebアプリケーションの種類、担当業務の領域などによって異なるため、「実績」は詳細に記載しましょう。Webアプリ開発の「実績」とは、開発実績、担当した業務実績などです。求人情報に目を通した上で、マッチしそうな「実績」を記載し、能力の高さをアピールしましょう。

職務経験のレベル感が伝わる「知識」「スキル」を記載する

Webアプリ開発の業務を通して培った、プログラミング言語、OS、ブラウザなどのテクニカルスキル、顧客やプロジェクトメンバーとのコミュニケーションスキルなどは、応募する企業によってアピールポイントになる可能性があります。また、Webアプリ開発の業務に関連して『システムアーキテクト』や『プロジェクトマネージャ』などの資格を取得した場合には、関連職種に応募する際にアピールポイントになる場合があります。応募先企業が必要としている人材の情報を募集要件などでチェックし、それにマッチする知識やスキルを記載してアピールしましょう。

経験の豊富さに直結する「経験期間」を記載する

設計や企画といった上流工程から担当することも多く、専門性が高いため、経験期間が長いこともアピールポイントのひとつになります。経験の豊富さを伝えるために、「Webアプリ開発○年」、「プログラマー○年」、「システムエンジニア〇年」などのように、「期間」についても記載しましょう。勤続年数が1~2年と短く、経験が浅い場合には、転職後に活かせる知識やスキルを中心にまとめることが大切です。その上で、転職に向けて現在取り組んでいることなどの情報を盛り込み、採用担当者が将来性を感じられる内容の自己PRに仕上げましょう。

Webアプリ開発の自己PR例文集

Webアプリ開発の実務経験や保有スキルなどは人によって違いますよね。自分に合った例文を組み合わせて、自分だけの自己PRを作成しましょう。履歴書の自己PR欄は小さい場合が多いので、150~300字程度にまとめるのがおすすめです。「この例文を使う」を押すと、ページ下の編集エリアに自動的に反映されます。自分らしい自己PRになるように編集して活用しましょう。

現職で携わっている大手アパレルECサイトの開発ではLinux、Oracleを使用し、それぞれ5年間の使用歴があり、要件に応じた環境設定、テーブル作成などを行えます。また、業務では主にPHPを使用しておりますが、Javaでも設計に応じたプログラミングが可能です。その他、JavaScriptとRuby on Railsを独学で学んでおり、Web開発スキルを広げて貴社での開発に活かしていきたいと考えております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webアプリ開発の業務を通して培ったテクニカルスキルは、応募先の企業によってアピールポイントになります。OSやプログラミング言語などの種類、使用期間、スキルのレベル、対応可能な業務などが明確に伝わるよう、具体的に書きましょう。転職後の業務で必要性の高いテクニカルスキルが明らかな場合には、それを優先的にアピールすることが有効です。

私は設計にあたって、ユーザー視点を大事にしております。UI/UXマネジメントについて独学で勉強し、ユーザー満足を第一に考えてWebアプリケーションを設計して参りました。現職では化粧品メーカーのキャンペーンサイトを開発し、○○万の集客数と、○○%のユーザーのキャンペーン参加を達成いたしました。また、デザイナーやマーケティング担当者とは意見交換を行い、設計意図をメンバーに共有することで、チーム内での意思疎通を図り、メンバーの作業効率とモチベーションを向上させております。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

設計を担当した経験がある場合には、Webアプリケーションの開発に携わった顧客の業界、工夫していたこと、学んだことなどを明らかにして、そのスキルを正しく伝えることが大切です。また、一般ユーザー向けのWebアプリ開発を担当したことがある場合は、ユーザー視点などもアピールポイントになります。設計したアプリケーションの成果が分かる場合には、それについて数値を明確にして書きましょう。

私はWebアプリケーション開発を行う企業でプログラマーを3年間、システムエンジニアを3年間経験いたしました。現職では技術的なスキルの習得に力を入れ、Java、PHPで最適なプログラミングを行えます。また、資格は『基本情報処理技術者』を保有しており、Ruby やPython などの人気言語、Goなどの新しい言語も独学で学んでいます。今後もさまざまな言語を継続的に学習し、対応できる案件を広げていきたいと考えています。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webアプリの分野は、新しい技術や人気のサービスなどが次々に現れる変化の激しさがあり、さまざまな技術やスキルを習得し続けることが必要です。こうした自発的な学びが積極的にできる人は他の職種においても評価されるため、アピールできるエピソードがある場合は記載しましょう。また、その際には今後自身がどのように成長していきたいかについても明らかにすると説得力が増します。

私は不動産情報サイトのWebアプリ開発およびスマホアプリ開発に携わっておりました。特にフロントエンドから一貫して担えることが強みであり、業務ではデザイン作成も一部担当しておりました。デザイン作成やコーディングの際には、企画担当者とこまめにコミュニケーションを取ることにより、スピード感を持ちつつ正確に実装することができました。また、開発に携わったスマホアプリは○○万ダウンロードを記録し、サービス利用者数の増加に貢献いたしました。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webアプリ開発にはさまざまな領域があり、フロントエンド、サーバサイドのどちらが得意なのか、どんなWebアプリを開発したことがあるのかなど、得意な業務内容を具体的に示すことが重要です。その際には、開発にあたってあなたが貢献したことや工夫したポイントを記載すると良いでしょう。

私はWebアプリケーション開発に5年間従事しております。知識とスキルを向上させるために、『基本情報技術者』の資格に加え、『Javaプログラミング能力認定試験』において2級を取得いたしました。また、より実用的な業務スキルの習得を目指し、〇月に『Javaプログラミング能力認定試験』の1級を受験予定です。

例文が編集エリアにコピーされました

例文の解説

Webアプリ開発の業務に関連して資格を保有している場合には、応募する企業によってアピールになる可能性があります。企業の業務内容やクライアントの情報などをチェックし、必要性の高い能力を示せる資格を保有している場合には、もれなく記載しましょう。

自己PR文編集エリア

0文字

※保存機能はありませんので、長時間かけて編集する場合はWord、メモ帳などをご利用ください。

コピーされました

登録・保存しておくと、気になる求人にすぐ応募できて便利です!
typeのWeb履歴書を作成・編集するEdit

webアプリ開発の転職に興味がある人へのおすすめ

自己PRの例文
この記事が気に入ったらいいねしよう!