Get Ready

制御ソフト開発エンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

制御ソフト開発エンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?

制御ソフト開発エンジニアは、機器や機械を動作させるソフトウェア(制御系ソフトウェア、プログラム)の開発を行う職種です。制御ソフト開発エンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人などについて、未経験者にも分かりやすくまとめました。

制御ソフト開発エンジニアの主な仕事内容

制御ソフト開発エンジニアは、パソコンやスマートフォンといった電子機器、電化製品や産業用機械等で、機械の動作を実行させる制御系ソフトウェアの開発を行う職種です。システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)があり、一般的にシステムエンジニア(SE)は要件定義、設計など上流工程から検証まで一貫して担うことが一般的です。一方、プログラマー(PG)はシステムエンジニア(SE)の定義した仕様をもとにコーディングを担当します。企業によってシステムエンジニア(SE)がコーディングも行うなど、業務範囲が異なります。

具体的な業務の流れは、要件定義、設計、開発(コーディング)、テスト、修正で、目的に応じてプロジェクトを立ててチームで開発していきます。プログラマー(PG)は開発、テスト、修正等の後工程を担当します。所属先は一般的に製品を製造するメーカーやソフト開発会社等です。IoT 化が進んで制御ソフトはあらゆる機器に搭載されるようになり、制御ソフト開発エンジニアが活躍できる業界は広がり続けています。

制御ソフト開発エンジニアの仕事のやりがい

・携わった製品が広く使用される喜びや達成感
・最新技術に触れてエンジニアとして成長できる
・人材ニーズの拡大が予想される職種

制御ソフト開発エンジニアは、PC等の電子機器、身近な家電製品から医療や産業ロボット、自動車向けなどの多くの分野で活躍しています。自身が要件定義など上流工程から担当した製品やプログラミングした制御ソフトウェアを搭載した製品が、実際に動いているのを目にするときにやりがいを感じ、世の中に貢献しているといった実感も湧いてきます。

制御ソフト開発エンジニアの開発時には、搭載する機能、ハードウェアがまだ世の中に存在しないことも多くあります。つまり、新しい技術に対応することが求められるなど、最新技術に触れられるチャンスに恵まれ、技術者として成長できる機会があります。そうした面もエンジニアのやりがいの一つでしょう。

IoT化の流れに乗って、制御ソフト開発エンジニアの活躍できる分野は、家電やロボット、医療、航空宇宙などとにかく幅広くなり、さらに広がっていくと予想されています。それに伴い、制御ソフト開発エンジニアに対するニーズ拡大も見込まれ、将来性とチャレンジしがいのある職種だといえるでしょう。

制御ソフト開発エンジニアの仕事の厳しさ

・ミスが許されないプレッシャー
・開発時にハードウェアが存在しないことも多い
・他チームの進捗状況が働き方に影響する

市場へ製品出荷した後に開発ミスが判明すると、企業への信頼や金銭的なダメージだけではなく、社会に大きく迷惑をかける可能性もあります。そのため、制御ソフト開発エンジニアの仕事は、安全性への責任も担っているといえます。開発段階でのミスやトラブルの原因究明が難しいときには特に、そうした事へのプレッシャーや緊張感を感じると話す人も多くいます。

制御ソフト開発エンジニアが参加する案件によっては、ハードウェアが現物としてないまま、制御系ソフトウェアの開発に着することも珍しいことではありません。クライアントから伝えられた仕様とハードウェアの仕様が異なっていたなど、さまざまな状況を乗り越えて求められる要件へと調整する場面では困難さや厳しさを感じることもあります。

製品開発のプロセスは、制御系ソフトウェア以外を担当する他のチームと連携して進めます。そのため、他の進捗状況が影響して急ピッチで作業を進めざるを得ない、反対に滞って手が止まることもあります。残業や深夜対応が続くなどの負荷が増えると、自身のチームペースで仕事を進められないことに対して厳しいと感じることがあります。

制御ソフト開発エンジニアの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・プログラミング言語や自動制御の知識
・ハードウェアの知識
・開発・設計プロジェクトの参加経験

【資格】
・情報処理技術者試験
・C言語プログラミング能力認定試験

制御ソフト開発エンジニアには、制御系ソフトウェア開発に必要なプログラミングの知識が必要です。特にC、C#、C++などのC言語やアセンブリ(アセンブラ)、PHPは最低限身につけておきたい知識と言われます。Javaなども業務で役立つでしょう。また、制御ソフトウェアを組み込むハードウェア、つまり開発対象の機器知識も求められます。つまり、応募企業の求人条件に含まれる機器等に携わった経験はアピールポイントになります。しかし、ハードウェアについての部分は入社後に学んでいくことも一般的です。

制御ソフト開発エンジニアは、製品開発プロジェクトチームの一員であり、他のチームメンバー達と連携します。進捗状況や問題点などを密に共有することが遅延のない開発につながりますし、場合によってはクライアントへのヒアリング・提案を行うこともあるかもしれません。問題なくコミュニケーションできるスキルを、これまでのプロジェクト参加経験や果たした役割で採用担当者に伝えれば、良いアピールになるでしょう。

制御ソフト開発エンジニアに必須の資格はありませんが、国家資格の『情報処理技術者試験』や、サーティファイが認定する民間資格『C言語プログラミング能力認定試験』など、技術レベルを示せる資格を保有していればアピールになる可能性があります。

制御ソフト開発エンジニアに向いている人

制御ソフト開発エンジニアで特にシステムエンジニア(SE)の役割を果たす場合には、顧客の要件を理解し仕様を定義できる、設計に落とし込める論理的思考力が求められます。また開発(コーディング)を担当するプログラマー(PG)へ正確に伝えられるロジカルさや、テストや修正を繰り返す段階でも正常に動作するプログラムへ導くロジカルさが必要です。高い論理的思考力がなければ難しい仕事です。

制御ソフト開発エンジニアには、クライアントからの要望をヒアリングする、開発全体の進行が遅れないようにチーム同士、メンバー同士が連携し合うなどのコミュニケーションが欠かせません。そのため、周囲とのコミュニケーションが苦でないことは必須で、さらに折衝力や人間関係の調整力があれば、高い評価が得られるかもしれません。

IoT化で制御系ソフトウェア搭載製品の多様化が進み、また国際競争の厳しさから、より高速・小型化への要求などエンジニアに求められる技術知識は増しています。変化が著しいプログラム業界の動向の影響も受け、制御ソフト開発エンジニアは多くの最新知識に対応していく必要に迫られます。そのため、業務外でも意欲的に学び続けられる意識の高さが求められます。

制御ソフト開発エンジニアのキャリアパス

制御ソフト開発エンジニアのシステムエンジニア(SE)は、開発現場で補助的な業務やプログラマー(PG)としての業務を行いながら、経験を積んで上流工程を手掛けていくようになります。そのため、転職市場では実務経験●年以上という条件があることも多く、未経験の場合にはハードルが高い職種です。
制御ソフト開発エンジニアのシステムエンジニア(SE)からは、経験を積んでプロジェクトリーダー(PL)やプログラムマネージャー(PM)へとステップアップすることが一般的です。プログラマー(PG)ならば、SEとなって同様のキャリアを積むか、技術や専門性を高めてスペシャリストといった方向もあります。また、ITの専門知識・スキルを活かしてコンサルタントへ転身する人もいます。

制御ソフト開発エンジニアの最近の動向

5G(第5世代移動通信システム)の導入で超高速・大容量、超低遅延、多数同時接続の3つが実現されます。IoTへのこれまでの障壁が無くなることで、産業や消費者生活に革新ともいえるインパクトがもたらされると言われています。消費者向けのデバイスはもちろん、特に自動制御、自動点検が進み工場現場などでの変化に大きな期待が寄せられています。こうした動向から、これからも制御系ソフト開発エンジニアの需要は増えていくでしょう。また、インターネットにつながる製品が増えることで、サイバー攻撃などに対するセキュリティ対策の必要性が高まっています。そのため、制御ソフト開発エンジニアにもセキュリティに関する知識・スキルがあれば有用な人材として、より評価されていくでしょう。

未経験から制御ソフト開発エンジニアを目指すには?

制御ソフト開発エンジニアを未経験から目指すことは難しいですが、社内の研修プログラムが用意されている、システムエンジニア(SE)のサポート業務から始められる、といった未経験可の求人を探すという方法があります。テスターやプログラマー(PG)などからはじめて、業界や開発業務の知識を身につけてステップアップする道もあるでしょう。ただし、いずれの場合も高校や大学で基礎知識を習得していることや、独学ででもプログラミング言語の知識やスキルがある方が有利です。そのため、未経験から目指す場合には、C言語によるコーディングを講座受講や資格取得で学ぶといった準備をすることが有効でしょう。また、どのような分野で活躍したいかや目指すキャリアなど、目標をアピールすることも大切です。

この記事に興味がある人へのおすすめ

制御ソフト開発エンジニアの仕事内容、やりがい、向いている人、未経験からなるには?
この記事が気に入ったらいいねしよう!