Get Ready

フィールドエンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには

フィールドエンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
フィールドエンジニアとはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

フィールドエンジニアの主な仕事内容

フィールドエンジニアは、パソコンやプリンター、制御装置、計測システム、医療機器等の電子機器が不具合を起こした際に現場を訪れてトラブルを解決する仕事です。また、定期メンテナンスや納品時の設置、製品の使い方の指導等を行うこともあります。フィールドエンジニアは、他の多くのエンジニア職種と異なり、「会社の顔」としてユーザーと直接コミュニケーションが取れる職種といえます。

フィールドエンジニアは、製品のユーザーをサポートする仕事なので、製品に関する深い理解に加え、その特性や使い方等に関してわかりやすく説明するスキルが求められます。そのため、販売職や営業職等での接客経験はフィールドエンジニアの仕事に役立ちます。また、製品の修理の依頼を受けて納品先を訪れる際には、迅速な対応が必要になるケースもあり、そういった状況においても原因を的確に判断し、対処する必要があります。そうしてトラブルを解決した際には、ユーザーから直接感謝されることもあり、やりがいを感じられる仕事です。

フィールドエンジニアの仕事のやりがいとは?

・困っている人の役に立てる
・ユーザーや製品への対応スキルが高まる
・コミュニケーションスキルが身につく

フィールドエンジニアはユーザーと直接コミュニケーションを取りながら製品の修理等のサポートを行う仕事なので、ユーザーとのやり取りを通して必然的にコミュニケーションスキルが身につきます。企業単位で取り組むエンジニアの仕事にはチームプレーが求められるケースが多いので、そうしたコミュニケーション能力は他の職種に移った際にも役立ちます。また、製品に関する知識や緊急時の状況判断力、対処するスキルが身につくことにより、エンジニアとしてのスキルアップを図れることも大きなやりがいになるでしょう。加えて、フィールドエンジニアはユーザーとの関わり合いを通して、感謝や安心に触れる機会の多い仕事なので、困っている人の役に立つ実感を得られることも魅力のひとつです。

フィールドエンジニアの仕事の厳しさ

・予期しないトラブルに遭遇することがある
・切迫感や緊張感を持つことがある
・エンジニアとしてのスキルが求められる

フィールドエンジニアは、ユーザーに対して接客を行う側面があるものの、基本的には製品と向き合うエンジニアです。そのため、エンジニアとしてのスキルの高さが求められます。製品について深く理解し、どのような場面に遭遇しても対処できるように準備していたとしても、全く予期していないトラブルが起こる可能性もあります。そういった場面に遭遇するたびに仕事に対する緊張感が生まれ、また、時間内に作業を終わらせなければならない等の切迫した状況が多いことに厳しさを感じるフィールドエンジニアが多いです。しかし、それらはエンジニアとして成長するための糧となります。仕事を通して得た知識や経験は、エンジニアとして働く上での財産になるでしょう。

フィールドエンジニアの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・顧客折衝経験
・生産工程に携わった経験
・クレームやトラブルに対応した経験

【資格】
・機械設計技術者試験
・ITパスポート試験
・MCP資格(マイクロソフト認定資格)

フィールドエンジニアはユーザー対応を直接行うので、営業職等の顧客折衝経験があると業務に役立ちます。個人営業の経験や販売職等での接客経験のある人は積極的にアピールしましょう。また、生産工程に携わり、設計や構造についての知識・知見を得ていると、製品の修理や問題点の発見に役立つので、そういった経験もフィールドエンジニアとして働く上で重要です。エンジニアとしてのスキルを具体的にアピールできる要素になるので、入社試験の前に整理しておきましょう。加えて、フィールドエンジニアはユーザー対応中にクレーム処理やトラブル解決をしなければならない可能性もあるので、それらを行った経験も役立ちます。

フィールドエンジニアに必須の資格は、一般的にはありません。しかし、『機械設計技術者試験』や『ITパスポート試験』、『MCP資格(マイクロソフト認定資格)』等の資格はエンジニアとしてのスキルを証明し、また実際の業務に役立つ場合もあるので、必要性がある場合には取得することを検討しましょう。

フィールドエンジニアに向いている人

フィールドエンジニアとして働くうえでまず大切なことは、困っている人を助けることに対して喜びを感じられることです。フィールドエンジニアの職務上のやりがいや厳しさは、どちらもユーザー対応に関連している面があるので、そういった部分をポジティブに捉え、ユーザーとのコミュニケーションを前向きな気持ちで取れる人にはフィールドエンジニアの適性があります。また、フィールドエンジニアは製品の修理や問題点の解決が主になるので、機械いじりが好きな人もフィールドエンジニアに向いています。

フィールドエンジニアのキャリアパス

フィールドエンジニアが行う仕事は、特定の製品に特化しているケースが多く、設計や構造等の幅広い知識がなくても対応しやすいので、モノづくり業界に入るきっかけとして志望する人が多いという特徴があります。フィールドエンジニアとして働く上で製品知識や修理等に関する知識・知見を身につけることが、本格的にエンジニアとして生産分野に移る可能性を広げます。また、フィールドエンジニアの業務を通してユーザーとのコミュニケーションに魅力を感じ、メーカー等の営業職に転身する人もいます。

フィールドエンジニアの最近の動向

IoTやAI等といった技術革新や、病院等で使われる医療機器の増加等に伴い、生産される製品の多様化・複雑化が進んでいるため、ユーザーに対して使い方を説明する役割を担うフィールドエンジニアの必要性が高まってきています。製品の多様化・複雑化は、フィールドエンジニアに求められる製品知識や対処方法の幅を広げます。また、行政による製造業界への補助が行われていることも重なり、新製品の生産サイクルが短くなってきているため、フィールドエンジニアの仕事を通して最新技術に触れられる可能性が高まっています。そういう意味では、フィールドエンジニアをエンジニアとしての登竜門にすることは有益だと期待できるでしょう。

フィールドエンジニアを目指すには?

フィールドエンジニアは、その他の技術職に比べて、未経験からでも目指しやすい職種です。ユーザー対応スキルの必要性が高い職種なので、顧客折衝経験のある人はしっかりとアピールすることが大切です。また、エンジニアとしてのビジョンを具体的に描けていることが重要になることが多く、大手企業等では生産工程に関わる部門に異動できる可能性もあるので、将来設計についても具体的に言語化して伝えられるように準備しておきましょう。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

フィールドエンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
この記事が気に入ったらいいねしよう!