Get Ready

生産技術・生産管理エンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには

生産技術・生産管理エンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
生産技術エンジニアとはどのような仕事なのでしょうか? 未経験の人にも分かりやすいよう、仕事内容からやりがい、厳しさ、未経験から転職するにはどうしたらいいか詳しく解説します。

生産技術エンジニアの主な仕事内容

生産技術エンジニアは、主に工場に勤務し、製品の生産工程の効率を改善する仕事です。コンカレントエンジニアリングとも呼ばれます。製造を行う業界は幅広く、それぞれ生産工程の特徴が異なるため、対応する知識・知見を得ておく必要があります。生産効率に関わるコンサルティングを幅広く行う生産技術エンジニアもおり、幅広い分野に精通していかなければなりません。

具体的な仕事内容は、まず生産工程の課題を抽出し、改善を加えて効率化し、生産期間の短縮やコストの削減を目指します。製造に関するデータや映像を確認しながら加工手順や、機械加工や溶接をする冶具(ジグ)の設計等を見直し、改善案を立ててテストを繰り返し、問題がないことを確認してから導入していきます。状況によっては短期的なスパンでの改善が難しく、年単位になることもあるため、長期間に渡って海外に常駐する可能性もあります。生産工程の担当者とコミュニケーションを取る役割を担うので、言語能力(特に英語)のある人のニーズが高い職種です。

生産技術エンジニアの仕事のやりがいとは?

・生産技術のコンサルタントになれる
・知識と経験がエンジニアとしての財産になる
・大きな達成感を味わえる

生産技術エンジニアは、自身の知識と経験を基に生産工程に関わる問題解決をする仕事です。そのため、自身のスキルアップを図ることで、ひとりの技術者として独立し、コンサルタントとして働ける可能性を秘めています。また製造に関わる企業の幅が広いので学びに終わりがなく、エンジニアとして成長し続けることもできます。日々の仕事が将来に繋がっていく実感を得られることは、大きなやりがいになるでしょう。加えて、生産技術エンジニアの仕事は長期化するケースがあり、時間と労力をかけて問題を解決することによる大きな達成感も得られます。

生産技術エンジニアの仕事の厳しさ

・課題抽出の難しさ
・低コストかつ高品質を達成する難しさ
・長期にわたって海外に駐在する可能性がある

生産技術エンジニアは、ある種の完璧を目指す仕事です。マイナスをプラスに変える課題解決に限らず、総合的に大幅なプラスを生み出すことを求められます。課題抽出においても「一見して課題には見えない部分」から課題を見出し、最適な提案を行わなければなりません。そのためには、最新の幅広い知識が必要不可欠です。このように、生産技術エンジニアは、より高みを目指し続けなければならない職種です。また、職務能力の成長に伴って海外出張や常駐して勤務する機会が増えていく可能性の高い職種なので、私生活を重視したい人は厳しさを感じることが多いかもしれません。海外出張や海外勤務に抵抗のある人は、入社試験等で確認しておきましょう。

生産技術エンジニアの仕事に活かせる経験・スキル・資格

【経験・知識・スキル】
・マネジメント経験
・課題抽出力
・言語能力

【資格】
・CAD利用技術者試験
・計算力学(CAE)技術者資格認定
・生産技術者マネジメント認定

生産技術エンジニアは、課題を抽出し、それを改善するためにコミュニケーションを取りながら活動する職種です。そのため、基本的なコミュニケーションスキルや、人材に関わるマネジメント経験を活かせます。また、課題を抽出する能力があることも重要なので、それに繋がる論理的思考力や仮説を立てる想像力があることも大切です。加えて、生産技術エンジニアは将来的に海外勤務になる可能性が高く、外国語で円滑にコミュニケーションを取れる人材に対するニーズが高いです。早期に海外に行くケースは稀ですが、職務能力の向上に伴って必要になるでしょう。

生産技術エンジニアに必須の資格はありませんが、『CAD利用技術者試験』や『計算力学(CAE)技術者資格認定』、『生産技術者マネジメント認定』といった、実際の業務に役立つ知識を有していることを証明する目的や、自身のスキルアップのために資格を取得しておくことは有益です。それらに関する知識は生産技術エンジニアの仕事に直結するので、取得することを検討しておきましょう。

生産技術エンジニアに向いている人

生産技術エンジニアとして大きく成長するには、意識的に知識や経験を培うことはもちろん、些細なことに関しても無意識的に「効率化する方法」を考えられるような姿勢が求められます。そのため、個人としての成長意識が高く、プライベートでも効率化を図れる人は生産技術エンジニアの適性が高いといえるでしょう。また、生産技術エンジニアは、海外勤務や出張を命じられる可能性の高い職種なので、海外勤務を希望している人や、言語能力の高い人にも向いています。

生産技術エンジニアのキャリアパス

生産技術エンジニアは、キャリアの選択肢が幅広い職種です。企業に所属する生産技術エンジニアは、生産工程の責任者や工場長等といったマネジメントをする立場にキャリアアップすることが一般的ですが、製造業務に関わるコンサルティング会社に転職し、最終的にコンサルタントとして独立・起業を目指す人もいます。生産技術エンジニアは製造業に関わる多くの会社が必要とする職種なので、自身のスキルを高めることで可能性が広がっていきます。そういう意味では、夢を持って働ける仕事だといえるでしょう。

生産技術エンジニアの最近の動向

技術革新により、生産技術も変化してきています。例えば、AI(Artificial Intelligence)やIoT(Internet of Things)が生産技術に取り入れられ、製造業の現場は変革の時を迎えつつあります。そうした動きは今後も加速すると想定されており、それに伴って生産技術エンジニアの必要性も高まっていくといわれています。また、最新技術を必要とする海外の企業との取引の増加や、日本の企業が工場を作る国の多様化により、生産技術エンジニアとして様々な国に派遣される可能性が高まっています。

生産技術エンジニアを目指すには?

他のエンジニアに比べると、生産技術エンジニアにおける専門性の高い知識の必要性は高くないため、事例は多くありませんが、未経験から転職できる可能性はあります。未経験から生産技術エンジニアを目指す場合には、営業経験や人材マネジメント経験、データを基に問題解決を行った経験を入社試験でアピールしましょう。他の技術職からの転職を目指す場合には、生産工程に携わった経験や、エンジニアとしての実績を言語化して伝えると効果的です。また、生産技術エンジニアには成長意識を求められるので、どのようにスキルアップしていく展望を描いているかを明確に伝え、将来性の高さをアピールすることも重要です。具体的に伝えられるように準備しておきましょう。

監修

type転職エージェント

type転職エージェント
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強い転職エージェント。各分野に精通した専任のキャリアアドバイザーによる長期視点でのキャリアプランの提示が強み。

この記事に興味がある人へのおすすめ

生産技術・生産管理エンジニアの仕事内容、やりがい、未経験からなるには
この記事が気に入ったらいいねしよう!