Technique

制御ソフト開発エンジニアの志望動機例文

志望動機は、書類選考や面接の合否に関わる重要なポイントの一つです。例文を参考にして、あなたの魅力が伝わる志望動機を作成しましょう。ここでは、制御ソフト開発エンジニアの仕事内容や求められる適性についても解説しています。より魅力的な志望動機を書くには、職種への理解を深めておくことが必要なので、事前に確認しておきましょう。

制御ソフト開発エンジニアの仕事内容とは

制御ソフト開発エンジニアは、パソコンやスマートフォンといった電子機器、電化製品や産業用機械などで、ユーザーの指示する動作を実行させる制御ソフトウェアの開発を行う職種です。システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)があり、一般的にシステムエンジニア(SE)は、要件定義、設計など上流工程から検証まで一貫して担うことが一般的です。一方、プログラマー(PG)はシステムエンジニア(SE)の定義した仕様を基にコーディングを担当します。企業によってシステムエンジニア(SE)がコーディングも行うなど、業務範囲が異なります。

具体的な業務の流れは、要件定義、設計、開発(コーディング)、テスト、修正で、目的に応じてプロジェクトを立ててチームで開発していきます。プログラマー(PG)は開発、テスト、修正等の後工程を担当します。所属先は一般的に製品を製造するメーカーやソフト開発会社等です。IoT 化が進んで制御ソフトはあらゆる機器に搭載されるようになり、制御ソフト開発エンジニアが活躍できる業界は広がり続けています。

制御ソフト開発エンジニアに求められる適性

高い論理的思考力

制御ソフト開発エンジニアで特にシステムエンジニア(SE)の役割を果たす場合には、顧客の要件を理解し仕様を定義できる、設計に落とし込める論理的思考力が求められます。また開発(コーディング)を担当するプログラマー(PG)へ正確に伝えられるロジカルさや、テストや修正を繰り返す段階でも正常に動作するプログラムへ導くロジカルさが必要です。高い論理的思考力がなければ難しい仕事です。

コミュニケーションが苦ではない

制御ソフト開発エンジニアには、クライアントからの要望をヒアリングする、開発全体の進行が遅れないようにチーム同士、メンバー同士が連携し合うなどのコミュニケーションが欠かせません。そのため、周囲とのコミュニケーションが苦でないことは必須で、さらに折衝力や人間関係の調整力があれば、高い評価が得られるかもしれません。

意欲的に情報収集し、学び続けられる

IoT化で制御系ソフトウェア搭載製品の多様化が進み、また国際競争の厳しさから、より高速・小型化への要求などエンジニアに求められる技術知識は増しています。変化が著しいIT業界の動向の影響も受け、制御ソフト開発エンジニアは多くの最新知識に対応していく必要に迫られます。そのため、業務外でも意欲的に学び続けられる意識の高さが求められます。

制御ソフト開発エンジニアの志望動機の書き方

ポイント1、今後に活かせるスキルを伝える

制御ソフト開発エンジニアの業務では、要件定義や設計ができる論理的思考力、C言語やJava等プログラミング言語の知識やコーディングスキルが必要です。また、顧客やメンバーなどとのコミュニケーションスキルなども求められます。まずは過去の職歴を振り返り、担当業務や開発実績、役割などを通じて、それらの知識やスキルのレベルを採用担当者へ正確に伝えましょう。未経験から目指す場合には、転職後に活かせるスキルや知識、経験を具体的に書き、さらにその業界・職種で働きたいといった意欲を示すことが重要です。

ポイント2、その企業を選んだ理由を記載する

志望動機に目を通した企業側が「この会社に転職してくる必然性がある」と思える内容かどうかは重要なポイントです。転職理由に納得感があることと、企業を選んだ理由に整合性があることを意識して志望動機を作成しましょう。そのためには、企業の社風、事業内容、顧客層などを詳しく調べて、その企業の特徴を正しくつかんでから、自分自身の価値観や保有スキル、目指すキャリアの方向性と照らし合わせることが大切です。注意点として挙げられるのは「事実を書くこと」です。事実や本心に反したことを書くと選考が進んでいく過程で矛盾が生じ、企業側が不信感を抱く可能性があるからです。ネガティブな理由は避けるべきですが、嘘のない内容にしましょう

ポイント3、将来性を感じさせる内容に仕上げる

中途採用では、現時点で保有しているスキルが重視されやすいですが、「将来性の高さ」も大きな評価ポイントになる可能性があります。現時点で保有している知識や経験、実務スキルなどをアピールしたうえで「どのようにして企業に貢献できるか」、「今後どのように成長していきたいか」といった将来のヴィジョンについても伝えましょう。特に未経験者や他の職種から応募可能な求人募集では、将来性が重視されるためキャリアパスを示して「やる気」をアピールすることが大切です。

制御ソフト開発エンジニアの志望動機の例文

企業側に向けて自己PRできる志望動機を書くには、以下の例文(サンプル)をテンプレートとして、内容を自分らしく書き換えるのがおすすめです。例文をそのまま使用すると自分の個性や魅力が正確に伝わらなくなる恐れがあるので、適切に内容をアレンジして、より魅力的な志望動機に仕上げましょう。

制御ソフト開発エンジニア経験者の志望動機サンプル

私は株式会社〇〇〇〇で制御ソフト開発エンジニアとして●年、勤務しております。ここ数年は自動運転分野、特に周辺環境を認識するセンサー情報を処理して動作に自動反映させる制御ソフトの開発に携わりました。それらを搭載した自動車は公道実験を行っています。現在が一つの区切りとなるタイミングであり、今後は幅広い分野の開発経験を積んで、エンジニアとしてより高みを目指したいと思うようになりました。できれば家電分野に取り組みたいと考えております。そこで、日本を代表する大手メーカー案件が多い点と電化製品のIoT案件数が日本最多規模という点に魅力を感じて、貴社の求人へ応募させて頂きました。入社後はSEとして上流工程から開発してきた経験とC系言語やJava、アセンブリ等の知識を活かして多くのプロジェクトで活躍してまいります。ゆくゆくは、プロジェクトリーダーなどへとスキルにあわせて着実にステップアップしたいと考えています。

「職務経験あり」のアピールポイント・注意点解説

・業務経験や実績が示され、SEとしての保有知識やスキルが伝わる内容が記載されています。
・開発に取り組みたい分野を示した前向きな転職理由と企業を選定した理由とに整合性があり、企業側が納得できる内容です。
・エンジニアとして着実にステップアップしたいという意欲が示され、堅実さと将来性も感じられます。

制御ソフト開発エンジニア未経験者の志望動機サンプル

私は現在、光学機器等の製造企業で監視カメラのプリセールスとして●年間勤務しております。営業サポートとしての技術説明だけではなく、顧客の要望を引き出すヒアリングや提案力を評価され、開発部門のアドバイザーも担当しています。開発の仕事を身近に感じたことで、モノづくり、特に機器制御の開発に携わるエンジニアになりたい気持ちを強くしました。離島出身でもあり遠隔医療への関心がもともと高く、またこれまでのカメラやネットワーク、セキュリティの知識が活かせるのではと医療機器分野に強い貴社を希望しています。プログラミングは独学で勉強しており、C言語プログラミング能力認定試験の資格を取得済みです。入社後は、プログラマーとしてプロジェクトに参加しながら、上流工程についても習得してまいります。そして、システムエンジニアにステップアップし、現職の営業現場での経験も活かしてさらに貴社に貢献したいと考えております。

「職種未経験」のアピールポイント・注意点解説

・プリセールスとして営業現場の経験や強み、得意な技術分野について記載されており、未経験からの転職でも活かせる知識・スキルが伝わります。
・転職を志したきっかけや企業を選んだ理由に矛盾がなく、企業側が納得できる内容です。
・資格取得などで意欲が伝わり、目指すヴィジョンが明確にあって将来性も感じられます。

まとめ

制御ソフト開発エンジニアの志望動機を作成する際は、業務経験や保有スキルを具体的に記載し、その職種や企業を選んだ理由を明確にして、自分らしい言葉で分かりやすく表現することが大切です。また、入社意欲や今後の展望なども示しましょう。例文を参考にして、採用担当者の興味・関心を引ける魅力的な志望動機を作成してくださいね。

この記事が気に入ったらいいねしよう!